Adobe Analytics

BigQuery: テーブルに格納されたURL文字列をKey-ValueのSTRUCT型で抽出する

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回は、BigQueryのテーブルに格納されているURL文字列をキー・バリュー形式のSTRUCT型にして抽出する方法について紹介します。

Web解析を行っていると、生のURLがデータウェアハウスに記録される事もあります。
URLそのままだと見づらい&扱いづらいので、これをキーと値に分けてみましょう。

REGEXP_EXTRACT_ALL関数と、STRUCT型を使います。

 

実際にクエリを試す

 
クエリはこうなります。

CREATE TEMPORARY FUNCTION
  decode(s string)
  RETURNS string
  LANGUAGE js AS """
var ret = '';
try {
  ret = decodeURIComponent(s);
}catch(e){}
return ret;
""";

SELECT
  raw_url,
  STRUCT(REGEXP_EXTRACT_ALL(log, r'(?:\?|&)(?:([^=]+)=(?:[^&]*))') AS keys,
    REGEXP_EXTRACT_ALL(decode(log), r'(?:\?|&)(?:(?:[^=]+)=([^&]*))') AS vals ) AS log
FROM
  adobe_beacon.hit_log
ORDER BY 1

 
結果はこうなります。

URLパラメータをkey-value形式に変換


 
REGEXP_EXTRACT_ALL関数を使って、正規表現でURLパラメータがキーと値に分かれてARRAY型で抽出してます。
そしてSTRUCT型のネストされたデータにしています。

生のURLよりも断然見やすくて扱いやすくなりました。

 
なお、ここで使ったURLログは以前Adobe AEP SDKが送るビーコンペイロードをリバースプロキシを使ってキャプチャする方法について紹介しましたが、その時取得したログをBigQueryにロードしたものです。
↓↓↓

Adobe AEP SDK: リバースプロキシを使ったアプリ計測検証方法

 
弊社では、Adobe Analytics認定エキスパート資格・Google Cloud認定プロフェショナルデータエンジニア資格・Linux Professional Institute認定資格を持ったエンジニア達が各種マーテックツールの導入実装コンサルティングサービスや、GCP/AWS/Azureなどのパブリッククラウドを使ったデータ分析基盤構築コンサルティングサービスを提供しております。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

参考記事: Extract parameter from url in Google BigQuery using regex – Stack Overflow

 

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Mobile SDK 4.xからAEP SDKに移行する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  2. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: スクロールで目標に到達したらカスタムリンク

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Datafeedにデバイスデータがないけど慌てない

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Google BigQuery

    OWOX BI: GoogleSheetsアドオンでBigQueryをお手軽ビジュアライズ

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。今日は…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DatafeedをGoogle BigQueryにロード(2019…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Analytics

    Looker: エンジニアがBIで分析ダッシュボードを作る

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. KARTE「オフラインデータをオンライン接客に活用する」
  2. ELB (ALB・NLB・CLB) をサクッと学ぶ
  3. Direct Connect vs Site to Site…
  4. パブリックサブネット vs プライベートサブネット
  5. セキュリティグループ vs ネットワークACL
  1. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:2日目
  2. Adobe Experience Cloud

    Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取り早く回避する
  3. KARTE

    KARTE:簡単!アンケートの設定、アンケート結果に併せた接客配信
  4. Google Tag Manager

    サーバーサイドGTM: ウェブコンテナを使って1stパーティドメインからgtm.…
  5. Databricks

    Databricks: Spark DataFramesをJDBCから作成する
PAGE TOP