Adobe Analytics

AdobeAnalytics: s.Util.getQueryParam で複数パラメータ同時取得

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回はAdobe AnalyticsのAppMeasurement.jsにおけるs.Util.getQueryParam をいい感じに実装するTipsです。

Omniture時代からSiteCatalystを使い続ける諸兄はご存知であるはずですが、旧s_code.jsで使っていた s.getQueryParam は複数のパラメータを同時に取得する事が出来ました。

/* 
* s.getQueryParam(p, d, u)
* URL: example.com/?cid=123&iid=abc
* 結果: 123|abc
*/
s.campaign = s.getQueryParam('cid,iid','|');

しかし、AppMeasurement.jsにデフォルトで含まれる s.Util.getQueryParam ではそういかず、デリミタは元のURLを区切るために指定するものとして使います。

/*
* s.Util.getQueryParam(p, u, d, f)
* URL: example.com/?hoge=123|fuga=abc
* 結果: abc
*/
s.campaign = s.Util.getQueryParam('fuga', '', '|');

で、s_code.jsからAppMeasurement.jsに乗り換えた時にこのs.Util.getQueryParamの挙動の違いに違和感があるので、これをいい感じに旧s.getQueryParamっぽく使えるように実装したらこうなりました。

/*
* s.getQueryParam for AppMeasurement (旧s.getQueryParam互換)
* Usage: s.getQueryParam(p, d, u)
* p = パラメータ
* d = デリミタ
* u = 対象URL
*/
s.getQueryParam = function(p, d, u) {
    var iarr = [];
    var oarr = [];
    if (p) {
        iarr = p.split(',');
        for (var i=0; i<iarr.length; i++) {
            if (!u) {
		        var utmp = (s.pageURL ? s.pageURL : location.href);
		        u  = utmp.split("#")[0];
	        }
            oarr.push(s.Util.getQueryParam(iarr[i], u));
        }
    }
    var dlm = d ? d : '';
	return oarr.join(dlm);
};

使い方は、旧s_code.js時代のs.getQueryParamと同じです。
当ブログでも実装済みです。

気になる方はソースコード見て真似してください。
※2019年8月21日現在、弊社ブログは未だにAdobe Dynamic TagManagerのままなので、そのうちAdobe Launchに乗り換えます。。

以上、s.Util.getQueryParam をいい感じに古き良きs.getQueryParam互換のプラグイン風に実装する方法についてでした。

弊社はデジタルマーケティングからビッグデータ分析まで幅広くこなすデータ分析のプロ集団です。
AdobeAnalyticsのコンサルティング/導入支援についてのお問合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまでどうぞ。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートをAWSのS3バケットに配信する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能の…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: ランドスケイプの「企業ログ解析データベースAPI」と連携する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Google Cloud Platform

    Node.js+GAE: 日本語自然文を形態素解析してネガポジ判定をする

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. databricksのnotebookを使ってみよう その1…
  2. databricks:GCPで利用を開始する
  3. KARTE「オフラインデータをオンライン接客に活用する」
  4. ELB (ALB・NLB・CLB) をサクッと学ぶ
  5. Direct Connect vs Site to Site…
  1. ObservePoint

    ObservePointでサイト内のタグが全部まるっとお見通しだ!
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: カスタムリンク計測を1行で書く
  3. Google Cloud Platform

    Google Compute Engine のLinuxVMにVNC接続する
  4. ObservePoint

    機会損失を未然に防ぐ!ユーザエクスペリエンスシミュレーター”WebJ…
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Webサイト内で発生したJavascriptエ…
PAGE TOP