Adobe Analytics

Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能のセグメント。
非常に有用な分析を可能にする反面、ややこしい側面もあり、意図しないデータが混入してしまうことが多々あります。

今回はセグメントの落とし穴の例の一つを紹介します。

特定の製品のページ群やキャンペーンページ群を特定するために、それらのページのURLの集団を指す
ヒットセグメントを作り適用すると、その後はページビューや訪問回数、実訪問者数の指標は
指定したセグメント(=キャンペーンページ群)の合計の数字になります。

他のレポートも全てそのセグメントに対するデータとなり便利です。

しかし、この場合に滞在時間は怪しい数字となることを気をつけねばなりません。
殆どの場合、既述のようなセグメントをかけると、滞在時間が短くなります。
特に1枚ペラのようなページのヒットセグメントであれば滞在時間は激減します。

この原因を説明します。

Adobe Analyticsの滞在時間は、そのページに訪れたタイムスタンプと、
次のページに訪れたタイムスタンプの差分で計算されています。
つまりセッションの最後のページは次のページのタイムスタンプが存在しないため、
滞在時間の計算が不可能です。ちなみにこの場合は滞在時間はゼロと計上されます。

ヒットセグメントを作った場合、条件に合致するページに対する次のページが存在するとしても、
セグメントの条件外であれば、次のページが存在しない扱いとなり、滞在時間がゼロになります。

したがってヒットセグメントをかけると滞在時間が減少します。

対処方法ですが、セグメントをかけずに集計対象のページの滞在時間を合算するしかありません・・・
都度の集計はやってられない作業量になってくるので、定期レポートで報告する必要がある場合は
Report Builderを作っておくことが必須です。
※このような作業の場合はワークスペースでもReport&AnalyticsでもAd Hoc Analysisでもなく、
Report Builderが最も優れています。

そもそも滞在時間という指標自体、意味あるのか?という議論もありますが、
それは別の記事にて考察したいと思います。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DatafeedのログからフォールアウトレポートをBigQuery…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Adobe Analytics

    AdobeAnalyticsでReactNativeアプリを計測する

    この記事は2018年12月7日現在の情報を元にしているのと、レガシーA…

  3. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by ObservePo…

    こんにちはCEOの原田です。本日は先日より利用可能になったAdob…

  4. Web解析

    コラム:Web解析から顧客体験分析(CXA)に

    こんにちは。CEOの原田です。今日は少し普段と経路の違う話を書いて…

  5. Adobe Analytics

    Azure DatabricksでAdobe AnalyticsのDatafeedを分析する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. KARTE – 「コンテキストイベント」を活用し…
  2. KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこ…
  3. YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介
  4. Tableau 2021.1 新機能紹介
  5. YOTTAA:ECサイトで見るべき8つのサイトパフォーマンス…
  1. Amazon Web Services

    【初心者向け】AWSを学ぶ前に確認したい用語
  2. KARTE

    CXツール「KARTE」ってどんなツール?主な機能や魅力をざっくり紹介!
  3. Tableau

    Tableau 2021.1 新機能紹介
  4. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics Datafeed: BigQueryのSIGN関数…
  5. Linux

    Linux Tips: コマンドラインでJSONをCSVに変換する
PAGE TOP