Mouseflow

MouseflowにおけるITP対応について

今回は、今年に入ってから何かと話題なSafariのITPがMouseflowの計測に影響を与えるのかどうかについてお伝えします。

AppleやiOSのブラウザであるSafariには、”Intelligent Tracking Prevention (ITP)”と呼ばれるデータのトラッキングを防止する機能が2017年から実装されています。
今年実装されたITP2.1以降では、サードパーティーCookieだけでなくファーストパーティーCookieも制限されるようになり、頭を抱えたマーケティング担当の方も多かったのではないでしょうか。
そんなマーケティング泣かせなITPですが、Mouseflowの機能にはほとんど影響はありません。
Mouseflow本社の見解は、「ITPが主に焦点を当てているのはサードパーティーcookieとフィンガープリントであり、これらはMouseflowで使用されていないためほぼ影響はない」というものです。

ただし、いくつか注意点があります。

・ITPによりリファラーデータの一部の詳細が失われる可能性がある
 通常、別のWebサイトからリンクを介してアクセスしたときにレコーディングされた訪問者の場合、参照元としてリストされているWebサイトの完全なURLが表示されます。
 しかし、ITP2.0以降は参照元のドメインのみが表示され、完全な形でのページURLは表示されません。

・ITP2.1以降はファーストパーティーCookieの有効期限が1週間に制限されたため、7日以上経過した後の再訪問は新規となる
 訪問者がSafariブラウザを使用している場合、前回の訪問時から7日以上経過しているとMouseflowのcookieは期限切れとなってしまいます。
 そのため訪問者は新たにMouseflowのcookieを取得することになり、新規訪問者として表示されます。

今後もさらにトラッカーの制限が予測されるITPですが、新たな変更点や影響の有無等続報が入り次第またお伝えします!
この記事はMouseflow公式ヘルプガイドの以下の記事を翻訳・加筆したものです。
How does Mouseflow handle Apple Safari Intelligent Tracking Prevention (ITP)?

関連記事

  1. Mouseflow

    Mouseflow新機能その1 -レコーディングへのコメント機能

    Mouseflowに新機能が追加されました!レコーディングの任意の…

  2. タグを設定

    Mouseflow

    AdverTimes Days 2017に出展いたしました

    エクスチュアは、4/26、27に東京国際フォーラムにて開催されました「…

  3. Mouseflow

    mouseflowのプライバシー設定はシンプルで直感的なVisual Privacy Toolで!

    Webサイトを運営するにあたり、最も注意しなければならないことがユーザ…

  4. Mouseflow

    Mouseflow vs Hotjar:どちらを選ぶべき?

    みなさん、こんにちは。extureの鈴木です。みなさんがこのブログに…

  5. Mouseflow

    Web解析ツールだけでは足りない – その2

    前回はWeb解析ツールだけでは足りないというお話をしました。後半のこの…

  6. Mouseflow

    Mouseflow:レコーディングを確認する前に

    こんにちは。エクスチュアの加納です。これから、Mouseflow …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  2. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  3. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  4. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  5. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  1. Google BigQuery

    GCPのBQMLを使ってKaggleコンペに挑んでみた(その1)
  2. Google BigQuery

    Big QueryでWindow関数を用いて、累積和を計算する
  3. Adobe Launch

    DTMからAdobe Launchへの移行:4段階のアプローチ
  4. Databricks

    Databricks: Spark DataFramesをJDBCから作成する
  5. KARTE

    KARTE:カスタムイベントでページの要素を取得して接客を出す
PAGE TOP