ヒートマップ

MouseflowをAdobe Analyticsと一緒に使う

近年、視覚分析ツールの需要が高まっています。
ウェブサイトの統計的なローデータを提供するAdobe Analytics(AA)やGoogle Analytics(GA)といったツールは、コンバージョンの測定やページ上の問題点の特定、マーケティング予算の最適化などに有用です。
これらのツールが明示してくれるのは「数字」です。AAやGAから、私たちはデータの「ハード面」を手に入れることができます。
しかし、これらのツールはその数字の背後にあるユーザの行動や感情までは明らかにしてはくれません。
そこで重要となるのが、セッションリプレイやヒートマップ機能を備えた視覚分析ツールなのです!

例えば、AAのワークスペース上でランディングページからの直帰率が異常に高くなっていることがわかったとします。
しかしいくらワークスペースを眺めていても、その原因を突き止めることはできません。
どうしてユーザは他のページに遷移することなくサイトから離れてしまったのでしょう?何かエラーが発生しているのか、それともサイトの作りがわかりづらいのか…

他にも、例えばAAでは特定期間の購入者数やサインアップ数などを計測してレポートとして定期的に配信したりすることも可能ですが、購入しなかったユーザのことはわかりません。
どうしてユーザは購入をやめてしまったのでしょうか?購入しなかったユーザは、その後どこにいってしまったのでしょうか?

分析には2つの側面があり、一方は数字で出せるもの、もう片方は数字の背後にあるユーザの行動です。
セッションリプレイやヒートマップ機能を持つ視覚分析ツールの最終的な目標は、ユーザが想定通りに行動しているか否かを確認し、購入やサインアップをした(あるいはしなかった)理由を特定することです。
AAでは、サイトを訪問したユーザの一人ひとりがどのように行動しているかはわかりません。
しかし、Mouseflowを始めとするセッションリプレイツールを使えば、サイトを訪問したユーザの実際の行動をムービーで見ることが可能になるのです。
また、ほとんどのセッションリプレイツールは同時にヒートマップ機能も備えているため、ページ上でユーザがクリックした場所やスクロールした位置、注目した箇所なども分析可能です。

■セッションリプレイツールでできること

  • WEBサイト訪問者の満足度を高める
  • 訪問中に起きるネガティブな体験(送信エラーやクリックエラーなど)の発生頻度を下げる
  • コンバージョンの増加
  • WEBサイトの再設計を行う際にマーケティングやデザインチームの支援材料となる
  • 会員登録や購入プロセスといったフォームの最適化を支援
  • 訪問者のフィードバックを取得し、WEBサイト全体の改善に役立てることができる

Mouseflowなどのセッションリプレイツールは、そもそもAAやGAに代わるものとして設計されていません。
実際は、AAやGAなどの分析ツールと組み合わせて使用することを前提に開発されています。
より深い分析と考察を行うためにも、それぞれのツールの機能や特長をうまく掛け合わせて利用していきたいですね!

関連記事

  1. ヒートマップ

    ユーザビリティの検証で気を付けたいこと、やってはいけないこと④

    ユーザビリティ検証の注意点と禁止事項について、前回の続きからご紹介しま…

  2. ヒートマップ

    ユーザビリティの検証で気を付けたいこと、やってはいけないこと①

    今回から何回かに分けて、ユーザビリティ検証で気を付けたいこと、やっては…

  3. ヒートマップ

    Mouseflowアップデート情報 @2019/6/6

    Mouseflowの機能がアップデートされました!今回のアップデート…

  4. ヒートマップ

    クリック・ヒートマップの使い方

    個々の訪問者の行動を分析するにはセッション・リプレイが有効ですが、もっ…

  5. ヒートマップ

    スクロール・ヒートマップ

    これまで紹介したクリック・ヒートマップやムーブメント・ヒートマップでは…

  6. ヒートマップ

    ムーブメント・ヒートマップ

    以前の記事で、ページの全体的な傾向を掴むには、レコーディングを一つ一つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  2. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  3. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  4. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  5. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  1. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: s.Util.getQueryParam で複数…
  2. Tableau

    Tableau:累計ユニークカウント数を時系列グラフで表現する
  3. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: Unravel Customer …
  4. Mouseflow

    MouseflowにおけるITP対応について
  5. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:2日目
PAGE TOP