Adobe Analytics

Metabase: カスタムマップで日本地図を追加する

こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。

今回はMetabaseのカスタムマップに日本地図を追加する方法についてです。

Metabaseにはデフォルトで世界地図とUS地図が用意されています。

さらに、GeoJSONデータを用意すれば簡単にカスタムマップを追加する事が出来ます。

GeoJSONデータ

下記のGithubで公開されているGeoJSONデータを使う事にしました。

https://github.com/dataofjapan/land

今回は上記の japan.geojson ファイルを使います。

https://raw.githubusercontent.com/dataofjapan/land/master/japan.geojson

カスタムマップ追加

Settings ー> Admin -> Maps を開きます。
そして右側にある [Add a Map] ボタンをクリックします。

Add a Map

カスタムマップのGeoJSONファイルのURLを入力する画面が出るので、先ほどのURLを入力して [Load] ボタンを押します。

GeoJSONファイルのURLを指定

しばらくすると日本地図がロードされます。
ロード後にリージョンIDと表示名を選ぶ必要があるので、それぞれidとnum_jaを選択して保存します。

idと表示名を選択

これでカスタムマップが使えるようになりました。

ではこのマップを使ってビジュアライズしてみましょう。

カスタムマップでビジュアライズ

GeoJSONデータの都道府県ID(1〜47)に対するデータを用意します。

弊社ではAdobeAnalyticsのデータをBigQueryに入れてまして、そこにMetabaseを繋げてます。
そのデータの中にgeo_regionというカラムがあり、国内からのアクセスの場合は都道府県IDが格納されるのでこれを使って都道府県別の訪問セッション数を抽出してみます。

都道府県別の訪問セッション数

AdobeAnalyticsに限った話ですが、geo_regionには「01〜47」 の文字列型の値が入ります。
しかしGeoJSONデータのIDは「1〜47」の数値型なので、数値にCASTしてあげる必要があります。

クエリの結果が出たら「Visualization」ボタンを押して「Map」を選びます。

Mapを選択

そして[Region Map]で先ほど追加した日本地図を選ぶとカスタムマップでビジュアライズ出来ました!

カスタムマップでビジュアライズ

TL;DR

MetabaseではGeoJSONファイルを用意すればカスタムマップで地域別のデータをビジュアライズ出来ます。
URL指定をするだけなので、とても簡単です!

 
弊社では各種マーテックツールの導入支援とデータ分析基盤構築支援を主に行っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ

 

関連記事

  1. Google BigQuery

    Treasure DataからBigQueryにデータを移動させる方法

    こんにちは、エクスチュアの酒井です。今回は、TreasureDat…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMeasurement.…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. GA 360 Suite

    GoogleDataStudio:複数のデータソースにフィルターを適用する

    こんにちは。エクスチュアの渡部です。今回はDataStudio(デ…

  4. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: スクロールで目標に到達したらカスタムリンク

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートをAWSのS3バケットに配信する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Analytics

    GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの「s」オブジェクトにコピーする

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

最近の記事

  1. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  2. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  3. databricksのnotebookを使ってみよう その1…
  4. databricks:GCPで利用を開始する
  5. KARTE「オフラインデータをオンライン接客に活用する」
  1. ObservePoint

    ObservePointでサイト内のタグが全部まるっとお見通しだ!
  2. Adobe Analytics

    Adobe AEP SDKをTypeScriptで開発したReactNative…
  3. Adobe Analytics

    Adobe Mobile SDK 4.xからAEP SDKに移行する
  4. KARTE

    KARTE:カスタムイベントでページの要素を取得して接客を出す
  5. Amazon Web Services

    セキュリティグループ vs ネットワークACL
PAGE TOP