Adobe Analytics

Adobe Analytics: DatafeedのログからパスフローレポートをBigQueryで作成する

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

以前このブログでAdobeのフォールアウトレポートをBigQueryで再現しましたが、今回はパスフローレポート(次ページのフロー)をBigQueryで再現します。

今回も、Adobeのデータフィードは既にBigQuery上にデータセット名「datafeed」、テーブル名「hit_data」にロードしている前提で進めます。

弊社トップページからのパスフロー

ext:index.htmlからの2ページ先までのフローを抽出します。
SQLクエリは長いので毎度のようにgithubに載せておきます。

実行結果はこのようになります。

start … 起点ページ
start_cnt … 起点ページのインスタンス数
next1 … 次のページ。離脱した場合はnullになる。
next1_cnt … next1に遷移したインスタンス数
next1_rate … next1への遷移率
next2 … 次の次のページ。離脱した場合はnullになる。
next2_cnt … next2に遷移したインスタンス数
next2_rate … next2への遷移率

という結果のレポートになります。
リロードを考慮してないので、リロードが発生すると同じ名前のページ名が連続して出てきます。

以下、何をやってるか簡単に説明します。

1. まずは冒頭のCTE(with句) 「base」 において、各ヒット毎にpost_pagenameと、その「次のページ」と、「次の次のページ」をLEAD関数で抽出します。

2. 次のCTE 「flow」 では、起点ページであるext:index.htmlと、その後のページの発生件数(インスタンス)をカウントします。

3. 3番目のCTE 「base2」 では、起点から2ページ先までのインスタンスと遷移率を出してます。

4. 全部表示するとデータが多すぎるので、2番目の遷移ページは上位5件に絞っています。

今回はAdobe AnalyticsのDatafeedログとBigQueryを使ってパスフローレポートを作成する方法について説明しました。

弊社では、Adobe認定エキスパート資格とGoogleCloud認定データエンジニア資格を持ったエンジニアが、Adobe Analyticsのデータフィードと、その他のデータソースを統合した分析基盤をGoogle Cloud Platform上に構築するサービスを提供しております。
お問い合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    リアルタイムとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はリアルタイムについて説明いたします。リアルタイムとはタイムラ…

  2. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics:WordPressやHTML5内の動画を計測する

    こんにちは、エクスチュアの鈴木です。Adobe Analyti…

  3. Google BigQuery

    GoogleNext 2019レポート:3日目

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    検索エンジン-有料とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は検索エンジン-有料について説明いたします。検索エンジン-有料と…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:Report Builderの小技:リクエストのあるシートを丸ごとコ…

    エクセルでの定期レポートを作る際に、一度データブロックを作っておけば以…

  6. Adobe Analytics

    Metabase: カスタムマップで日本地図を追加する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。今回は…

最近の記事

  1. SnowflakeのHybrid Tableのマニュアルを読…
  2. IQをキッカケに理解する統計学の基礎
  3. mouseflow の フリクションイベント って何?
  4. ObservePointの「Journey」とは?
  5. LangChainって何?: 次世代AIアプリケーション構築…
  1. Spread Sheets / GAS / GDS

    スプレッドシートで自動バックアップを作成
  2. Salesforce

    Zapier(ザピエル)経由でSansanで取り込んだ名刺をSalesforce…
  3. DBエンジニアが学ぶSnowflake

    【DBエンジニアが学ぶSnowflake】①Snowflakeを語りたい!
  4. Tableau

    TableauでTreasure Data上のデータへ接続する方法(2023/0…
  5. Linux

    Linux技術者資格のLPIC-3試験に合格しました
PAGE TOP