Adobe Analytics

Metabase: カスタムマップで日本地図を追加する

こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。

今回はMetabaseのカスタムマップに日本地図を追加する方法についてです。

Metabaseにはデフォルトで世界地図とUS地図が用意されています。

さらに、GeoJSONデータを用意すれば簡単にカスタムマップを追加する事が出来ます。

GeoJSONデータ

下記のGithubで公開されているGeoJSONデータを使う事にしました。

https://github.com/dataofjapan/land

今回は上記の japan.geojson ファイルを使います。

https://raw.githubusercontent.com/dataofjapan/land/master/japan.geojson

カスタムマップ追加

Settings ー> Admin -> Maps を開きます。
そして右側にある [Add a Map] ボタンをクリックします。

Add a Map

カスタムマップのGeoJSONファイルのURLを入力する画面が出るので、先ほどのURLを入力して [Load] ボタンを押します。

GeoJSONファイルのURLを指定

しばらくすると日本地図がロードされます。
ロード後にリージョンIDと表示名を選ぶ必要があるので、それぞれidとnum_jaを選択して保存します。

idと表示名を選択

これでカスタムマップが使えるようになりました。

ではこのマップを使ってビジュアライズしてみましょう。

カスタムマップでビジュアライズ

GeoJSONデータの都道府県ID(1〜47)に対するデータを用意します。

弊社ではAdobeAnalyticsのデータをBigQueryに入れてまして、そこにMetabaseを繋げてます。
そのデータの中にgeo_regionというカラムがあり、国内からのアクセスの場合は都道府県IDが格納されるのでこれを使って都道府県別の訪問セッション数を抽出してみます。

都道府県別の訪問セッション数

AdobeAnalyticsに限った話ですが、geo_regionには「01〜47」 の文字列型の値が入ります。
しかしGeoJSONデータのIDは「1〜47」の数値型なので、数値にCASTしてあげる必要があります。

クエリの結果が出たら「Visualization」ボタンを押して「Map」を選びます。

Mapを選択

そして[Region Map]で先ほど追加した日本地図を選ぶとカスタムマップでビジュアライズ出来ました!

カスタムマップでビジュアライズ

TL;DR

MetabaseではGeoJSONファイルを用意すればカスタムマップで地域別のデータをビジュアライズ出来ます。
URL指定をするだけなので、とても簡単です!

 
弊社では各種マーテックツールの導入支援とデータ分析基盤構築支援を主に行っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ

 

関連記事

  1. Adobe Analytics

    続・SafariのITP2.x対策として別サーバー使ってクッキーを永続化する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Google BigQuery

    Big QueryでWindow関数を用いて、累積和を計算する

    こんにちは。エクスチュアでインターンをさせて頂いている中野です。…

  3. Adobe Analytics

    【実験してみた】CNAMEを使わずにAdobeAnalyticsを1stパーティクッキーで計測する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DatafeedのログからフォールアウトレポートをBigQuery…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Google BigQuery

    オープンソースBI「Metabase」の使い勝手が丁度良かった

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。ほんの…

  6. GA 360 Suite

    BigQuery: Google Analytics 360のネストされたデータをフラット変換するS…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. YOTTAA:ECサイトで見るべき8つのサイトパフォーマンス…
  2. 【初心者向け】AWSを学ぶ前に確認したい用語
  3. サーバーサイドGTM: ウェブコンテナを使って1stパーティ…
  4. BigQuery: テーブルに格納されたURL文字列をKey…
  5. AdobeAnalytics: Adobe I/OのAPIを…
  1. Databricks

    ScalaでDatabricksのDataFrameを扱う
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle BigQuery…
  4. Google BigQuery

    Treasure DataからBigQueryにデータを移動させる方法
  5. Google Cloud Platform

    Server-side GTMのAppEngine設定をカスタマイズする
PAGE TOP