Adobe Analytics

Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

この情報は2016年9月時点のものです。

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回はAdobe AnalyticsのVisitorAPI(Marketing Cloud ID Service)を使ったSafariのクロスドメイン計測についてです。
ご存知のとおりSafariはMacOS/iOSの標準ブラウザで、3rdパーティクッキーを拒否してます。
昔はs.visitorIDに同じ値をセットして計測する方法しかありませんでしたが、これをs.visitorIDを使わずにVisitorAPIの機能だけで実装してみます。

指定ドメインへのリンク先URLの末尾に、自動的に訪問者IDパラメータを付与してドメイン遷移する方法です。
VisitorAPI v1.7.0以上で使えるようになりました。
Append Visitor ID Helper Function

DTMを使ってAnalyticsとVisitorAPIを導入している場合は、下記の方法です。
How to set Marketing Cloud ID Service helper function in Adobe DTM
ページ読み込みルールを作成して、3rdパーティJavascriptタグとしてこの関数を実行します。

で、実はGAのautoLinkerのようなものを期待してたのですが、違いました。
この関数は結局渡したURL文字列に対してmidをつけてくれるだけなので、JQuery使ってこんな感じで実装しました。
「DOM Ready 発生時」に、「非順次JS」で動くようにします。

//遷移元ドメインA
var visitor = Visitor.getInstance ("foobar12345@AdobeOrg",{
	trackingServer: "example.sc.omtrdc.net"
});

var domainB="www.example.com"; //遷移先ドメインB
$("a").each(function(){
	var chk = $(this).attr("href");
	if ((typeof chk != "undefined") && (chk.indexOf(domainB) > 0)) {
		var newlink = visitor.appendVisitorIDsTo(chk);
		$(this).attr("href", newlink);
	}
});

ページ読み込みじゃなくて、クリックのタイミングでhref書き換えるやり方でも良かったか。まぁ、好きなやり方で実装すれば良いかと。

あと、遷移先ドメインのDTMプロパティでは、Marketing Cloud ID サービスにoverwriteCrossDomainMCIDAndAID: trueの設定を追加します。

これで、遷移元ドメインAからドメインBに遷移したときに、同じmidがセットされてればOKです。

今回はAdobe AnalyticsでSafariのクロスドメイン計測を行う方法について紹介しました。

※2020年4月13日追記
ITP2.2によって、クロスサイトパラメータを使った計測は訪問者クッキーの有効期限が24時間に制限されるようになりました。
このブログで紹介した方法もITP2.2の対象になります。

弊社では、Adobe Analyticsの実装支援サービスを提供しております。
お問い合わせはこちら

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    AA + GA : SafariのITP2.1に備えてphpでクッキーを永続化する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをBigQueryで集計する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics + Google BigQueryでよく使うSQL例 6選

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMeasurement.…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:計算指標でevents変数を後付けでパーティシペーションにする

    こんにちは。CEOの原田です。なるべくこのブログでは新しめな内容を…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsに入り切らないデータをBigQueryに投入する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  2. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  3. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  4. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  5. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  1. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:初日目
  2. ヒートマップ

    ユーザビリティの検証で気を付けたいこと、やってはいけないこと②
  3. ヒートマップ

    Mouseflowの新機能:ライブヒートマップで動的なヒートマップ分析が可能に!…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:マーケティングチャネルの設定方法 全流入経路を1…
  5. セッションリプレイ

    セッション・リプレイのレコーディングをローカルに保存する
PAGE TOP