Adobe Analytics

Adobe AnalyticsからDWHレポートをGoogle Cloud Storageにアップロードする方法

こんにちは、エクスチュアCTOの権です。

以前、AdobeAnalyticsのデータフィードをGoogle Compute EngineにSFTPアップロードする方法について書きました。
今回はその応用です。

実はAdobe Analyticsから直接Cloud StorageにDWHのレポートファイルをアップロード出来ません。

しかし、LinuxにCloud Storageをファイルシステムとしてマウントする事が可能なGCS Fuseというツールを使えば解決します。
このGCS Fuseがあれば、AdobeからCompute EngineのVM経由でCloud StorageにリアルタイムでDWHファイルをアップロード出来ます。

GCS Fuseとは、Google Cloud StorageのバケットをLinuxのネットワークドライブとしてマウントするツールです。

Cloud Storage FUSE

というわけで以下手順です。

1. まずはGCSFuseをセットアップします。
GCEでLinuxVMを作成して、それからgithubに書いてある手順のとおりにGCSFuseのインストールを実行します。

2. 続いて、Cloud Storageのバケットを作成して、LinuxVM上に空のディレクトリを作成します。
それからGCSFuseを使ってバケットをマウントします。

例えばホームディレクトリにfilesというディレクトリを作成して、そこにexture-hogehogeというバケットをマウントします。

$ mkdir ~/files
$ gcsfuse exture-hogehoge ~/files

gcsfuseコマンドの引数で、バケット名にgs://をつける必要はありません。
ここで試しにfilesディレクトリに何かファイルを作成すると、Cloud Storageのバケットに同じファイルが生成される事が確認出来ます。

$ touch ~/files/foobar.txt

foobar.txtがバケットの中に出てきました。

3. Adobeの公開鍵を入手します。
以前、この記事に書いたように、Adobe Analyticsのデータフィード作成画面から公開鍵(RSA)をダウンロードします。

4. 入手したAdobe公開鍵を、SFTPアップロード先のLinuxサーバー(GCEのVMなど)のアカウントの .ssh/authorized_keys の末尾に追記します。
※authorized_keysファイルが存在しない場合は作成して、chmod 600 でアクセス権を変更

5. Adobe AnalyticsのDWHをSFTPで配信する設定を作成します。
DWHをSFTPで配信する場合は、アドバンス配信設定でFTPを選び下記の情報を入力します。

・ホスト名にsftp://から始まるホスト名を入れる。ここではVMインスタンスのIPアドレスを使う。
・ポート番号 22番
・GCS Fuseバケットをマウントしたディレクトリ
・ログインアカウント
・パスワードは不要

レポートが生成されると、Cloud StoraageにDWHのファイルが出てきます。
下記のexture_20180104.csvというファイルがDWHから配信されたファイルです。

今回は、Adobe AnalyticsのDWHレポートをGoogle Cloud Storageのバケットにアップロードするための小細工について紹介しました。
弊社ではAdobe AnalayticsやGoogle Analyticsのレポートを活用するための分析基盤構築支援などを行っております。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: RSIDを間違えてしまったデータを正しいRSに入れ直す

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe An…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使え…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

    Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe An…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle BigQueryのテーブルにロードす…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。前回のブログの続きです…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能の…

最近の記事

  1. Adobe Analytics: Datafeedのログから…
  2. Tableau:2つの値の比較に便利な「ダンベルチャート」を…
  3. Tableau:累計ユニークカウント数を時系列グラフで表現す…
  4. Tableau×BigQueryをコスパ良く使う方法
  5. Tableau:分かりやすいLOD – INCL…
  1. Google BigQuery

    Google Apps Scriptを使ってスプレッドシートからBigQuery…
  2. Mouseflow

    Mouseflow: MouseflowタグをWebサイトに導入する
  3. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics:WordPressやHTML5内の動画を計測する
  4. Adobe Experience Cloud

    Adobe Marketing Cloud:サインインで問題が起きたときの対処法…
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Webサイト内で発生したJavascriptエ…
PAGE TOP