1. KARTE

    KARTE「オフラインデータをオンライン接客に活用する」

    1.はじめにこんにちは。インターン生の上園です。今回は、KARTE Datahubを活用したTipsをご紹介します!この記事は、「オフラインで集積された顧客データをKARTEの接客に活用したい」と考えているユーザーの皆さまには必見の内容です。今回の内容について既に知っている方もおられるかと思いますが、この記事ではデータ統合までの具体的な手順についても説明して…

  2. Amazon Web Services

    ELB (ALB・NLB・CLB) をサクッと学ぶ

    ELB(Elastic Load Balancing)とは3種類のロードバランサー(ALB, NLB, CLB)の総称です。※ロードバランサーとは「アプ…

  3. Amazon Web Services

    Direct Connect vs Site to Site VPN

    AWS Direct Connect と Site to Site VPNの違いDirect Connect と Site to Site VPN はどちら…

  4. Amazon Web Services

    パブリックサブネット vs プライベートサブネット

    パブリックサブネット と プライベートサブネットの違いパブリックサブネットとは「インターネットと通信できるサブネット」のことで、プライベートサブネットと…

  5. Amazon Web Services

    セキュリティグループ vs ネットワークACL

    セキュリティグループ と ネットワークACL の違いセキュリティグループは「インスタンス単位で設定するファイアウォール機能」で、ネットワークACLは「サ…

  6. Amazon Web Services

    IAM (Identity and Access Management) を理解する

    IAMとは「ユーザーに対してAWSのアクセスを制御する仕組み」のことです。※CloudFrontやRoute 53と同様、グローバルサービスなのでリージ…

  7. KARTE

    KARTE 「フローイベント」

    こんにちは。エクスチュアインターンの上園です。前回はKARTEのイベント機能の一つである「コンテキストイベント」について解説をさせていただきました。…

  8. KARTE

    KARTE – 「コンテキストイベント」を活用しよう。

    こんにちは!エクスチュアインターン生の上園です。早速ですが、KARTEをご利用のみなさまは「コンテキストイベント」についてご存じですか?今回…

  9. KARTE

    KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこと!

    こんにちは。エクスチュア勝股です。KARTEの運用を行っていくと、接客サービスやセグメントなどが乱立してしまい管理が煩雑になっていってしまいます。不…

  10. YOTTAA

    YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介

    こんにちは、エクスチュアの鈴木です。今回は、サイトパフォーマンスを最適化するYOTTAAから発表されたいくつかの新機能の内、「Anomaly AI(異常検知…

  1. Adobe Summit

    Adobe Summit 2020レポート: Data & Insig…
  2. Azure

    Google Cloud StorageとAzure Blob Storage間…
  3. Adobe Audience Manager

    Adobe Audience Manager: REST APIを使ってTrai…
  4. Cloud Dataflow

    Firebase AnalyticsのデータをフラットなCSVに変換する …
  5. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: The Customer Expe…
PAGE TOP