KARTE

KARTE:指定期間の来訪が再訪問の場合にスコアリングする

こんにちは。エクスチュア勝股です。

KARTEでスコアリングをする際に、訪問頻度が高い人に対して重みづけをしたいケースがあると思います。
今回はスコアリングしたい期間の訪問が、再訪問だった場合の設定方法についてご紹介いたします。

スコアリングイメージ

では、実際にどうやるかですが、以下4ステップが必要となります。

  1. 複数回来訪のセグメントを作る
  2. カスタムイベントを作成する
  3. 最新のセッションに2のカスタムイベントが存在するセグメントを作る
  4. 2のカスタムイベント配信設定をする

1. 複数回来訪のセグメントを作る
すべての期間で来訪回数が2回以上のセグメントを作成します。(セグメント名、追加先フォルダは任意)

2. カスタムイベントを作成する
接客新規作成→アクション追加→スクリプトを実行する→カスタムイベント発生スクリプトを選択→アクション編集でイベント名入力(任意)
(念のため、1で作成したセグメントを対象にして発火するかテスト配信を行う)

3. 最新のセッションに2で作成したカスタムイベントが存在するセグメントを作成
下記の通り入力を変更し、最新の訪問セッションに作成したカスタムイベントが存在しているセッションを絞りこむセグメントを作成

4. 2のカスタムイベント配信設定をする
配信対象として対象ユーザーのセグメントに1で作成した、『複数回訪問のセグメント』かつ、3で作成した『最新のセッションにカスタムイベントを持つセグメント』を除外で設定する。こうすることで、再訪問者に対して再訪問時のセッションに対して1度だけカスタムイベントが発火します。

あとは、スコアリング画面にて、このカスタムイベントを用いた設定を行えば、指定期間の訪問が再訪問だった場合のスコアリングが可能となります。下記図では指定期間に発生した再訪問の回数×5としておりますが、複数回あった場合でも一律+5としたい場合は、『送信回数』ではなく『送信経験があれば1』に変更下さい。

以上で、スコアリング設定は完了になります。

おわりに

弊社はデジタルマーケティングからビッグデータ分析まで幅広くこなすデータのプロ集団です。
データ分析に関わるコンサルティング/システム構築支援についてのお問合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまでどうぞ。

最近の記事

  1. Linux技術者資格のLPIC-3試験に合格しました
  2. Adobe Summit 2020レポート: Custome…
  3. KARTE:指定期間の来訪が再訪問の場合にスコアリングする
  4. Adobe Mobile SDK 4.xからAEP SDKに…
  5. Adobe Summit 2020レポート: Data &#…
  1. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics Datafeed: BigQueryのSIGN関数…
  2. Adobe Analytics

    Adobe Summit 2020レポート: Advanced Techniqu…
  3. Adobe Analytics

    Looker: エンジニアがBIで分析ダッシュボードを作る
  4. Tableau

    Tableau:分かりやすいLOD – INCLUDE編
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをD…
PAGE TOP