Adobe Analytics

Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使える機能ですが、うまい使い方がまだそこまでは普及していないようです。
今回は一つの使用例を紹介します。

使う関数は「IF」です。

構文は

IF 条件
Yesの場合の計算指標
Noの場合の計算指標

というような形です。

これを活かして、アクセスが極小のページを無視する指標を作ってみます。
以下のような計算指標になります。

IF 訪問回数 大きい 100

Yesの場合:CV数 ÷ 訪問回数

Noの場合:0

これはCVRの計算ですが、訪問回数が100以下のディメンションではCVRをゼロにするというものです。

これで何が良いかというと、レポート画面でCVRで降順に並び替えた場合、従来だと訪問回数が1でCVRが100%(あるいはなぜか200%,300%~)のページが並んでいたのが、
アクセス数が一定以上あるページのみで評価できることです。

ちょっとした小技にはなりますが、一つの使用例として記します。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Looker: エンジニアがBIで分析ダッシュボードを作る

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はBI…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DatafeedのログからパスフローレポートをBigQueryで作…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。以前このブ…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe An…

  4. Adobe Experience Cloud

    Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取り早く回避する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。Adobe Targe…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント設定を作成・更新する…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe Ma…

最近の記事

  1. Adobe AnaltyicsとGoogle Analyti…
  2. Tableau:抽出を含んだワークブックを10.4以下にダウ…
  3. Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をB…
  4. AdobeAnalyticsでReactNativeアプリを…
  5. Adobe Analytics: BigQuery+Look…
  1. Mouseflow

    Mouseflow:レコーディングを確認する前に
  2. Firebase Analytics

    Firebase Analyticsの新しいBigQueryスキーマを試す
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: カスタムリンク計測を1行で書く
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能…
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント…
PAGE TOP