Databricks

Databricks: Spark DataFrameでユーザー定義関数を使う

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回はDatabricksにおける、Spark DataFrameのユーザー定義関数(UDF)の作り方についてです。

Spark DataFrameのUDFを作るためには、以下の3点がポイントです。

・Scalaで関数を作成する
・DataFrameで使うSQL用のUDFを登録する
・DataFrameで使うScala用のUDFを登録する

試しに、URLエンコードされた文字列をデコードしてくれるdecodeUrl関数を作ります。

1. Scalaで元の関数を作成する

まずはScalaで関数そのものを書きます。

import java.net.URLDecoder

def decodeUrl(x:String): String = {
  URLDecoder.decode(x, "UTF-8")
}

ScalaはJavaのライブラリを使えるので便利ですね。
関数を宣言したら、動作確認をします。

decodeUrl("%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%88%e3%81%8a")

実行すると、「あいうえお」というStringが返ってきます。

作成した関数を実行

 

2. 関数をUDFとして登録して利用する

このdecodeUrl関数をUDFとして登録します。

val decodeUrlScalaUDF = spark.udf.register("decodeUrlSqlUDF", (x:String) => decodeUrl(x))

分かりやすくするためにUDFの名前を分けてます。
SQLで使うUDFとしてdecodeUrlSqlUDFを登録して、さらにScalaで使うUDFとして同時にdecodeUrlScalaUDFも登録します。

このUDFを使って、URエンコードされたカラムをデコードします。

display(adbDF.filter('page_url.contains("%"))
        .select('page_url, decodeUrlScalaUDF('page_url) as "decodedUrl")
        .limit(10))

Adobe AnalyticsのデータフィードでDataFrameを作成している前提です。
page_urlカラムには、エンコードされたURLが計測されているので、それをデコードしてます。

Scala用UDFを実行

URLエンコードされているデータが、decodeUrlScalaUDFによってデコードされて表示されました。

 

3. UDFをSQLで実行する

SQLでもUDFを実行してみます。
createOrReplaceTempViewで先にテーブルを作っておいてから実行します。

%sql
select page_url, 
decodeUrlSqlUDF(page_url) as decoded_url
from adbDF
where page_url like '%\%%'
limit 10

実行するUDFはSQL用のdecodeUrlSqlUDFです。

SQL用のUDFを実行

SQLでもURLがデコードされました。

 

自作のUDFを使えば、ビルトインのメソッドだけでは実現出来ない複雑な処理を使ったクエリの作成が可能になります。

弊社はデジタルマーケティングからビッグデータ分析まで幅広くこなすデータ分析のプロ集団です。
Databricksのコンサルティング/導入支援についてのお問合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまでどうぞ。

関連記事

  1. Amazon Web Services

    Databricks Community Editionを使ってApache Sparkを無料で学ぶ…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Google BigQuery

    GCP: 今月のGCP課金額をslackに自動的に書き込む

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント設定を作成・更新する…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe AEP SDKをTypeScriptで開発したReactNativeアプリに実装する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Google Analytics

    Cloud FunctionsとOpenWeather APIを使ってGoogle Analytic…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Mobile SDK 4.xからAEP SDKに移行する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

最近の記事

  1. KARTE 「フローイベント」
  2. KARTE – 「コンテキストイベント」を活用し…
  3. KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこ…
  4. YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介
  5. Tableau 2021.1 新機能紹介
  1. Adobe Analytics

    GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの「s」オブジェクトにコ…
  2. Google Analytics

    Google Analytics: アプリSDKのclientIDを取得する
  3. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsのDatafeedをBigQueryのColumn…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標
  5. Mouseflow

    Mouseflow:検索の仕様
PAGE TOP