Adobe Analytics

Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使える機能ですが、うまい使い方がまだそこまでは普及していないようです。
今回は一つの使用例を紹介します。

使う関数は「IF」です。

構文は

IF 条件
Yesの場合の計算指標
Noの場合の計算指標

というような形です。

これを活かして、アクセスが極小のページを無視する指標を作ってみます。
以下のような計算指標になります。

IF 訪問回数 大きい 100

Yesの場合:CV数 ÷ 訪問回数

Noの場合:0

これはCVRの計算ですが、訪問回数が100以下のディメンションではCVRをゼロにするというものです。

これで何が良いかというと、レポート画面でCVRで降順に並び替えた場合、従来だと訪問回数が1でCVRが100%(あるいはなぜか200%,300%~)のページが並んでいたのが、
アクセス数が一定以上あるページのみで評価できることです。

ちょっとした小技にはなりますが、一つの使用例として記します。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Web解析

    コラム:Web解析から顧客体験分析(CXA)に

    こんにちは。CEOの原田です。今日は少し普段と経路の違う話を書いて…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:計算指標でevents変数を後付けでパーティシペーションにする

    こんにちは。CEOの原田です。なるべくこのブログでは新しめな内容を…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: RSIDを間違えてしまったデータを正しいRSに入れ直す

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Mobile SDK 4.xからAEP SDKに移行する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  5. Adobe Experience Cloud

    Adobe Experience Platformを調べてみた – ざっくり概要編

    こんにちは。CEOの原田です。ずいぶん前にSummitで発表さ…

最近の記事

  1. KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこ…
  2. YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介
  3. Tableau 2021.1 新機能紹介
  4. YOTTAA:ECサイトで見るべき8つのサイトパフォーマンス…
  5. 【初心者向け】AWSを学ぶ前に確認したい用語
  1. Google BigQuery

    Treasure DataからBigQueryにデータを移動させる方法
  2. Tableau

    Tableau:抽出を含んだワークブックを10.4以下にダウングレードする
  3. Firebase Analytics

    Firebase Analyticsの新しいBigQueryスキーマを試す
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: カスタムリンク計測を1行で書く
  5. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsとGoogle Analyticsの違い③ カスタ…
PAGE TOP