Google Analytics

Google Tag Manager上でGoogle AnalyticsのclientIDを取得する:その2 customTask編

この情報は2018年4月当時の情報です。

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

以前このブログで Google Tag Manager上でGoogle AnalyticsのclientIDを取得する という記事を書きました。
しかし内容が古く、今は customTask という機能を使った方が早いので紹介します。

参考にしたのは、GTMといえばこの方。Simo Ahava氏のブログです。
#GTMTips: Use customTask To Access Tracker Values In Google Tag Manager

1. カスタムJavascript変数を作成する

まずはclientIDを計測するためのカスタムディメンションを決めてください。
今回はカスタムディメンション1を使います。

そして下記のJavascriptを使って、ClientID という名前のカスタムJavascript変数を作成します。

名前: ClientID
中身:

function() {
  var customDimensionIndex = "1"; //カスタムディメンション番号を指定する。ここでは1。
  return function(model) {
    model.set('dimension' + customDimensionIndex, model.get('clientId'));
  }
}

2. GA設定にcustomTaskフィールドを追加

そしてGAユニバーサルアナリティクスのタグに、customTaskというフィールドを追加して、そこで先程作った{{ClientID}}変数をセットします。
customTaskというフィールドはこの記事を書いてる時点でGTMの選択肢には出て来ませんが、気にせず打ち込んでください。

[Googleアナリティクス設定変数]を使っている場合は、そこでフィールドを追加設定出来ます。
個別のタグに設定したい場合は、各タグの[このタグでオーバーライド設定を有効にする]項目にチェックをいれて、設定を追加出来ます。

詳細設定 > 設定するフィールド
フィールドの名前: customTask
値: {{ClientID}}

あとはプレビューモードでテストして、カスタムディメンション1にclientIDが入っていれば公開してください。
とても簡単になりました。
前はイチイチ別イベントでClientIDを送るダサい実装をしてましたが、これなら通常のページビューヒットにclientIDがセットされます。

今回はcustomTask機能を使ってGoogle AnalyticsのclientIDを取得する方法についてでした。
弊社ではGoogle AnalyticsやAdobe AnalyticsなどのWeb解析ツールの導入支援を行っております。
お問合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Firebase Analytics

    GoogleAnalytics Apps+Web プロパティをBigQueryと連携したついでにフラ…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. GA 360 Suite

    BigQuery: Google Analytics 360のネストされたデータをフラット変換するS…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Google Analytics

    Google Analytics StandardのデータをBigQueryで分析するための力技

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    続・SafariのITP2.x対策として別サーバー使ってクッキーを永続化する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Google Cloud Platform

    Server-side GTM を Google AppEngine にデプロイする

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Google Analytics

    Google Analytics: アプリSDKのclientIDを取得する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  2. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  3. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  4. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  5. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  1. Sansan

    Sansanで名刺を取り込んだらSlackで社内共有する(Zapier利用)
  2. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: Welcome
  3. Tableau

    【TC19ブログ】セッション紹介:DataRobot×TableauでAIを民主…
  4. ObservePoint

    ObservePoint:タグ管理の救世主!サイト監査ツールのご紹介
  5. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: Building for a Co…
PAGE TOP