Adobe Analytics

GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの「s」オブジェクトにコピーする

こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。

AdobeAnalyticsを利用している場合でも、他にGoogleAnalyticsや各種マーテックツールを併用しているケースをよく見ます。

各マーテックツールにページレベルのデータを渡す方法は様々ですが、Google Tag Managerのデータレイヤーを共通で利用すると実装がラクです。

AdobeAnalyticsでDataLayerの値を計測する方法としては、以前コンテキストデータ+処理ルールを使う方法を紹介しましたが、やっぱり処理ルールがメンドクサイので直接「s」オブジェクトに叩き込む方法を紹介します。

 

実装するコード

これです。

(function(s, dl){
    if (typeof s != 'undefined' && typeof dl != 'undefined') {
        for (var i=0; i<dl.length; i++) {
            for (var key in dl[i]) {
                s[key] = dl[i][key];
            }
        }
    }
})(window.s, window.dataLayer);

 

実行する場所

これをどこで実行するか?
dataLayerが出現・生成された以降に実行する必要があります。

AdobeLaunchでAdobeAnalyticsを実装している場合は「DOMReady」、またはDTMからのアップグレードであれば「PageBottom」でこのスクリプトを実行してから、その後「Send Beacon」ルールを発火させればOK.

DataLayerをsにコピーして発火

 

まとめ

今回はGTMのdataLayer変数をそのままAdobeAnalyticsで簡単に計測する方法についてでした。
dataLayerはGoogleAnalytics以外にも各マーテックツールで使われるので、AdobeAnalyticsもdataLayerに寄せると計測の管理がラクです。

弊社ではGoogle AnalyticsとAdobe Analyticsを同時に使うためのベストな方法や、もしくは一方に乗り換える方法についてのご相談を承っております。

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsのモバイルアプリが意外と便利

    こんにちは。CEOの原田です。Adobe Analyticsを…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①

    Adobe Analyticsの便利な機能のセグメント。便利なのですが…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics-分析ワークスペースの使い方

    こんにちは!インターン生の藤本です。今回はフリーフォームを使用した分…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:Report Builderの小技:リクエストのあるシートを丸ごとコ…

    エクセルでの定期レポートを作る際に、一度データブロックを作っておけば以…

  5. Adobe Analytics

    レポートビルダーを使ってデータを出す方法

    こんにちは!インターンの藤本です。今日はレポートビルダーを使ってデー…

  6. Google Analytics

    Google Tag Manager上でGoogle AnalyticsのclientIDを取得する…

    この情報は2018年4月当時の情報です。こんにちは、エクスチュ…

最近の記事

  1. KARTE を使ってサイト外でも接客を
  2. 【GA4/GTM】dataLayerを活用しよう
  3. ジャーニーマップをデジタルマーケティングの視点で
  4. ChatGPT ProからClaude3 Proへ移行した話…
  5. その分析、やり方あってる?記述統計と推測統計の違い
  1. ObservePoint

    タグ監査ツールとは? 〜〜出来ることと導入のメリット〜〜
  2. Amazon Web Services

    パブリックサブネット vs プライベートサブネット
  3. ブログ

    正規表現について
  4. ヒートマップ

    ムーブメント・ヒートマップ
  5. KARTE

    KARTE を使ってサイト外でも接客を
PAGE TOP