Tableau

Tableau Bridgeをザックリ理解する

Tableau Bridge(タブローブリッジ)とは

Tableau Bridgeとはズバリ「オンプレミスデータを最新の状態でTableau Onlineに接続するツール」です。
※Tableau Serverを利用している方はBridgeを使う必要はありません。またBridgeの追加料金はかかりません。
ここでいうオンプレミスデータとは、クラウドで管理されているRedshiftやBigQueryなどのデータではなく、ファイヤウォールなどで保護された自社管理データのことを指します。
クラウドのデータに関してはTableau Onlineでも直繋ぎできるのですが、自社で管理するデータ(ExcelファイルやSQL Serverデータなど)をTableau Onlineに接続することはできません。
そこで登場するのが「Tableau Bridge」です。
Tableau Bridgeは自社ネットワーク上のWindows PCで動作し、ファイヤウォールの内側(ローカル)からTableau Onlineと通信することで「データを最新の状態に保つ」ことができるのです。
※最新の状態に保つとは、「抽出のスケジューリング」や「ライブ接続」のことを指します。

利用できるユーザー

Tableau Bridgeを利用できるユーザーは「Tableau Onlineを利用中の全ユーザー」です。
ただ実際に使用するユーザーとしては、Tableau Onlineで「Creator」または「Explorer(パブリッシュ可能)」のロールを持つユーザーとなります。
※つまりデータソースの所有者のことです。
ライブ接続の場合はBridgeが自動で検出され、抽出接続の場合はユーザーがスケジューリングします。
※ちなみにBridgeを管理するには、サイト管理者のロールが必要です。

流れ

(前提)アクセスしたいデータがTableau Online上に既にパブリッシュされている。

  1. Bridgeがローカルでクエリを実行し、最新のデータをOnlineに送信
  2. Online上にある既存のデータソースが最新のものに更新される
  3. Desktop / Online上のダッシュボードが最新のデータを利用できるようになる

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Tableau

    動的なリファレンスラインで個別に閾値(しきい値)を設定【Tableau】

    完成形リファレンスラインを動的に設定することのメリットリファレン…

  2. Tableau

    Tableau:KPI達成状況を把握出来るグラフを作る

    こんにちは。エクスチュア渡部です。今回はTableauで↑のように…

  3. Tableau

    Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom Ops for Tableau

    こんにちは、エクスチュアの松村です。エンタープライズ系でTab…

  4. Tableau

    Tableau 2021.1 新機能紹介

    Tableau 2021.1 新機能紹介今回の2021.1は前回ま…

  5. Tableau

    Tableau : IF文の「集計」「非集計」の混在を解決

    こんにちは、エクスチュア渡部です。これから定期的にTableauやGo…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. GASを利用してWebスクレイピングをやってみよう
  2. Adobe Analyticsを知る。
  3. Cookieを数える -アメリカ、イギリス、オーストラリアの…
  4. Google App Scriptを特定のタイミングで自動で…
  5. Google App ScriptとGoogleスプレッドシ…
  1. Google Cloud Platform

    Google Compute EngineのUbuntu VMにスワップ領域を作…
  2. IT用語集

    検疫ネットワーク(Quarantine Network)って何?
  3. Adobe Analytics

    Adobe Mobile SDK 4.xからAEP SDKに移行する
  4. Treasure Data

    Treasure Data(トレジャーデータ)でよく使う関数9選[presto]…
  5. Mouseflow

    Mouseflow:計測対象からの除外
PAGE TOP