1. KARTE

    KARTE 「フローイベント」

    こんにちは。エクスチュアインターンの上園です。前回はKARTEのイベント機能の一つである「コンテキストイベント」について解説をさせていただきました。今回も引き続き、KARTEのイベント機能について解説させていただこうと思います。今回紹介させていただくのは、「フローイベント」という機能です。コンテキストイベントと同様に設定が容易であり、かつ効果的な…

  2. KARTE

    KARTE – 「コンテキストイベント」を活用しよう。

    こんにちは!エクスチュアインターン生の上園です。早速ですが、KARTEをご利用のみなさまは「コンテキストイベント」についてご存じですか?今回…

  3. KARTE

    KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこと!

    こんにちは。エクスチュア勝股です。KARTEの運用を行っていくと、接客サービスやセグメントなどが乱立してしまい管理が煩雑になっていってしまいます。不…

  4. YOTTAA

    YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介

    こんにちは、エクスチュアの鈴木です。今回は、サイトパフォーマンスを最適化するYOTTAAから発表されたいくつかの新機能の内、「Anomaly AI(異常検知…

  5. Tableau

    Tableau 2021.1 新機能紹介

    Tableau 2021.1 新機能紹介今回の2021.1は前回までの2020.4と異なり、β版がリリースされずに発表された形となりました。今後β版はなくな…

  6. YOTTAA

    YOTTAA:ECサイトで見るべき8つのサイトパフォーマンス指標について

    こんにちは、エクスチュアの鈴木です。今回はサイトのパフォーマンスを最適化してCVR向上へとつなげるYOTTAAから、ECサイトで特に重視すべき8つのパフォー…

  7. Amazon Web Services

    【初心者向け】AWSを学ぶ前に確認したい用語

    【初心者向け】AWSを学ぶ前に確認したい用語クラウド「インターネット経由でITリソース(コンピューティング, データベース, アプリケーション..etc…

  8. Google Tag Manager

    サーバーサイドGTM: ウェブコンテナを使って1stパーティドメインからgtm.jsを配信してみた

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。Googleタグマネージャーから「ウェブコンテナ」という機能がリリースされました。こ…

  9. Adobe Analytics

    BigQuery: テーブルに格納されたURL文字列をKey-ValueのSTRUCT型で抽出する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。今回は、BigQueryのテーブルに格納されているURL文字列をキー・バリュー形式のST…

  10. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: Adobe I/OのAPIを使ってSAINT分類データを取得する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。今回はSAINT分類データをAdobe I/OのAPIを使って取得する方法についてです。…

  1. GA 360 Suite

    GoogleDataStudio:GoogleAnalyticsのカスタムチャネ…
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント…
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①…
  4. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsからDWHレポートをGoogle Cloud St…
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryでパーティシペーション指標を集…
PAGE TOP