Adobe Experience Cloud

Adobe Summit 2020レポート: Unravel Customer Insights Using SQL and BI Tools with Query Service

こんにちは、エクスチュアの権泳東/コン・ヨンドン(@exturekwon)です。

Adobe Summit 2020 オンラインカンファレンス動画のレポートが続きます。
今回視聴したブレークアウトセッションはこちら。

Unravel Customer Insights Using SQL and BI Tools with Query Service

Adobe Experience Platformのデータに対してSQLを使ったデータ抽出が可能になる「Query Service」についての紹介セッションです。

AEP – Query Service

AEPではAdobe Analyticsだけではなく様々なチャネルのデータを統合出来ます。
このQuery Serivceを使えばそれらのデータセットに対して直接SQLを実行してデータの抽出をしたり、新しいデータセットを作る事が出来るようになります。
つまり、AEP上でSQLを使ったデータの加工処理が出来てしまう訳です。

Use Cases

また、PowerBI, Tableau, LookerなどのBIツールから直接AEPに接続してSQLを実行する事も可能です。
これによって、データをクラウド上のDWHにエクスポートしてからクエリを実行するのではなく「ほぼリアルタイム」でより詳細なデータの可視化も可能です。

Query Serviceを使った接続

なお、このセッションでは触れてませんが、AEPにはData Science WorkspaceというPythonおよびRが使えるノートブック環境もあり、Query Serviceで生成したデータセットを読み取って分析・機械学習をする事も可能です。

そして実際の画面ですが、Adobeのよく見慣れたUIのデータセット一覧から対象データセットを選びます。

データセット一覧

すると、モダンなSQLエディタが出てきまして、ANSI SQLを使ってクエリを実行出来ます。
また、このQuery ServiceにはデフォルトでUDFのように使えるAdobeの事前定義関数も存在してます。
具体的にどんなUDFが存在してるのかまでは紹介してませんでしたが、カスタマージャーニー分析でよく使うデータ加工を含むUDFが揃っている事が期待されます。

Query Service Editor

そしてこれらのSQLで生成したデータセットに対してPowerBIから接続して可視化、というデモを見せてくれました。

PowerBIから接続

サードパーティBIだけではなく、AEPのCustomer Journey Analyticsダッシュボードでもデータセットを可視化することが可能です。

Customer Journey Analytics

以上のようにとてもパワフルなQuery Serviceについての機能紹介セッションでした。
実はまだ私はAEPを使った事がないのですが、ますますAEPに興味が湧いてきました。

エクスチュアはAdobe Experience Cloudの導入活用支援を行っており、
Adobe Analyticsの経験10年〜15年のスタッフが何人も在籍しています。
お問い合わせはこちらからどうぞ

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    この情報は2016年9月時点のものです。こんにちは、エクスチュ…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:計算指標でevents変数を後付けでパーティシペーションにする

    こんにちは。CEOの原田です。なるべくこのブログでは新しめな内容を…

  3. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: The Customer Experience Man…

    こんにちは。エクスチュアインターン生の畝川(せがわ)です。今回…

  4. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsとGoogle Analyticsの違い③ カスタム計測のされ方の違い…

    こんにちは。CEOの原田です。今回もAAとGAの違いを述べていきま…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使え…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

    Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は…

最近の記事

  1. サーバーサイドGTM: ウェブコンテナを使って1stパーティ…
  2. BigQuery: テーブルに格納されたURL文字列をKey…
  3. AdobeAnalytics: Adobe I/OのAPIを…
  4. Google Analytics 4: イベントパラメータを…
  5. Google Analytics 4 + BigQueryで…
  1. Adobe Analytics

    Adobe AEP SDKでReactNativeアプリを計測する (Andro…
  2. Firebase Analytics

    Firebase Analyticsの新しいBigQueryスキーマを試す
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をBigQueryのDa…
  4. Sansan

    Sansanで名刺を取り込んだらSlackで社内共有する(Zapier利用)
  5. Google BigQuery

    オープンソースBI「Metabase」の使い勝手が丁度良かった
PAGE TOP