Ad Hoc Analysis

Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方法

Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B または C または D または E または F」のように、
複数の条件を設定することがありますが、この条件を1つ1つドラッグアンドドロップ→入力・・・とやっているととても面倒です。

今回は上記のような悩みを解消する、Ad Hoc Analysisで可能なセグメント技を紹介します。

手順1.Ad Hoc Analysisで、セグメントの条件にしたいディメンションのレポートを開く

手順2.セグメント条件にしたいディメンションの値をSHIFTを押しながら複数選択する。

手順3.右クリックして、セグメントを作成をクリック。

(こんな感じです)
adhoc1

手順4.選択したものがすべてセグメントの条件として選択されているので
ORをANDに変えたり、これらを一つのコンテナに入れるなどして編集してセグメントを完成させる。

adhoc2

 

このような形でセグメントビルダーが開きます。

 

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Cloud Platform Auditor

    AdobeSummit 2020レポート: “Connecting Experiences Acro…

    こんにちは。エクスチュアインターン生の上園です!…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント設定を作成・更新する…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:計算指標でevents変数を後付けでパーティシペーションにする

    こんにちは。CEOの原田です。なるべくこのブログでは新しめな内容を…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:Report Builderの小技:リクエストのあるシートを丸ごとコ…

    エクセルでの定期レポートを作る際に、一度データブロックを作っておけば以…

  5. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: The Customer Experience Man…

    こんにちは。エクスチュアインターン生の畝川(せがわ)です。今回…

  6. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2020レポート: Building for a Cookie-less …

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  2. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  3. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  4. databricksのnotebookを使ってみよう その1…
  5. databricks:GCPで利用を開始する
  1. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:初日目
  2. GA 360 Suite

    Google Analytics 360 + BigQueryでよく使うSQL例…
  3. Google Analytics

    Google Analytics StandardのデータをBigQueryで分…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:Report Builderの小技:リクエストの…
  5. Google Cloud Platform

    Node.js+GAE: 日本語自然文を形態素解析してネガポジ判定をする
PAGE TOP