Adobe Analytics

Adobe Summit 2020レポート: Implementation Tips for Adobe Analytics

こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。
Twitter:@exturekwon

Adobe Summit 2020レポートシリーズです。
今回は Launching into the Stratosphere: Implementation Tips for Adobe Analytics というブレークアウトセッションを視聴しました。

Implementation Tips for Adobe Analytics

Launching into the Stratosphere: Implementation Tips for Adobe Analytics

 
Adobe AnalyticsをAdobeのタグ管理ツール[Adobe Launch]を使って実装する時に役立つヒントについてのセッションです。

これまた私の主観で内容を紹介します。

タイトルのStratosphereとは「成層圏」という意味です。
なお、Adobe Launchというタグマネージャーの名前にも使われているLaunchとは「発射」という意味ですね。まさにロケットが成層圏へ飛び立つように、さらなる高みへと登って行くAdobeの意気込みが伝わってきます。

さて本題、LaunchでAAを実装する際にぜひ実践して欲しいAdobeのオススメ設定とはこんな内容でした。
 

DataLayerを使う

 
HTMLソース上にDataLayerを出力して、それをLaunchで「拾う」のが一番確実な実装方法です。
非エンジニアでもHTMLソースを見て、何を計測してるのかが「見て分かる」のでエンジニアとしても話がしやすい。

DataLayer

ここで言っているDataLayerとは広義のデータ出力層の事でして、狭義のGTM DataLayerの事ではありません。

つまり、JSON形式で計測内容をHTMLソース上に出力すればOKです。
もちろんGTM DataLayerを使ってもOKです。
そうすればAdobeとGoogleで別々にデータレイヤーを用意しなくて済みます。

ただし、これは私からの注意点ですがGTMのデータレイヤーは配列形式になっています。
Launchから拾う場合はdataLayerをループで展開するか、マージして一つの配列にするかの前処理が必要です。

関連記事:AdobeAnalytics: GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの処理ルールで計測する
 

Rule名は「読んで意味が分かるもの」にする

 
これはLaunchに限らずタグマネージャー全般に言えます。

分かりやすい名前


分かりやすい名前にしないとルールが増えた時にカオスです。
 

DataElementsを活用する

 
LaunchはとにかくLess coding、つまりLaunchユーザーのプログラミング量を減らす事を目指してます。
これは非エンジニアでも扱いやすくするためです。

Data Elements

これは先程のDataLayerと併用します。
DataLayerさえ出力しておけば、あとはDataElementsで拾えばOKです。
Launch内での細かいコーディングは不要という事です。
 

1つのRule内で複数のアクションが可能

 
Launchは1つのRuleの中で複数のアクションが可能です。
例えば「変数をセットして」その後「AAのページビューを送信して」そして「クッキーをセットする」というのを1個のルールに紐づけられます。

One rule, many actions

これらを別々にルール作って実装してる人は今すぐ見直しましょう(たぶん私もやってる。。
 

Extentionを使う

 
LaunchにはAdobeのタグだけではなく、様々な3rdパーティタグもExtentionとして用意されてます。

Extentions

GoogleAnalyticsを始め、Facebookピクセルなど一般的なものからマイナーなタグまで多数用意されてます。
広告系のタグを入れるときはカスタムコードにタグを貼るのではなくてExtentionを使って見ましょう。
ExtentionならタグのバージョンアップもLaunch側でワンクリック出来るので、カスタムコード貼り替えの手間が省けます。

変わり種のExtentionではKonami Codeというものがリリースされてました。

↑↑↓↓←→←→BA

そう、コナミのあれです。
訪問者がサイト内でコナミコマンド、つまり「↑↑↓↓←→←→BA」キーを押した時に反応するトリガーです。
サイト内でコナミコマンドの実行回数をAAのカスタムリンクで計測するニーズがあればぜひ使いましょう。
とても便利だと思います(小並感
 

Adobeタグの今後

 
最後に触れていたのは、Adobeのタグの今後についてでした。
現在はAnalyticsのAppMeasumrent.js、Targetのat.js、AudienceManagerのdil.jsなどバラバラとタグが製品ごとに存在してるのと、それぞれのアーキテクチャも別々です。

現在の状況

これを、今後は一つのタグと一つのアーキテクチャに統合する方針という事です。

One tag, One architecture

これからもAdobeの進化から目を離せません。

エクスチュアはAdobe Experience Cloudの導入活用支援を行っており、
Adobe Analyticsの経験10年〜15年のスタッフが何人も在籍しています。
お問い合わせはこちらからどうぞ

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能の…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsのDatafeedをBigQueryのColumn-based Tim…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsとGoogle Analyticsの違い① セグメントのコンテナの違い…

    こんにちは。CEOの原田です。今回は良く話題に出ながらも情報がまと…

  5. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Dynamic Tag Manager

    【Adobe Analytics,Launch】進化するDebugger

    こんにちは!林です。みなさんはもう新しいDebuggerを試さ…

最近の記事

  1. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  2. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  3. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  4. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  5. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  1. Mouseflow

    【Tips】mouseflowを使ってたった5分でコンバージョン率を上げる方法
  2. Google Cloud Platform

    Google Compute Engine: 一定時間経過したらタスクを強制終了…
  3. Google BigQuery

    BigQueryのユーザー定義関数(UDF)をTableauで使う
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスド…
  5. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: s.Util.getQueryParam で複数…
PAGE TOP