Tableau

Tableauのリレーションシップを理解して過剰結合を防ぐ

リレーションシップとは

Tableau Desktop 2020.2の新機能で、ザックリいうと「これまで1から結合を定義していたものを、Tableauが自動で調整してくれる」という機能です。
ユーザーにとって嬉しいポイントとしては「粒度の異なるデータをくっつけて分析できる」という点で、これにより中間テーブルを定義せずに済み、レコード増加によるパフォーマンスの悪影響を抑えることができます。
リレーションシップ自体は大変便利な機能で、一般的な「結合」の上位互換となるのですが、データ量が膨大になる時には注意しなければなりません。
合言葉は「カーディナリティ(濃度)」です。

カーディナリティ「1対多」「多対多」の使い分け

リレーションシップで「パフォーマンスオプション」を開くと、カーディナリティの項目が現れます。
※デフォルトでは「多対多」で設定されています。

この「多対多」はデータの粒度を細かく扱うことを表しています。
実際にTableau Desktopでの挙動から、カーディナリティが何を指すのか見ていきましょう。
まず、「注文」と「売上目標」という2つのテーブルを[オーダー日]でリレーションを組んでいきます。

オーダー日やカテゴリなどを適当に配置すると、以下のようになります。
各日付ごとの詳細なデータが格納されていることが確認できました。

次に、リレーションを「多対一」にしてみます。

すると、先ほどの表は以下のようになります。

今回は[オーダー日]でリレーションを組んだので、オーダー日の単位でデータが丸められました。
このようにカーディナリティを調整することにより、データの粒度を変更することができるのです。
これはデータ量が多い時にかなりパフォーマンスに“差”が出ます。
また、場合によっては「キーが不十分でデータを過剰に結合してしまう」ということも生じます。
Tableauのリレーションシップは大変便利な機能で、ほとんどのユーザーはこれを気にしなくても良いです(多分
しかし、システムの中核をデザインする立場であれば、このように細部までこだわっていきたいところです。
Tableauや総合研究所に関する質問はお問い合わせからどうぞ。

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Tableau

    Tableau:抽出を含んだワークブックを10.4以下にダウングレードする

    こんにちは、エクスチュアの渡部です。Tableauの小ネタです。…

  2. Tableau

    Tableauの便利な機能

    こんにちは!インターン生の市川です。前回ではTableauの便利な機…

  3. Tableau

    Tableau:分かりやすいLOD-概要編

    こんにちは、エクスチュアの渡部です。今回からLOD計算について、複…

  4. Tableau

    Tableauで複数のチャートを1シート内で表示する『パネルチャート』の作り方

    今回は、複数の項目を一瞥するのに便利な『パネルチャート 』を取り上げ…

  5. Tableau

    DirectionAPI+Tableauでドライブ時間の可視化(後編)

    だいぶ間が空いてしまいましたが、DirectionAPI+Tablea…

  6. Tableau

    Tableauのヘックスタイルマップでヒートマップを地図上に粗く表現する

    今回は、「ヘックスタイル(六角形)マップ」という表現方法をご紹介しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. LangChainって何?: 次世代AIアプリケーション構築…
  2. 回帰分析はかく語りき Part1 単回帰分析
  3. GitHub ActionsでGCEへのデプロイを楽にしてみ…
  4. Snowflake の Copilot が優秀すぎる件につい…
  5. Snowflake の新しいData Clean Roomの…
  1. ObservePoint

    タグ監査ツールとは? 〜〜出来ることと導入のメリット〜〜
  2. Mouseflow

    Mouseflow(ヒートマップ)の効果的な活用術
  3. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: GTMのdataLayerをAdobeAnaly…
  4. 海外カンファレンス

    Adobe Summit 2018 レポート(1):AIとヒトで最高の経験を!
  5. Tableau

    Tableauで見たい期間のみの昨年対比推移グラフを作る方法
PAGE TOP