Google BigQuery

GoogleNext 2019レポート:3日目

こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。

Twitter:@exturekwon

GoogleNext2019の3日間が終わりました。

最終日の3日目はキーノートはなかったので、朝からブレークアウトセッションに参加。
その中から、BigQuery関連のセッションを2つ紹介します。

Unlocking the Power of Google BigQuery

BigQueryのアーキテクチャと新機能(アルファ版)についてのセッションでした。

BigQueryのアーキテクチャ

BigQueryのメタデータ管理にはSpannerの技術も流用されるのかーと関心しつつ、新機能「Scripting」のリリースが驚きでした。

動画の22:30過ぎから出てきますが、BigQueryにスクリプト機能が実装されました。
クエリをループしたり、条件分岐でクエリを変えたりなど、従来なら何度も繰り返しクエリを実行する必要があった処理も、ひとつのクエリの中で実行出来る訳です。
プロシージャのような使い方が出来ますね。

例えば複数の会員データソースから同じユーザーを名寄せする処理においてユーザーを識別するキーが重複しなくなるまでクエリを回し続けるなんて処理がSQLだけで出来る事が期待されます。

また、UDFもアップデートがありました。
従来はテンポラリなUDFしか作れませんでしたが、今後は永続UDFもサポートされます。
クエリを実行する度にUDFを書く必要がなくて、UDFを一度宣言しておけば、他のクエリからでも使える訳です。

BigQueryがどんんどん痒いところに手が届いてくように進化します。

Making Planet Scale Geospatial Processing Possible with BigQuery GIS

BigQuery GISとEarth Engineを使って、AIS船舶位置情報+衛星データを元に違法操業してる漁船を見つけ出すという事例です。

BigQuery GIS + Earth Engine

まずAISデータを機械学習する事で、船の動きからその船舶が漁船なのか一般船舶なのかを判定します。
しかし違法操業船はAISデータなんて発信しません。

なので、今度は衛星データの中からAIS信号を発信している漁船と、AIS信号に一致しない漁船を識別して、どこで違法操業が行われてるかというのを見つけ出す事例でした。

BigQuery GISと空間データを使った分析は今後も需要が増えそうです。

漁船とその他の船舶を識別

というわけで、あっという間の3日間でした。

弊社はGCPサービスパートナーです。
来年のGoogle Nextに一緒に参加してくれる仲間を募集しております。
お問合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Google BigQuery

    BigQueryのユーザー定義関数(UDF)をTableauで使う

    こんにちは、エクスチュアの渡部です。今回はTableauでstan…

  2. Cloud Dataflow

    データアナリスト/データエンジニア向けNext19まとめ

    こんにちは、エクスチュア渡部です。2019/4/9-4/11に行わ…

  3. Google Cloud Platform

    Looker: サンバーストグラフを使って階層データを可視化する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Twi…

  4. Google BigQuery

    OWOX BI: GoogleSheetsアドオンでBigQueryをお手軽ビジュアライズ

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。Twi…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをDataStudioで…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。Twitter:@ex…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DatafeedをGoogle BigQueryにロード(2019…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東/コン・ヨンドン(@exturekwo…

最近の記事

  1. DTMからAdobe Launchへの移行:4段階のアプロー…
  2. Metabotを使ってSlackにMetabaseのグラフを…
  3. GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの「…
  4. Metabase: カスタムマップで日本地図を追加する
  5. オープンソースBI「Metabase」の使い勝手が丁度良かっ…
  1. ObservePoint

    機会損失を未然に防ぐ!ユーザエクスペリエンスシミュレーター”WebJ…
  2. Salesforce

    Zapier(ザピエル)経由でSansanで取り込んだ名刺をSalesforce…
  3. Tableau

    Tableau:分かりやすいLOD – INCLUDE編
  4. Tableau

    Tableau:KPI達成状況を把握出来るグラフを作る
  5. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by…
PAGE TOP