Adobe Analytics

Adobe Summit 2020レポート: Implementation Tips for Adobe Analytics

こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。
Twitter:@exturekwon

Adobe Summit 2020レポートシリーズです。
今回は Launching into the Stratosphere: Implementation Tips for Adobe Analytics というブレークアウトセッションを視聴しました。

Implementation Tips for Adobe Analytics

Launching into the Stratosphere: Implementation Tips for Adobe Analytics

 
Adobe AnalyticsをAdobeのタグ管理ツール[Adobe Launch]を使って実装する時に役立つヒントについてのセッションです。

これまた私の主観で内容を紹介します。

タイトルのStratosphereとは「成層圏」という意味です。
なお、Adobe Launchというタグマネージャーの名前にも使われているLaunchとは「発射」という意味ですね。まさにロケットが成層圏へ飛び立つように、さらなる高みへと登って行くAdobeの意気込みが伝わってきます。

さて本題、LaunchでAAを実装する際にぜひ実践して欲しいAdobeのオススメ設定とはこんな内容でした。
 

DataLayerを使う

 
HTMLソース上にDataLayerを出力して、それをLaunchで「拾う」のが一番確実な実装方法です。
非エンジニアでもHTMLソースを見て、何を計測してるのかが「見て分かる」のでエンジニアとしても話がしやすい。

DataLayer

ここで言っているDataLayerとは広義のデータ出力層の事でして、狭義のGTM DataLayerの事ではありません。

つまり、JSON形式で計測内容をHTMLソース上に出力すればOKです。
もちろんGTM DataLayerを使ってもOKです。
そうすればAdobeとGoogleで別々にデータレイヤーを用意しなくて済みます。

ただし、これは私からの注意点ですがGTMのデータレイヤーは配列形式になっています。
Launchから拾う場合はdataLayerをループで展開するか、マージして一つの配列にするかの前処理が必要です。

関連記事:AdobeAnalytics: GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの処理ルールで計測する
 

Rule名は「読んで意味が分かるもの」にする

 
これはLaunchに限らずタグマネージャー全般に言えます。

分かりやすい名前


分かりやすい名前にしないとルールが増えた時にカオスです。
 

DataElementsを活用する

 
LaunchはとにかくLess coding、つまりLaunchユーザーのプログラミング量を減らす事を目指してます。
これは非エンジニアでも扱いやすくするためです。

Data Elements

これは先程のDataLayerと併用します。
DataLayerさえ出力しておけば、あとはDataElementsで拾えばOKです。
Launch内での細かいコーディングは不要という事です。
 

1つのRule内で複数のアクションが可能

 
Launchは1つのRuleの中で複数のアクションが可能です。
例えば「変数をセットして」その後「AAのページビューを送信して」そして「クッキーをセットする」というのを1個のルールに紐づけられます。

One rule, many actions

これらを別々にルール作って実装してる人は今すぐ見直しましょう(たぶん私もやってる。。
 

Extentionを使う

 
LaunchにはAdobeのタグだけではなく、様々な3rdパーティタグもExtentionとして用意されてます。

Extentions

GoogleAnalyticsを始め、Facebookピクセルなど一般的なものからマイナーなタグまで多数用意されてます。
広告系のタグを入れるときはカスタムコードにタグを貼るのではなくてExtentionを使って見ましょう。
ExtentionならタグのバージョンアップもLaunch側でワンクリック出来るので、カスタムコード貼り替えの手間が省けます。

変わり種のExtentionではKonami Codeというものがリリースされてました。

↑↑↓↓←→←→BA

そう、コナミのあれです。
訪問者がサイト内でコナミコマンド、つまり「↑↑↓↓←→←→BA」キーを押した時に反応するトリガーです。
サイト内でコナミコマンドの実行回数をAAのカスタムリンクで計測するニーズがあればぜひ使いましょう。
とても便利だと思います(小並感
 

Adobeタグの今後

 
最後に触れていたのは、Adobeのタグの今後についてでした。
現在はAnalyticsのAppMeasumrent.js、Targetのat.js、AudienceManagerのdil.jsなどバラバラとタグが製品ごとに存在してるのと、それぞれのアーキテクチャも別々です。

現在の状況

これを、今後は一つのタグと一つのアーキテクチャに統合する方針という事です。

One tag, One architecture

これからもAdobeの進化から目を離せません。

エクスチュアはAdobe Experience Cloudの導入活用支援を行っており、
Adobe Analyticsの経験10年〜15年のスタッフが何人も在籍しています。
お問い合わせはこちらからどうぞ

関連記事

  1. Adobe Cloud Platform Auditor

    AdobeSummit 2020レポート: “Connecting Experiences Acro…

    こんにちは。エクスチュアインターン生の上園です!…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DatafeedのログからフォールアウトレポートをBigQuery…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    【実験してみた】CNAMEを使わずにAdobeAnalyticsを1stパーティクッキーで計測する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: s.Util.getQueryParam で複数パラメータ同時取得

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsとGoogle Analyticsの違い③ カスタム計測のされ方の違い…

    こんにちは。CEOの原田です。今回もAAとGAの違いを述べていきま…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: レガシーs_code.jsのリミッターを解除してeVar76以上を…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. エクセルで「テーブル」を使うメリット① 「BIツールで使いや…
  2. GTMで複数のコンテナに同じ実装をしたい
  3. イベントレポート Qualtrics XM on tour …
  4. イベントレポート Qualtrics XM on tour …
  5. ObservePoint:2022年デジタル・ガバナンスレポ…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsリリース情報:ワークスペースで複数RSが使えるよう…
  2. Office365

    エクセルで「テーブル」を使うメリット① 「BIツールで使いやすい」
  3. 海外情報

    【TC19ブログ】Tableau Conference 2019 3日目レポート…
  4. Google Cloud Platform

    Looker: サンバーストグラフを使って階層データを可視化する
  5. Mouseflow

    Mouseflow:ヒートマップ表示の仕様
PAGE TOP