Adobe Analytics

AdobeAnalyticsでReactNativeアプリを計測する

この記事は2018年12月7日現在の情報を元にしているのと、レガシーAdobeMobileSDK4.xを使っているため内容が古いです。

2020年6月1日追記: Adobe AEP SDKを使ったReactNativeアプリ計測についてはこちらの記事をご覧ください。

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回は、最近増えてきたReactNativeで実装されたスマホアプリをAdobe Analyticsで計測する方法についてです。

ReactNativeを使えばJavascriptでAndroid/iOSアプリを開発出来るというメリットがあります。
弊社にもReactNativeアプリを計測したいという問い合わせを頂きましたので、早速試しました。

2018年12月現在で、「reactnative adobe analytics」で検索すると、AdobeのモバイルSDKをReactNativeアプリに実装するための方法が複数見つかります。

私はこれを試しました。↓↓

React Native Adobe Analytics

それではReactNativeで作成したAndroidアプリにこのライブラリを実装します。

1. プロジェクトにReact Native Adobe Analyticsをインストールする

プロジェクトルートに移動して、npmでインストールします。

$ npm install react-native-adobe-analytics --save

インストールしたら、プロジェクトにnpmモジュールをリンクします。

$ react-native link

2. プロジェクトに計測設定ファイルを置く

Adobeモバイル計測の設定ファイル「ADBMobileConfig.json」を、プロジェクトにインクルードします。

android/app/src/main/assetsフォルダにADBMobileConfig.jsonファイルを置きます。
assetsフォルダがない場合は作成してください。

3. Javascriptで計測メソッドを実装する

App.jsにライブラリをインポートします。

import {AdobeAnalyticsAPI} from 'react-native-adobe-analytics';

そして、初期化してpageName計測のためのtrackStateを実装します。
つでにprop1に「react」という値もセットします。

AdobeAnalyticsAPI.init(true);
AdobeAnalyticsAPI.trackState('Home', {'&&c1':'react'});

4. レポートでデータを確認する

それではアプリを実行します。
Androidエミュレータ起動してから、下記コマンドを実行します。
※先にAndroidエミュレータが動いてないとダメです。

$ react-native run-android

しばらくするとアプリが起動します。
計測データが送信されたか、AdobeAnalyticsのリアルタイムレポートで確認します。

ReactNativeアプリのデータを確認

ページ名とprop1に値が入っている事が確認出来ました。
ReactNativeなので、AdobeのSDKもJavascriptで実装できるためとても扱いやすいです。
Adobe実装指示書もAndroid用にJava/Kotlinで書いたのと、iOS用にSwiftで書いたのを二通り用意しなくて済むのでラクです。←これ重要

弊社ではAdobe認定エキスパート資格を保持するエンジニアが、AdobeAnalyticsの導入支援業務を行っております。
AdobeAnalyticsの導入にお困りでしたら、ぜひこちらからお問い合わせ下さい

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをBigQueryで集計する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Google Cloud Platform

    Server-side GTM を Google AppEngine にデプロイする

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①

    Adobe Analyticsの便利な機能のセグメント。便利なのですが…

  5. Databricks

    Databricks: Spark DataFramesをJDBCから作成する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Databricks

    Databricks: Spark DataFrameでピボットグラフを作る

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  2. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  3. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  4. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  5. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  1. Adobe Analytics

    Adobe AEP SDKをTypeScriptで開発したReactNative…
  2. ヒートマップ

    Mouseflowの新機能:ライブヒートマップで動的なヒートマップ分析が可能に!…
  3. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: Welcome
  4. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:2日目
  5. Google Cloud Platform

    Google Compute Engine: 一定時間経過したらタスクを強制終了…
PAGE TOP