Adobe Experience Cloud

Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取り早く回避する

こんにちは、エクスチュアCTOの権です。

Adobe Targetのat.jsをDynamic Tag Manager(DTM)を使って導入すると、ページを開いた時に一瞬画面が真っ白になる「チラつき」が発生する事があります。
これをDTM設定で回避する小技を紹介します。

Adobeの公式ドキュメントにはat.jsの仕様について記述があります。
How at.js Manages Flicker | Adobe Experience Cloud Help

If you enable the Auto Create Global Mbox setting when configuring at.js, at.js will set HTML BODY style opacity to 0. After a response from Target is received, at.js resets HTML BODY opacity to 1.

at.jsをロードした時にbodyのopacityを0にして画面を一瞬真っ白にして、その後at.jsのコンテンツレンダリングが終わったタイミングでopacityを1に戻す。と書いてます。

これがお節介で、爆速ページならDTMがat.jsをロード始める前にすでにページのレンダリングが始まっており、at.jsがあとから非同期でやって来て画面を一瞬真っ白にするんですね。
それで、at.jsの仕事が終わったら再び画面を表示するのです。
なんという事でしょう。

というわけで、at.jsがopacityを0にするのを回避する方法です。

1. DTMのAdobe Target設定を開き、[ライブラリ管理] > [エディタを開く]

2. at.jsコード内の opacity:0 という文字列を検索する。

3. 該当箇所を opacity:1 に置換する。

4. 設定を保存してステージングモードで動作確認後、画面が一瞬真っ白になるチラつきが起きなければ、本番発行。

以上です。

本日はDTMでat.jsを配信した際に画面が一瞬真っ白になってチラつく問題が回避する小技についてでした。

弊社ではAdobe TargetなどのABテストツールの導入支援も行っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    この情報は2016年9月時点のものです。こんにちは、エクスチュ…

  2. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2019 レポート

    こんにちは、エクスチュアの鈴木です。3/25から3/28までの4日…

  3. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの処理ルール…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGoogle T…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使え…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント設定を作成・更新する…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe Ma…

最近の記事

  1. 続・SafariのITP2.x対策として別サーバー使ってクッ…
  2. Big QueryでWindow関数を用いて、累積和を計算す…
  3. Adobe Analytics: DatafeedをGoog…
  4. Adobe DTMからAdobe Launchに一発アップグ…
  5. Tableau:KPI達成状況を把握出来るグラフを作る
  1. Google Cloud Platform

    Looker: LookerbotをGoogle Cloud Platformで…
  2. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsのDatafeedをBigQueryのColumn…
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Datafeedのログからフォールアウトレポー…
  4. Google Cloud Platform

    Looker: サンバーストグラフを使って階層データを可視化する
  5. Databricks

    Databricks: Spark DataFrameでピボットグラフを作る
PAGE TOP