GA 360 Suite

GoogleDataStudio:GoogleAnalyticsのカスタムチャネルグループをCASE文で再現する

こんにちは。エクスチュアの渡部です。

DataStudioの小ネタです。Google Analyticsをデータソースにしていると、
カスタムチャネルグループがディメンジョンとして選択出来ないことに気づくと思います。
GoogleDataStudioでは現時点ではカスタムチャネルグループをサポートしていません。

代替案として、CASE文を使用する方法があります。
CASEの詳細な説明については、公式ヘルプが一番分かりやすいと思うので割愛しますが、
簡単に言うと、「参照元がXXXXで、参照元/メディアがXXXXなら’****’という名前にする」
といったようなグループ分けを可能にする関数です。

CASEについて(公式ヘルプ)

例えば、デフォルトチャネルグループをあえてCASE文で実現するならこんな感じですね。

———-

CASE
WHEN ( ( 参照元 = “direct” AND メディア = “(not set)” ) OR メディア = “(none)” ) THEN “ノーリファラー”
WHEN メディア=”organic” THEN “オーガニック検索”
WHEN ソーシャル メディアからの参照=”Yes” OR REGEXP_MATCH(メディア,”^(social|social-network|social-media|sm|social network|social media)$”) THEN “ソーシャル”
WHEN メディア=”email” THEN “メール”
WHEN メディア=”affiliate” THEN “アフィリエイト”
(略)
END

注:WHEN~THEN ”の塊は上から順に処理されます。複数のWHEN句にあてはまるレコードは、より上にあるグループに振り分けられます。

———-

CASE式の準備が出来たら、
データソースの編集画面から+マークを押し、
作成した計算式を以下のように入れます。

あとは、グラフでディメンションとして使うのみです。

————-

エクスチュアはGoogleCloudの公式パートナーです。
DataStudioやGoogleAnalyticsをはじめ、
GCP、Firebaseなどに精通したスタッフが、ETLから可視化までサポートします。

お問い合わせはこちらから

 

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをDataStudioで…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Google Analytics

    Google Tag Manager上でGoogle AnalyticsのclientIDを取得する…

    2018/4/20追記:この記事の内容は古いので、下記の新しい記事…

  4. GA 360 Suite

    Google Analytics 360: BigQueryを使ってアトリビューション分析で91日以…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Google Analytics

    Cloud FunctionsとOpenWeather APIを使ってGoogle Analytic…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Firebase Analytics

    GoogleAnalytics Apps+Web プロパティをBigQueryと連携したついでにフラ…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. KARTE 「フローイベント」
  2. KARTE – 「コンテキストイベント」を活用し…
  3. KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこ…
  4. YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介
  5. Tableau 2021.1 新機能紹介
  1. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by…
  2. Adobe Analytics

    Adobe AEP SDKをTypeScriptで開発したReactNative…
  3. Databricks

    Databricks: Delta Lakeを使ってみる
  4. Databricks

    Databricks: Spark DataFrameでピボットグラフを作る
  5. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: Unravel Customer …
PAGE TOP