KARTE

KARTE Blocks データプランナーの強い味方!!

こんにちは!林です。

KARTE Blocksについてご紹介します。
顧客体験プラットフォームであるKARTEに関連した新しいプロダクトで、
2020年8月現在β版として限定公開されているものになります。

このプロダクトはシンプルでスピーディーなサイト管理を実現します。

サイト管理だけではなくデジタルマーケティング推進にも寄与できるプロダクトですので、
今回はデータプランナー(またはマーケター)の視点でこのKARTE Blocksについて簡単に紹介していきます!!

①機能概要


お客さんやタイミングに応じてサイトの内容を変更することができます。

上のような施策をプログラミングのスキルがなくてもKARTEの管理画面上で簡単に設定することができます。
ABテストをやりながら高速にPDCAを回すことで顧客体験を向上させて事業に貢献します。

他の例えとしてはパラメータごとにLPの内容を変更することなどが可能です。

こういったお客さんに応じたきめ細かな変更を
サイト運営者に依頼せずにデータプランナーやマーケターの手元で簡単にできるのは魅力的だと思います。

②KARTEと何が違うのか


KARTEにも埋め込みJsのテンプレートがあり、こちらも直観的に設定することが可能です。
KARTE Blocksは同期タグなので読み込みのタイミングやタイムラグを気にすることなく設定することができます。

また、施策ごとでの管理ではなくページや要素ごとの管理となるので設定状況が分かりやすいというメリットもあります。

同期タグなのでタグマネージャーが非推奨など考慮すべき点はありますが、
KARTEで埋め込みJs機能を使っている方にとって強力な選択肢であると言えます。

③データ連携機能(※2020年8月時点)


データ連携については一番気になる部分だと思います。
KARTE Blocksを導入するとdatahub内にビューを設定することができます。
※別途datahubの契約が必要です。

例えばKARTEと共通のユーザーIDをキーに各種テーブルを作成することも可能で、施策の幅が広がります。

まとめ


データプランナーやマーケターのカバー領域が増える昨今、シンプルに最先端の施策を実施できる本プロダクトは大きな武器になるのではないかと思います。
まだ限定公開ということで今後さらに改善されていくと思いますので楽しみです。

エクスチュアはKARTEのコンサルから活用支援までサポートします。
CX・DX推進にお困りでしたらお気軽にお問合せください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. KARTE

    KARTE 「フローイベント」

    こんにちは。エクスチュアインターンの上園です。前回はKAR…

  2. KARTE

    KARTE:カスタムイベントでページの要素を取得して接客を出す

    こんにちは。エクスチュア勝股です。接客を配信するときにページに…

  3. KARTE

    KARTE 成果の出るアイデアを考える_ツールを活用できていないと感じたら

    エクスチュアの林です。今回はKARTEを活用していらっしゃる…

  4. KARTE

    CXツール「KARTE」ってどんなツール?主な機能や魅力をざっくり紹介!

    こんにちは!エクスチュアインターン生の上園…

  5. KARTE

    KARTE:簡単!アンケートの設定、アンケート結果に併せた接客配信

    こんにちは。エクスチュア勝股です。満足度が高いお客様にはより満…

  6. KARTE

    KARTE を使ってサイト外でも接客を

    皆さんこんにちは、Extureの菅原です。今回は KARTE…

最近の記事

  1. Open Interpreter+VScode+Docker…
  2. LangChainって何?: 次世代AIアプリケーション構築…
  3. 回帰分析はかく語りき Part1 単回帰分析
  4. GitHub ActionsでGCEへのデプロイを楽にしてみ…
  5. Snowflake の Copilot が優秀すぎる件につい…
  1. Python

    わかりやすいPyTorch入門⑤(CNNとデータの拡張)
  2. IT用語集

    コンポーネント、モジュール、ライブラリって何?
  3. Tableau

    Tableau-フィルタの連動
  4. Databricks

    Databricksを始める前に覚えておきたいScalaプログラミングの基本
  5. Office365

    エクセルで「テーブル」を使うメリット① 「BIツールで使いやすい」
PAGE TOP