Spread Sheets / GAS / GDS

GDS(グーグルデータスタジオ)で「年ごと/月ごと/週ごと」の集計をする

使用するデータ

今回はこちらのサンプルデータを使用します。
カラムは「日付」「名前」「数値」の3つで、スプレッドシートから接続します。

GDS(グーグルデータスタジオ)で「年ごと/月ごと/週ごと」の集計をする

まずは単純な日単位のグラフを表示してみます。
複数の線が重なっており、何がなんだかよく分からない状態です。

これを週ごとに集計していきたいと思います。

<手順>
①ディメンションを編集(カレンダーマークをクリック)
②タイプは「YYYYMMDD」のまま、粒度を変更
③計算に名前をつければ完了

例えば、週ごとに計算フィールドを作ると以下のようになります。

こちらを適用すると、週ごとの集計結果が表示されます。

あとは「月ごと」「年ごと」の集計も同様にやってしまえば良いですね!

おわりに

いかがでしたでしょうか。
GDS(グーグルデータスタジオ)は無料で使えるので、多くの企業が導入しています。
あなたもGDSをうまく活用して、データ分析ライフを楽しんでくださいね〜
この記事を通して「GDSの年/月/週単位の集計」に関する理解を深めていただければ幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Spread Sheets / GAS / GDS

    スプレッドシートで自動バックアップを作成

    はじめにスプレッドシートを使ってデータを運用する際に最も気になること…

  2. Spread Sheets / GAS / GDS

    スプレッドシートで動的な縦持ちデータを作る〜GAS(GoogleAppsScript)〜

    はじめにこんにちは!インターン生の與那覇(よなは)です今回はスプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. SnowflakeのHybrid Tableのマニュアルを読…
  2. IQをキッカケに理解する統計学の基礎
  3. mouseflow の フリクションイベント って何?
  4. ObservePointの「Journey」とは?
  5. LangChainって何?: 次世代AIアプリケーション構築…
  1. Databricks

    Databricks: Spark DataFrameでピボットグラフを作る
  2. Amazon Web Services

    System Managerを利用したVPC内Redshiftへの接続
  3. KARTE

    KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこと!
  4. Mouseflow

    直帰率を改善する!4つのポイント
  5. ObservePoint

    Webサイトのプライバシー保護対応を確認するための9つのポイント
PAGE TOP