Ad Hoc Analysis

Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方法

Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B または C または D または E または F」のように、
複数の条件を設定することがありますが、この条件を1つ1つドラッグアンドドロップ→入力・・・とやっているととても面倒です。

今回は上記のような悩みを解消する、Ad Hoc Analysisで可能なセグメント技を紹介します。

手順1.Ad Hoc Analysisで、セグメントの条件にしたいディメンションのレポートを開く

手順2.セグメント条件にしたいディメンションの値をSHIFTを押しながら複数選択する。

手順3.右クリックして、セグメントを作成をクリック。

(こんな感じです)
adhoc1

手順4.選択したものがすべてセグメントの条件として選択されているので
ORをANDに変えたり、これらを一つのコンテナに入れるなどして編集してセグメントを完成させる。

adhoc2

 

このような形でセグメントビルダーが開きます。

 

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Twi…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics + Google BigQueryでよく使うSQL例 6選

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Twi…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

    Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    この情報は2016年9月時点のものです。こんにちは、エクスチュ…

  5. Adobe Experience Cloud

    Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取り早く回避する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。Twitter:@ex…

  6. Adobe Analytics

    Adobe AEP SDKでReactNativeアプリを計測する (Android編)

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Twitt…

最近の記事

  1. Adobe AEP SDKをTypeScriptで開発したR…
  2. DTMからAdobe Launchへの移行:4段階のアプロー…
  3. Metabotを使ってSlackにMetabaseのグラフを…
  4. GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの「…
  5. Metabase: カスタムマップで日本地図を追加する
  1. Tableau

    Tableau:抽出を含んだワークブックを10.4以下にダウングレードする
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをD…
  3. ObservePoint

    ObservePoint:強力でアツい機能を持つサイト監査ツールの紹介
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスド…
  5. Tableau

    Tableau:分かりやすいLOD – INCLUDE編
PAGE TOP