Adobe Analytics

Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使える機能ですが、うまい使い方がまだそこまでは普及していないようです。
今回は一つの使用例を紹介します。

使う関数は「IF」です。

構文は

IF 条件
Yesの場合の計算指標
Noの場合の計算指標

というような形です。

これを活かして、アクセスが極小のページを無視する指標を作ってみます。
以下のような計算指標になります。

IF 訪問回数 大きい 100

Yesの場合:CV数 ÷ 訪問回数

Noの場合:0

これはCVRの計算ですが、訪問回数が100以下のディメンションではCVRをゼロにするというものです。

これで何が良いかというと、レポート画面でCVRで降順に並び替えた場合、従来だと訪問回数が1でCVRが100%(あるいはなぜか200%,300%~)のページが並んでいたのが、
アクセス数が一定以上あるページのみで評価できることです。

ちょっとした小技にはなりますが、一つの使用例として記します。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics:WordPressやHTML5内の動画を計測する

    こんにちは、エクスチュアの鈴木です。Adobe Analyti…

  2. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by ObservePo…

    こんにちはCEOの原田です。本日は先日より利用可能になったAdob…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: RSIDを間違えてしまったデータを正しいRSに入れ直す

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe An…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: ランドスケイプの「企業ログ解析データベースAPI」と連携する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はランドスケイプの…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: AppMeasurement.jsの実装開発作業に使うツール Ja…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe Anal…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

    Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は…

最近の記事

  1. Google Compute EngineのUbuntu V…
  2. Firebase Analyticsの新しいBigQuery…
  3. Adobe Cloud Platform Auditor (…
  4. Google Analytics Standardのデータを…
  5. Google Tag Manager上でGoogle Ana…
  1. Mouseflow

    Mouseflow:計測対象からの除外
  2. Google BigQuery

    Tableau : BigQueryでLOD計算が使えない場合の対処法
  3. Tableau

    Tableau:Presto APIを使ったTreasure Dataへのデータ…
  4. Tableau

    Tableau : IF文の「集計」「非集計」の混在を解決
  5. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by…
PAGE TOP