Adobe Analytics

Adobe AnalyticsとGoogle Analyticsの違い② サンプリングの有無

こんにちは。CEOの原田です。
AAとGAの違いの2段目にいきます。

これは良く認知されている点だと思いますが、Google Analyticsはデータ量が多くなるとレポートではサンプリングが入ります。
サンプリングのしきい値(発生条件)は本家のヘルプサイトでご確認ください。

Adobe Analyticsではサンプリングが無いため、全量データが常にレポートされます。

データ量が多いものをサンプリングして数字は完全に正確な数字でないものの、時系列の傾向や順位は全量と同じであることを
期待してサンプリングをしていると思いますが、実際にレポートを見てみるとこれが違うことがあります。

下図は同じサイトで同じ発火条件で導入しているGoogle AnalyticsとAdobe AnalyticsのPVの月別推移グラフになります。(上がGA、下がAA)
白く塗られている部分はタグがうまく入ってなかったところなので無視してください。。。あとAAで2018年7月まわりの凹みもなんか怪しいので今回は触れないでおきます。。自社のデータ良いサンプルがなくてすみません。

赤丸のところを見てください。これは同じ月なのに増加の傾きが結構違ったり、AAでは減少トレンドのところがGAでは増加トレンドになっているところがあります。このような現象が起きているのは散見されるようで、例えばCVが減っているのにGAでは増えてるとレポートされてしまい、分析時に判断を間違ってしまうことがあります。

回避方法は1ヶ月ずつなどレポート期間を短くしてちょっとずつデータを出すことです… 時間がかかる。。
あるいはBigQueryにエクスポートして見る。ですね。

このようにGoogle Analyticsのサンプリングは長い期間での分析や多いデータの分析の際に影響が出てくるため、慎重に分析する必要があります。

エクスチュアはAdobe Analyticsに10年を超える長い経験を持ち他のAdobe Experience Cloud製品の
導入や活用の支援を行っています。お困りの方はこちらからお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    この情報は2016年9月時点のものです。こんにちは、エクスチュ…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使え…

  3. Adobe Analytics

    Looker: エンジニアがBIで分析ダッシュボードを作る

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はBI…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Webサイト内で発生したJavascriptエラーの内容をAdob…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今日は、Webサイト内で発…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: RSIDを間違えてしまったデータを正しいRSに入れ直す

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe An…

  6. Ad Hoc Analysis

    Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方…

    Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B…

最近の記事

  1. 【TC19ブログ】新しいデータモデリングを解説する
  2. 【TC19ブログ】セッション紹介:DataRobot×Tab…
  3. AdobeAnalytics Datafeed: BigQu…
  4. 【TC19ブログ】Tableau Conference 20…
  5. 【TC19ブログ】Tableau Conference 20…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryでパーティシペーション指標を集…
  2. Adobe Analytics

    Azure DatabricksでAdobe AnalyticsのDatafee…
  3. Google BigQuery

    Tableau : BigQueryでLOD計算が使えない場合の対処法
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介
  5. Google Cloud Platform

    Node.js+GAE: 日本語自然文を形態素解析してネガポジ判定をする
PAGE TOP