KARTE

KARTEを知る。

「KARTE」って何?

こんにちは Extureの津村です。
今回は“KARTE”というツールについてお話します。
KARTEとは、
顧客体験(CX = Customer Experience)をより良くするための様々な機能が集約されたサービスです。といっても、あまりピンとこないかもしれません…。
そこで、KARTEを導入すると何ができるの?他のツールと比べて何が違うの?といった方に、KARTEを知るための導入として読んでいただければと思います。

1人1人のその瞬間に合わせた、カスタマイズされた接客ができる!

皆さんは買い物する際、このような状況になったことはありませんか?

・店頭で買った直後にアプリでお得なクーポンが配布される

・オンラインショップにて、以前購入した商品の類似商品ばかりおすすめされる … etc.

商品情報も顧客の状況もに変化する中で、スムーズでない購入行動は顧客の心を遠ざけてしまいます。KARTEはそのような問題を解決し、リアルタイムに変化する各顧客の行動や感情を理解し、状況に合わせて最適な接客を提供することができます!
例えば…

▶旅行サイトで次の連休の旅先を検索中のAさん

・以前の旅行先はグルメ中心

・しかし現在はトレッキングにハマり中で旅先でも計画中なため、グルメよりもアクティビティ情報を中心に検索傾向にある
こんな現在のAさんに対して、過去の情報だけに基づいたグルメ旅の提案よりも、
リアルタイムの行動に合わせて自然豊かな旅の情報の提案」は、
より旅先決定につながる=予約サイトへの流入につながると考えられます。

KARTEでは、

  • 過去の行動(サイト履歴行動、購入履歴、閲覧記録)
  • リアルタイムの行動

といったデータが表示・視覚化され、顧客1人1人に対するサービスの立案の手助けができます。
さらにKARTEは、そこから…
POPUP、アンケート、DM …etc.のアクションを起こすことができ、
より一人一人に、状況に応じてカスタマイズされたサービスの提供を可能にするのです!


現在、業種や規模を問わず数多くの企業で導入されています。
公式サイトでは導入企業のインタビューが豊富に掲載されていますので、
ぜひご覧になってみてください!

KARTEの優れているところ

上記のようなことが可能になれば、より顧客満足度の高い提案が可能になりますね…!
でもそんなツール、簡単には使えないんじゃない…?と思う方も少なくないかと思いますが…
KARTEの優れている点の一つが、難易度が低いことです!(非常に主観的ですね…)
具体的に説明すると


  • ポップアップやアンケート、チャット画面、メール配信など、用途に応じて多種多様な接客テンプレートが用意されている
  • 個人個人に対して「何を」「誰に」「いつ」「どこで」「どんな風に」アクションを出すか、細かく設定できる

このように、データ集計に留まらず、活用までもスムーズにできるのがKARTEです。
Adobe AnalyticsやGoogle Analyticsでも行動ログデータの集計はできますが、アクション実行まではできません。


ほかにも…

  • KARTE Datahub機能により、オンラインデータだけでなく、オフラインデータ(実店舗情報など)、外部データも統合可能(※100種類以上のクエリテンプレートが用意されているため、
    1からSQLを書くことなくデータ統合可能!)
  • 行動だけでなく、個人特性情報も使用可能
  • HTML/CSS/Javascript編集で、より自由度の高い表現が可能

おわりに

今回、KARTEといツールについてお話させていただきましたが、少しでも理解のお手伝いができましたでしょうか?KARTEによって、より有益な情報を有効に活用し、より質の高いサービスが提供できます。
この記事を通じ、一人でも多くの方がKARTEに興味を持ち、導入を検討してくださると幸いです。
エクスチュアは、KARTEのテクノロジーパートナーです。
弊社のKARTE活用支援の概要はこちら
KARTEの導入や活用についてお困りの方は、お気軽にご質問・ご相談ください!

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます!
ぜひ次回の記事もご期待ください。

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. KARTE

    KARTE:指定期間の来訪が再訪問の場合にスコアリングする

    こんにちは。エクスチュア勝股です。KARTEでスコアリングをす…

  2. KARTE

    CXツール「KARTE」ってどんなツール?主な機能や魅力をざっくり紹介!

    こんにちは!エクスチュアインターン生の上園…

  3. KARTE

    KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこと!

    こんにちは。エクスチュア勝股です。KARTEの運用を行っていく…

  4. KARTE

    KARTE 成果の出るアイデアを考える_ツールを活用できていないと感じたら

    エクスチュアの林です。今回はKARTEを活用していらっしゃる…

  5. KARTE

    KARTE 「フローイベント」

    こんにちは。エクスチュアインターンの上園です。前回はKAR…

  6. KARTE

    KARTE Blocks データプランナーの強い味方!!

    こんにちは!林です。KARTE Blocksについてご紹介しま…

最近の記事

  1. 忘年会シーズンに「DCRごっこ」のご提案
  2. タグ監査ツールとは? 〜〜出来ることと導入のメリット〜〜
  3. 実はSEO以上の効果がある!?Webサイトの「監査」とは?
  4. Vertex AIのベクトル検索によってブログの検索エンジン…
  5. Google Cloud iPaaS 「Applicatio…
  1. Google BigQuery

    GCP: 今月のGCP課金額をslackに自動的に書き込む
  2. ヒートマップ

    【Tips】フリクションとは?
  3. Adobe Analytics

    Looker: エンジニアがBIで分析ダッシュボードを作る
  4. 未分類

    ThoughtSpotとSnowflakeを使ってセルフBIの世界を体験してみた…
  5. Python

    市区町村一覧・自治体の一覧を取得する
PAGE TOP