Adobe Analytics

GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの「s」オブジェクトにコピーする

こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。

AdobeAnalyticsを利用している場合でも、他にGoogleAnalyticsや各種マーテックツールを併用しているケースをよく見ます。

各マーテックツールにページレベルのデータを渡す方法は様々ですが、Google Tag Managerのデータレイヤーを共通で利用すると実装がラクです。

AdobeAnalyticsでDataLayerの値を計測する方法としては、以前コンテキストデータ+処理ルールを使う方法を紹介しましたが、やっぱり処理ルールがメンドクサイので直接「s」オブジェクトに叩き込む方法を紹介します。

 

実装するコード

これです。

(function(s, dl){
    if (typeof s != 'undefined' && typeof dl != 'undefined') {
        for (var i=0; i<dl.length; i++) {
            for (var key in dl[i]) {
                s[key] = dl[i][key];
            }
        }
    }
})(window.s, window.dataLayer);

 

実行する場所

これをどこで実行するか?
dataLayerが出現・生成された以降に実行する必要があります。

AdobeLaunchでAdobeAnalyticsを実装している場合は「DOMReady」、またはDTMからのアップグレードであれば「PageBottom」でこのスクリプトを実行してから、その後「Send Beacon」ルールを発火させればOK.

DataLayerをsにコピーして発火

 

まとめ

今回はGTMのdataLayer変数をそのままAdobeAnalyticsで簡単に計測する方法についてでした。
dataLayerはGoogleAnalytics以外にも各マーテックツールで使われるので、AdobeAnalyticsもdataLayerに寄せると計測の管理がラクです。

弊社ではGoogle AnalyticsとAdobe Analyticsを同時に使うためのベストな方法や、もしくは一方に乗り換える方法についてのご相談を承っております。

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

関連記事

  1. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: スクロールで目標に到達したらカスタムリンク

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  2. Adobe Analytics

    BigQuery: Adobe Datafeed: event_listカラムの手軽な扱い方

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryでパーティシペーション指標を集計するSQL

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Google Analytics

    Google Analytics StandardのデータをBigQueryで分析するための力技

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQuery+Lookerでアトリビューション分析

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する際の小技

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. KARTE 「フローイベント」
  2. KARTE – 「コンテキストイベント」を活用し…
  3. KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこ…
  4. YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介
  5. Tableau 2021.1 新機能紹介
  1. Mouseflow

    Mouseflow:レコーディングを確認する前に
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①…
  3. Adobe Experience Cloud

    Adobe Marketing Cloud:サインインで問題が起きたときの対処法…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をBigQueryのDa…
  5. KARTE

    KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこと!
PAGE TOP