Adobe Analytics

Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をBigQueryのDate型として扱う

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回はAdobeDWHレポートとBigQueryの連携でつかえる小技です。

AdobeAnalyticsのデータウェアハウスレポートをCSV配信する時に、「精度」を「日」にすると、ファイルの一列目に「日付」が入ります。

DWHレポートに日付を追加

しかし、この日付が厄介です。
BigQueryにそのままロードするとこうなります。

日付フォーマットが。。。

ExcelでCSVを開くならこれでも良いんですが、BigQueryで扱うならこの「December 17, 2018」という文字列をPARSE_DATE関数で日付型に変換すると扱いやすくなります。

SELECT PARSE_DATE('%B %e, %Y', date) AS date
FROM `mydataset.mytable`

結果はこのとおり、YYYY-MM-DD形式のDATE型になります。

PARSE_DATE関数の引数についてはこちらに詳細が記載されてます。
PARSE_DATE

おまけ

AdobeのDWHの日付カラムと違って、Adobe Datafeedならばhit_time_gmtというヒットタイムスタンプが存在します。
しかしhit_time_gmtのタイムゾーンは読んで時のごとくGMTのため、DATE関数でタイムゾーン「Asia/Tokyo」を指定するとJSTになります。

SELECT DATE(hit_time_gmt, 'Asia/Tokyo') as hit_time_jst
from `mydataset.datafeed`

今回はAdobeDWHレポートのCSVファイルの日付カラムをBigQueryで日付型として扱うための小技について紹介しました。

弊社ではAdobe認定エキスパート資格とGoogleCloud認定プロフェッショナル・データエンジニアの資格を保持したエンジニアがデータ分析基盤の構築支援業務を行っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Azure DatabricksでAdobe AnalyticsのDatafeedを分析する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: Welcome

    こんにちは。エクスチュアインターン生の畝川(せがわ)です。昨今…

  3. Adobe Dynamic Tag Manager

    Adobe DTMからAdobe Launchに一発アップグレード

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Mobile SDK 4.xからAEP SDKに移行する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Summit 2020レポート: Advanced Techniques to Get …

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

最近の記事

  1. databricksのnotebookを使ってみよう その1…
  2. databricks:GCPで利用を開始する
  3. KARTE「オフラインデータをオンライン接客に活用する」
  4. ELB (ALB・NLB・CLB) をサクッと学ぶ
  5. Direct Connect vs Site to Site…
  1. Tableau

    【TC19ブログ】エクスチュアの海外カンファレンス参加支援制度
  2. Google Analytics

    Google Analytics 4: イベントパラメータをセッションスコープで…
  3. Azure

    Google Cloud StorageとAzure Blob Storage間…
  4. Linux

    Linux技術者資格のLPIC-3試験に合格しました
  5. Adobe Dynamic Tag Manager

    【Adobe Analytics,Launch】進化するDebugger
PAGE TOP