GA 360 Suite

Google Analytics 360 + BigQueryでよく使うSQL例 6選

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回は、私がよくBigQueryで使ってるGoogle Analytics 360用のSQL例を紹介します。
以前書いたAdobe Analytics編のGA360版です。

前提条件

  • 当然ながらGA360のデータをBigQueryにエクスポートしてる事。

ここでは、パブリックデータセットの bigquery-public-data:google_analytics_sample を使って説明します。

1. ページビュー数

日別で出します。
hits.type = ‘PAGE’ に絞るとページビューになる。
hitsはネストされたRECORD型のカラムになってるので、UNNEST関数でフラットにしてあげる必要があります。
以前書いた、BigQuery: Google Analytics 360のネストされたデータをフラット変換するSQLを参考。

SELECT
  DATE(TIMESTAMP_SECONDS(visitStartTime + CAST((hits.time / 1000) AS int64)), 'Asia/Tokyo') AS hitdate,
  COUNT(1) AS pageviews
FROM
  `bigquery-public-data.google_analytics_sample.ga_sessions_*`, 
  UNNEST(hits) AS hits
WHERE
  _TABLE_SUFFIX between  '20170701' AND '20170731'
  AND hits.type = 'PAGE'
GROUP BY 1
ORDER BY 1

なお、サイト全体のPVならtotals.pageviewsの数をSUM関数で合算する方法もあります。
しかしページ別に出したりするならばhitsレコードをUNNESTする事になるので、私は上記SQLをテンプレにしてます。
 

2. セッション数

fullVisitorId と visitNumberを文字列にしたものをCONCATして、ユニーク数をカウントしたのがセッション数。
これも日別で出します。

SELECT
  DATE(TIMESTAMP_SECONDS(visitStartTime + CAST((hits.time / 1000) AS int64)), 'Asia/Tokyo') AS hitdate,
  COUNT(DISTINCT CONCAT(fullVisitorId, SAFE_CAST(visitNumber AS string))) AS sessions
FROM
  `bigquery-public-data.google_analytics_sample.ga_sessions_*`, 
  UNNEST(hits) AS hits
WHERE
  _TABLE_SUFFIX between  '20170701' AND '20170731'
GROUP BY 1
ORDER BY 1

 

3. ユーザー数

fullVisitorIdのユニーク数をカウントするとユーザー数。
下記はhitdateでGROUP BYしてるので、日別のユーザー数を出してます。

SELECT
  DATE(TIMESTAMP_SECONDS(visitStartTime + CAST((hits.time / 1000) AS int64)), 'Asia/Tokyo') AS hitdate,
  COUNT(DISTINCT fullVisitorId) AS users
FROM
  `bigquery-public-data.google_analytics_sample.ga_sessions_*`, 
  UNNEST(hits) AS hits
WHERE
  _TABLE_SUFFIX between  '20170701' AND '20170731'
GROUP BY 1
ORDER BY 1

 

4. ページ別ランディング数・離脱数・直帰数

hits.page.pagePathがページ。
hits.isEntranceが1になってるページがランディング。
hits.isExitが1になってるページが離脱。
totals.bouncesが1だと直帰。

WITH t1 AS (
  SELECT
    hits.page.pagePath AS pagePath,
    CASE WHEN isEntrance THEN 1 ELSE 0
    END AS is_ent,
    CASE WHEN isExit THEN 1 ELSE 0
    END AS is_exit,
    CASE WHEN totals.bounces = 1 THEN 1 ELSE 0
    END AS is_bounce
    FROM
     `bigquery-public-data.google_analytics_sample.ga_sessions_*`,
      UNNEST(hits) AS hits
  WHERE
    _TABLE_SUFFIX between  '20170701' AND '20170731'
)
SELECT
  t1.pagePath,
  SUM(t1.is_ent) AS entrance,
  SUM(t1.is_exit) AS exit,
  SUM(t1.is_bounce) AS bounce
FROM t1
GROUP BY 1
ORDER BY 2 DESC

 

5. ページ平均滞在時間

fullVisitorId + visitNumberをセッションIDとして使う。
ページ別に次ページとのタイムスタンプの差分を合算した秒数をページ別トータル滞在時間として抽出。
次ページのタイムスタンプ差が1800秒以上あるものはセッションが切れてるので除外。
hits.isInteraction = trueで、非インタラクションヒットは除外。
滞在時間の合計を、ページのセッション数で割れば平均滞在時間になる。

WITH t1 AS (
  SELECT
    TIMESTAMP_SECONDS(visitStartTime + CAST((hits.time / 1000) AS int64)) AS hit_timestamp,
    CONCAT(fullVisitorId, SAFE_CAST(visitNumber AS string)) as sid,
    hits.page.pagePath AS pagePath
    FROM
     `bigquery-public-data.google_analytics_sample.ga_sessions_*`,
      UNNEST(hits) AS hits
  WHERE
    _TABLE_SUFFIX between  '20170701' AND '20170731'
    AND hits.isInteraction = true
),
t2 AS (
    SELECT
      hit_timestamp,
      sid,
      pagePath,
      CASE WHEN timestamp_diff(LEAD(hit_timestamp) OVER(PARTITION BY sid ORDER BY hit_timestamp), hit_timestamp, second) > 1800 THEN NULL
      ELSE LEAD(hit_timestamp) OVER(PARTITION BY sid ORDER BY hit_timestamp) END AS next_hit
    FROM t1
)
SELECT
  t2.pagePath,
  COUNT(DISTINCT t2.sid) AS visits,
  SUM(IFNULL(TIMESTAMP_DIFF(t2.next_hit, t2.hit_timestamp, second), 0)) AS totaltimespent,
  ROUND(SAFE_DIVIDE(SUM(IFNULL(TIMESTAMP_DIFF(t2.next_hit, t2.hit_timestamp, second), 0)), COUNT(DISTINCT t2.sid)), 2) AS avgtimespent
FROM t2
WHERE t2.pagePath IS NOT NULL
GROUP BY 1
ORDER BY 2 DESC

 

6. カスタムディメンションの集計

カスタムディメンションは縦持ちのレコードなので、横持ちに変換すると使いやすいです。
これまた、以前書いた記事に書いてます。

セッションスコープのカスタムディメンション4 x ヒットスコープのカスタムディメンション5 をクロス集計してセッション数を出します。
※なお、このサンプルデータではdimension5は空っぽです。

SELECT
  (SELECT value FROM UNNEST(t.customDimensions) WHERE index = 4) AS dimension4, 
  (SELECT value FROM UNNEST(hits.customDimensions) WHERE index = 5) AS dimension5, 
  COUNT(DISTINCT CONCAT(fullVisitorId, SAFE_CAST(visitNumber AS string))) AS sessions
FROM
  `bigquery-public-data.google_analytics_sample.ga_sessions_*` as t, 
  UNNEST(hits) AS hits
WHERE
  _TABLE_SUFFIX between  '20170701' AND '20170731'
GROUP BY 1, 2
ORDER BY 3 DESC

 

SQLでWeb解析ログを分析すると、Adobe Analytics や Google Analytics で集めたデータを自由にドリルダウン出来るのがメリットです。

弊社では、Google Cloud認定データエンジニア資格を保持した技術者達によるデータ分析基盤構築業務を承っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Google Analytics

    Google Analytics StandardのデータをBigQueryで分析するための力技

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. GA 360 Suite

    BigQuery: Google Analytics 360のネストされたデータをフラット変換するS…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Google Analytics

    Google Tag Manager上でGoogle AnalyticsのclientIDを取得する…

    この情報は2018年4月当時の情報です。こんにちは、エクスチュ…

  4. Google Analytics

    Google Analytics: ユニバーサルアナリティクスの拡張Eコマース用dataLayerを…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Adobe Analytics

    Looker: エンジニアがBIで分析ダッシュボードを作る

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsとGoogle Analyticsの違い② サンプリングの有無

    こんにちは。CEOの原田です。AAとGAの違いの2段目にいきます。…

最近の記事

  1. KARTE – 「コンテキストイベント」を活用し…
  2. KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこ…
  3. YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介
  4. Tableau 2021.1 新機能紹介
  5. YOTTAA:ECサイトで見るべき8つのサイトパフォーマンス…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する
  2. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: スクロールで目標に到達したらカスタムリンク
  3. Google Analytics

    Google Tag Manager上でGoogle Analyticsのcli…
  4. Cloud Dataproc

    BigQueryテーブルをAVRO形式でエクスポートしてHiveで扱う
  5. Adobe Analytics

    GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの「s」オブジェクトにコ…
PAGE TOP