Adobe Analytics

Adobe Analytics: カスタムリンク計測を1行で書く

こんにちは、エクスチュアCTOの権です。

Adobe Analytics のリンク計測用関数のs.tlの四番目の引数である variable override ですが、
あまり使われてないというか知られてないようですね。
連想配列形式で変数を渡せるので、コードが1行でスッキリ書けるので私はよく使ってます。

//custom link tracking
s.tl(true, "o", "customlink", {linkTrackVars:"events,eVar1", linkTrackEvents:"event1", eVar1:"foobar", events:"event1"});

セミコロンで区切りつつ改行なしで1行で書けば確かにそれは1行にはなりますが、
こっちの方がササっと書けて、いちいち変数に「s.」つけなくて文字数も少なくて良いかも?(謎)

同様にページビュー計測のs.tも引数として連想配列形式で渡せます。

//page view tracking
s.t({pageName:"hoge", eVar2:"fuga"});

ただし最近はDTMなどのタグマネージャーで実装するケースが増えてるので、あまりs.tの引数を使う機会は少ないですかね。
なお、variable overrideにセットした変数も、かならずdoPlugins関数の処理が実行されるので、最終的にdoPluginsで上書きした方が効率よい事が多いです。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMeasurement.…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今まで個人ブログで技術メモ…

  2. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsとGoogle Analyticsの違い① セグメントのコンテナの違い…

    こんにちは。CEOの原田です。今回は良く話題に出ながらも情報がまと…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能

    こんにちは、CEOの原田です。今回は随分前から公開されてるのに…

  4. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。前回の…

  5. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回は…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics + Google BigQueryでよく使うSQL例 6選

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回は…

最近の記事

  1. 続・SafariのITP2.x対策として別サーバー使ってクッ…
  2. Big QueryでWindow関数を用いて、累積和を計算す…
  3. Adobe Analytics: DatafeedをGoog…
  4. Adobe DTMからAdobe Launchに一発アップグ…
  5. Tableau:KPI達成状況を把握出来るグラフを作る
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能…
  2. Google Cloud Platform

    Looker: サンバーストグラフを使って階層データを可視化する
  3. Adobe Analytics

    Azure DatabricksでAdobe AnalyticsのDatafee…
  4. Databricks

    Databricks: Delta Lakeを使ってみる
  5. Adobe Analytics

    BigQuery: Adobe Datafeed: event_listカラムの…
PAGE TOP