Adobe Experience Cloud

Adobe Summit 2020レポート: Unravel Customer Insights Using SQL and BI Tools with Query Service

こんにちは、エクスチュアの権泳東/コン・ヨンドン(@exturekwon)です。

Adobe Summit 2020 オンラインカンファレンス動画のレポートが続きます。
今回視聴したブレークアウトセッションはこちら。

Unravel Customer Insights Using SQL and BI Tools with Query Service

Adobe Experience Platformのデータに対してSQLを使ったデータ抽出が可能になる「Query Service」についての紹介セッションです。

AEP – Query Service

AEPではAdobe Analyticsだけではなく様々なチャネルのデータを統合出来ます。
このQuery Serivceを使えばそれらのデータセットに対して直接SQLを実行してデータの抽出をしたり、新しいデータセットを作る事が出来るようになります。
つまり、AEP上でSQLを使ったデータの加工処理が出来てしまう訳です。

Use Cases

また、PowerBI, Tableau, LookerなどのBIツールから直接AEPに接続してSQLを実行する事も可能です。
これによって、データをクラウド上のDWHにエクスポートしてからクエリを実行するのではなく「ほぼリアルタイム」でより詳細なデータの可視化も可能です。

Query Serviceを使った接続

なお、このセッションでは触れてませんが、AEPにはData Science WorkspaceというPythonおよびRが使えるノートブック環境もあり、Query Serviceで生成したデータセットを読み取って分析・機械学習をする事も可能です。

そして実際の画面ですが、Adobeのよく見慣れたUIのデータセット一覧から対象データセットを選びます。

データセット一覧

すると、モダンなSQLエディタが出てきまして、ANSI SQLを使ってクエリを実行出来ます。
また、このQuery ServiceにはデフォルトでUDFのように使えるAdobeの事前定義関数も存在してます。
具体的にどんなUDFが存在してるのかまでは紹介してませんでしたが、カスタマージャーニー分析でよく使うデータ加工を含むUDFが揃っている事が期待されます。

Query Service Editor

そしてこれらのSQLで生成したデータセットに対してPowerBIから接続して可視化、というデモを見せてくれました。

PowerBIから接続

サードパーティBIだけではなく、AEPのCustomer Journey Analyticsダッシュボードでもデータセットを可視化することが可能です。

Customer Journey Analytics

以上のようにとてもパワフルなQuery Serviceについての機能紹介セッションでした。
実はまだ私はAEPを使った事がないのですが、ますますAEPに興味が湧いてきました。

エクスチュアはAdobe Experience Cloudの導入活用支援を行っており、
Adobe Analyticsの経験10年〜15年のスタッフが何人も在籍しています。
お問い合わせはこちらからどうぞ

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: Welcome

    こんにちは。エクスチュアインターン生の畝川(せがわ)です。昨今…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①

    Adobe Analyticsの便利な機能のセグメント。便利なのですが…

  3. Adobe Dynamic Tag Manager

    Adobe DTMからAdobe Launchに一発アップグレード

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: The Customer Experience Man…

    こんにちは。エクスチュアインターン生の畝川(せがわ)です。今回…

  5. Adobe Experience Cloud

    Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取り早く回避する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能

    こんにちは、CEOの原田です。今回は随分前から公開されてるのに…

最近の記事

  1. KARTE を使ってサイト外でも接客を
  2. 【GA4/GTM】dataLayerを活用しよう
  3. ジャーニーマップをデジタルマーケティングの視点で
  4. ChatGPT ProからClaude3 Proへ移行した話…
  5. その分析、やり方あってる?記述統計と推測統計の違い
  1. Amazon Web Services

    Direct Connect vs Site to Site VPN
  2. ブログ

    Cookieについて調べてみた
  3. Python

    pythonを使ったダミーデータ生成
  4. タグを設定

    Mouseflow

    AdverTimes Days 2017に出展いたしました
  5. ObservePoint

    Webサイトのプライバシー検証 (3/6): 未知のタグやCookieを見つける…
PAGE TOP