Adobe Analytics

AdobeAnalytics: s.Util.getQueryParam で複数パラメータ同時取得

こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。

今回はAdobe AnalyticsのAppMeasurement.jsにおけるs.Util.getQueryParam をいい感じに実装するTipsです。

Omniture時代からSiteCatalystを使い続ける諸兄はご存知であるはずですが、旧s_code.jsで使っていた s.getQueryParam は複数のパラメータを同時に取得する事が出来ました。

/* 
* s.getQueryParam(p, d, u)
* URL: example.com/?cid=123&iid=abc
* 結果: 123|abc
*/
s.campaign = s.getQueryParam('cid,iid','|');

しかし、AppMeasurement.jsにデフォルトで含まれる s.Util.getQueryParam ではそういかず、デリミタは元のURLを区切るために指定するものとして使います。

/*
* s.Util.getQueryParam(p, u, d, f)
* URL: example.com/?hoge=123|fuga=abc
* 結果: abc
*/
s.campaign = s.Util.getQueryParam('fuga', '', '|');

で、s_code.jsからAppMeasurement.jsに乗り換えた時にこのs.Util.getQueryParamの挙動の違いに違和感があるので、これをいい感じに旧s.getQueryParamっぽく使えるように実装したらこうなりました。

/*
* s.getQueryParam for AppMeasurement (旧s.getQueryParam互換)
* Usage: s.getQueryParam(p, d, u)
* p = パラメータ
* d = デリミタ
* u = 対象URL
*/
s.getQueryParam = function(p, d, u) {
    var iarr = [];
    var oarr = [];
    if (p) {
        iarr = p.split(',');
        for (var i=0; i<iarr.length; i++) {
            if (!u) {
		        var utmp = (s.pageURL ? s.pageURL : location.href);
		        u  = utmp.split("#")[0];
	        }
            oarr.push(s.Util.getQueryParam(iarr[i], u));
        }
    }
    var dlm = d ? d : '';
	return oarr.join(dlm);
};

使い方は、旧s_code.js時代のs.getQueryParamと同じです。
当ブログでも実装済みです。

気になる方はソースコード見て真似してください。
※2019年8月21日現在、弊社ブログは未だにAdobe Dynamic TagManagerのままなので、そのうちAdobe Launchに乗り換えます。。

以上、s.Util.getQueryParam をいい感じに古き良きs.getQueryParam互換のプラグイン風に実装する方法についてでした。

弊社はデジタルマーケティングからビッグデータ分析まで幅広くこなすデータ分析のプロ集団です。
AdobeAnalyticsのコンサルティング/導入支援についてのお問合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまでどうぞ。

関連記事

  1. Google BigQuery

    Google Apps Scriptを使ってスプレッドシートからBigQueryのテーブルを更新する…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はAp…

  2. Databricks

    Databricks: Spark RDDで使う主なメソッド

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回は…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQuery+Lookerでアトリビューション分析

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はAd…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①

    Adobe Analyticsの便利な機能のセグメント。便利なのですが…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Webサイト内で発生したJavascriptエラーの内容をAdob…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今日は、Webサイト内で発…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する際の小技

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回も、かつて個人ブロ…

最近の記事

  1. 続・SafariのITP2.x対策として別サーバー使ってクッ…
  2. Big QueryでWindow関数を用いて、累積和を計算す…
  3. Adobe Analytics: DatafeedをGoog…
  4. Adobe DTMからAdobe Launchに一発アップグ…
  5. Tableau:KPI達成状況を把握出来るグラフを作る
  1. Databricks

    Databricks: Spark DataFramesをJDBCから作成する
  2. Firebase Analytics

    Firebase Analyticsの新しいBigQueryスキーマを試す
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをBigQueryで集計する
  4. GA 360 Suite

    GoogleDataStudio:複数のデータソースにフィルターを適用する
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:Report Builderの小技:リクエストの…
PAGE TOP