Adobe Analytics

Adobe Analytics: Webサイト内で発生したJavascriptエラーの内容をAdobe Analyticsで計測する。

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今日は、Webサイト内で発生したJSエラーをAdobeAnalyticsで計測する方法についてです。

AdobeAnalyticsでは、404エラーページを計測するためのs.pageTypeという変数がありますが、その他のエラーは別途eVarやpropを使って計測する必要があります。

下記は404エラー計測の例です。

s.pageType = "errorPage";
s.pageName = "404:" + location.href;

これで404エラーが発生したページとリファラーをクロス集計すれば、リンク切れを起こしてるページを特定出来きますよね。
そういうサイト内の離脱ポイントというか機会損失につながる要素を地道に埋めていく事で、サイトを改善して行くのもWeb解析の重要なタスクです。

その他にもJavascriptエラーが起きてUXを低下させてる箇所を見つけだして、継続的にユーザビリティを改善して行くのも重要じゃないかと思いました。
どうやって計測するかというと、Javascriptのonerrorというイベントハンドラーがあるので、それをトリガーにして、AdobeAnalyticsで計測してみます。

onerrorについてはMDNに詳しい仕様が載ってます。
GlobalEventHandlers.onerror – Web API インターフェイス | MDN

GoogleAnalyticsでonerrorを計測するサンプルはすぐ見つかりますね。
How To Setup A Cheap Exception Notifier For JavaScript | Protonet, Inc.

これを参考にしてAdobeAnalyticsで実装するとこうなりました。

window.onerror = function(msg, file, line, col, err) {
	window.scmsg = msg;
	window.scfile = file;
	window.scline = line;
};

var scerr = setInterval(function(){
	if (typeof window.scmsg != "undefined" && typeof window.s != "undefined" && typeof s.tl == "function") {
		s.tl(true, "o", "error", {linkTrackVars: "eVar11", eVar11: window.scmsg + ":" + window.scfile + ":" + window.scline});
		clearInterval(scerr);
	}
}, 1000);

onerror発生時に、まだAdobeAnalyticsのs_codeタグがロードされていないと、「s is not defined」というエラーが出るので、setIntervalを使って、s_codeがロードされるのを待ちます。

そしてロード後に、カスタムリンク(s.tl関数)を使ってエラー内容を送信します。
そして一度エラー計測を送信したあとは、clearIntervalを使ってs.tl関数の実行を停止する、という実装です。

別にeVarじゃなくてpropでいいんじゃないの、とも思いますが、propだと100byteの壁があるので、
eVarがもう足りないというサイトでは、propを複数使ってクロス集計すると良いです。

弊社ではAdobeAnalyticsの様々なカスタム実装支援を行なっております。
お問い合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    はじめてのAdobe Analytics実装②

    前回勉強した内容をもとに、今回は実際にエクスチュアのs_code.js…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Mobile SDK 4.xからAEP SDKに移行する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する際の小技

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    検索エンジン-有料とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は検索エンジン-有料について説明いたします。検索エンジン-有料と…

  5. Adobe Analytics

    再来訪頻度とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は再来訪頻度について説明いたします。再来訪頻度とはサイトを訪問…

  6. Adobe Analytics

    バウンスとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はバウンスについて説明いたします。バウンスとはサイトを訪問した…

最近の記事

  1. LangChainって何?: 次世代AIアプリケーション構築…
  2. 回帰分析はかく語りき Part1 単回帰分析
  3. GitHub ActionsでGCEへのデプロイを楽にしてみ…
  4. Snowflake の Copilot が優秀すぎる件につい…
  5. Snowflake の新しいData Clean Roomの…
  1. Linux

    Linux技術者資格のLPIC-3試験に合格しました
  2. Tableau

    Tableauで見たい期間のみの昨年対比推移グラフを作る方法
  3. Cloud Dataflow

    Firebase AnalyticsのデータをフラットなCSVに変換する …
  4. DBエンジニアが学ぶSnowflake

    【DBエンジニアが学ぶSnowflake】①Snowflakeを語りたい!
  5. Qualtrics

    Qualtricsで顧客満足度アンケートを行なってみた
PAGE TOP