Ad Hoc Analysis

Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方法

Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B または C または D または E または F」のように、
複数の条件を設定することがありますが、この条件を1つ1つドラッグアンドドロップ→入力・・・とやっているととても面倒です。

今回は上記のような悩みを解消する、Ad Hoc Analysisで可能なセグメント技を紹介します。

手順1.Ad Hoc Analysisで、セグメントの条件にしたいディメンションのレポートを開く

手順2.セグメント条件にしたいディメンションの値をSHIFTを押しながら複数選択する。

手順3.右クリックして、セグメントを作成をクリック。

(こんな感じです)
adhoc1

手順4.選択したものがすべてセグメントの条件として選択されているので
ORをANDに変えたり、これらを一つのコンテナに入れるなどして編集してセグメントを完成させる。

adhoc2

 

このような形でセグメントビルダーが開きます。

 

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsからDWHレポートをGoogle Cloud Storageにアップロ…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。以前、AdobeAna…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。弊社Webサイトでは「どこ…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能

    こんにちは、CEOの原田です。今回は随分前から公開されてるのに…

  4. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回は…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    この情報は2016年9月時点のものです。こんにちは、エクスチュ…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使え…

最近の記事

  1. Azure DatabricksでAdobe Analyti…
  2. GoogleDataStudio:複数のデータソースにフィル…
  3. Node.js+GAE: 日本語自然文を形態素解析してネガポ…
  4. Tableauで半円型のゲージを作る方法
  5. Looker: サンバーストグラフを使って階層データを可視化…
  1. Cloud Dataflow

    データアナリスト/データエンジニア向けNext19まとめ
  2. Adobe Analytics

    Azure DatabricksでAdobe AnalyticsのDatafee…
  3. Adobe Analytics

    BigQuery: Adobe Datafeed: event_listカラムの…
  4. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:初日目
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsに入り切らないデータをBigQueryに投入する
PAGE TOP