Adobe Analytics

AdobeAnalyticsでReactNativeアプリを計測する

この記事は2018年12月7日現在の情報を元にしているので内容が古いです。2019年5月にリリースされたAEP MobileSDKはReactNativeに公式対応してます。

こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。

今回は、最近増えてきたReactNativeで実装されたスマホアプリをAdobe Analyticsで計測する方法についてです。

ReactNativeを使えばJavascriptでAndroid/iOSアプリを開発出来るというメリットがあります。
弊社にもReactNativeアプリを計測したいという問い合わせを頂きましたので、早速試しました。

2018年12月現在で、「reactnative adobe analytics」で検索すると、AdobeのモバイルSDKをReactNativeアプリに実装するための方法が複数見つかります。

私はこれを試しました。↓↓

React Native Adobe Analytics

それではReactNativeで作成したAndroidアプリにこのライブラリを実装します。

1. プロジェクトにReact Native Adobe Analyticsをインストールする

プロジェクトルートに移動して、npmでインストールします。

$ npm install react-native-adobe-analytics --save

インストールしたら、プロジェクトにnpmモジュールをリンクします。

$ react-native link

2. プロジェクトに計測設定ファイルを置く

Adobeモバイル計測の設定ファイル「ADBMobileConfig.json」を、プロジェクトにインクルードします。

android/app/src/main/assetsフォルダにADBMobileConfig.jsonファイルを置きます。
assetsフォルダがない場合は作成してください。

3. Javascriptで計測メソッドを実装する

App.jsにライブラリをインポートします。

import {AdobeAnalyticsAPI} from 'react-native-adobe-analytics';

そして、初期化してpageName計測のためのtrackStateを実装します。
つでにprop1に「react」という値もセットします。

AdobeAnalyticsAPI.init(true);
AdobeAnalyticsAPI.trackState('Home', {'&&c1':'react'});

4. レポートでデータを確認する

それではアプリを実行します。
Androidエミュレータ起動してから、下記コマンドを実行します。
※先にAndroidエミュレータが動いてないとダメです。

$ react-native run-android

しばらくするとアプリが起動します。
計測データが送信されたか、AdobeAnalyticsのリアルタイムレポートで確認します。

ReactNativeアプリのデータを確認

ページ名とprop1に値が入っている事が確認出来ました。
ReactNativeなので、AdobeのSDKもJavascriptで実装できるためとても扱いやすいです。
Adobe実装指示書もAndroid用にJava/Kotlinで書いたのと、iOS用にSwiftで書いたのを二通り用意しなくて済むのでラクです。←これ重要

弊社ではAdobe認定エキスパート資格を保持するエンジニアが、AdobeAnalyticsの導入支援業務を行っております。
AdobeAnalyticsの導入にお困りでしたら、ぜひこちらからお問い合わせ下さい

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    AA + GA : SafariのITP2.1に備えてphpでクッキーを永続化する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Saf…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をBigQueryのDate型として扱う

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はAd…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: カスタムリンク計測を1行で書く

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。Adobe Analy…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント設定を作成・更新する…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe Ma…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使え…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DatafeedのログからフォールアウトレポートをBigQuery…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回は…

最近の記事

  1. ObservePoint TagDebuggerでページに…
  2. Databricks Community Editionを使…
  3. ObservePoint:タグ管理の救世主!サイト監査ツール…
  4. Zapier(ザピエル)経由でSansanで取り込んだ名刺を…
  5. Databricksを始める前に覚えておきたいScalaプロ…
  1. Google Analytics

    Google Analytics: アプリSDKのclientIDを取得する
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートをAWSのS3バケットに配信する…
  3. Google Cloud Platform

    Node.js+GAE: 日本語自然文を形態素解析してネガポジ判定をする
  4. Google Cloud Platform

    Google Compute Engine のLinuxVMにVNC接続する
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: RSIDを間違えてしまったデータを正しいRSに…
PAGE TOP