Mouseflow

分析対象を絞り込むフィルター機能

前回はセッション・リプレイについてご説明しました。 セッション・リプレイは訪問者の実際の行動を把握するにはとても有効なツールですが、セッション・リプレイは訪問ごとにレコーディングされるので、例えば1ヶ月に10000回の訪問があればレコーディングの数も10000になります。
10000のレコーディングの全てを見るわけにはいきませんから、何らかの条件で対象を絞り込む必要があります。 Mouseflowには分析対象のレコーディングやヒートマップを絞り込むフィルター機能があり、セッション・リプレイやヒートマップの一覧画面で、分析対象を絞り込むことができます。

フィルター条件設定画面
デフォルトで用意されているフィルター条件には下記のものがあります。
  • 訪問者の国、OS、ブラウザ種別、デバイス種別、初回/再訪問等
  • 訪問時に閲覧したページ数
  • 訪問時の滞在時間
  • 訪問時の入口/出口ページ、特定のページを含む/含まない
  • フォームの操作や送信時にMouseflowが自動的に付加するタグ
上記以外にも、もしサイトで訪問者の属性等を取得可能であれば、それらの情報をカスタム変数/タグを使ってレコーディングやヒートマップに紐付けることができます。紐付けられた情報は、フィルター機能で対象の絞り込みに使用可能です。
レコーディングやヒートマップに限らず、Webの分析ツールを選ぶ際には、いかに分析対象を細かくセグメント出来るかが一つの重要な判断基準になると言えます。
以上、Mouseflowのフィルター機能についてのご説明でした。 高機能ヒートマップツール「Mouseflow」について気になることがありましたら、画面上部の「お問合せ」よりお気軽にお問合せください。

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Mouseflow

    Mouseflow:検索の仕様

    こんにちは。エクスチュアの加納です。今回は、Mouseflow…

  2. Mouseflow

    Mouseflowのフィルター機能が変わりました!

    Mouseflowのフィルター機能がパワーアップし、より簡単に素早…

  3. Mouseflow

    Mouseflowのセッションリプレイのしくみ

    皆さんこんにちは。菅原です。今回は、ユーザー行動分析ツール Mous…

  4. Adobe Analytics

    【超わかる】WEB解析の全貌

    はじめにこんにちは!インターン生の與那覇(ヨナハ)です今回は時代の…

  5. Mouseflow

    【Tips】mouseflowを使ってたった5分でコンバージョン率を上げる方法

    タイトルがまるで怪しげなスパムメールのようですが、そんなことは気にせず…

  6. Mouseflow

    Mouseflow:計測対象からの除外

    こんにちは。エクスチュアの加納です。今回は、Mouseflow…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 第14回関西DB勉強会-Snowflake Summit参加…
  2. Open Interpreter+VScode+Docker…
  3. LangChainって何?: 次世代AIアプリケーション構築…
  4. 回帰分析はかく語りき Part1 単回帰分析
  5. GitHub ActionsでGCEへのデプロイを楽にしてみ…
  1. ヒートマップ

    【Tips】フリクションとは?
  2. ObservePoint

    ObservePointの価値とは
  3. IT用語集

    Macのプロキシ設定を"簡単に"解説してみた
  4. ChatGPT

    ChatGPT ProからClaude3 Proへ移行した話
  5. Google Cloud Platform

    Node.js+GAE: 日本語自然文を形態素解析してネガポジ判定をする
PAGE TOP