Adobe Analytics

Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をBigQueryのDate型として扱う

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回はAdobeDWHレポートとBigQueryの連携でつかえる小技です。

AdobeAnalyticsのデータウェアハウスレポートをCSV配信する時に、「精度」を「日」にすると、ファイルの一列目に「日付」が入ります。

DWHレポートに日付を追加

しかし、この日付が厄介です。
BigQueryにそのままロードするとこうなります。

日付フォーマットが。。。

ExcelでCSVを開くならこれでも良いんですが、BigQueryで扱うならこの「December 17, 2018」という文字列をPARSE_DATE関数で日付型に変換すると扱いやすくなります。

SELECT PARSE_DATE('%B %e, %Y', date) AS date
FROM `mydataset.mytable`

結果はこのとおり、YYYY-MM-DD形式のDATE型になります。

PARSE_DATE関数の引数についてはこちらに詳細が記載されてます。
PARSE_DATE

おまけ

AdobeのDWHの日付カラムと違って、Adobe Datafeedならばhit_time_gmtというヒットタイムスタンプが存在します。
しかしhit_time_gmtのタイムゾーンは読んで時のごとくGMTのため、DATE関数でタイムゾーン「Asia/Tokyo」を指定するとJSTになります。

SELECT DATE(hit_time_gmt, 'Asia/Tokyo') as hit_time_jst
from `mydataset.datafeed`

今回はAdobeDWHレポートのCSVファイルの日付カラムをBigQueryで日付型として扱うための小技について紹介しました。

弊社ではAdobe認定エキスパート資格とGoogleCloud認定プロフェッショナル・データエンジニアの資格を保持したエンジニアがデータ分析基盤の構築支援業務を行っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログへの記事リクエストはこちらまで

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Firebase Analytics

    GoogleAnalytics Apps+Web プロパティをBigQueryと連携したついでにフラ…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Google BigQuery

    GCPのBQMLを使ってKaggleコンペに挑んでみた(その1)

    こんにちは。エクスチュアでインターンをさせて頂いている中野智基です。…

  3. Adobe Cloud Platform Auditor

    AdobeSummit 2020レポート: “Connecting Experiences Acro…

    こんにちは。エクスチュアインターン生の上園です!…

  4. Google Cloud Platform

    Looker: サンバーストグラフを使って階層データを可視化する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。今…

  5. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsとGoogle Analyticsの違い① セグメントのコンテナの違い…

    こんにちは。CEOの原田です。今回は良く話題に出ながらも情報がまと…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:Report Builderの小技:リクエストのあるシートを丸ごとコ…

    エクセルでの定期レポートを作る際に、一度データブロックを作っておけば以…

最近の記事

  1. KARTE を使ってサイト外でも接客を
  2. 【GA4/GTM】dataLayerを活用しよう
  3. ジャーニーマップをデジタルマーケティングの視点で
  4. ChatGPT ProからClaude3 Proへ移行した話…
  5. その分析、やり方あってる?記述統計と推測統計の違い
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics-分析ワークスペースの使い方
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle BigQuery…
  3. IT用語集

    セッション(Session)って何?
  4. コンバージョンファネル

    【Tips】ファネル機能について
  5. Adobe Summit

    Adobe Summit 2020レポート: Data & Insig…
PAGE TOP