1. Salesforce

    Zapier(ザピエル)経由でSansanで取り込んだ名刺をSalesforceに取り込む

    Sansanは名刺をスキャンしたら名刺の内容を(それなりの精度で)デジタルデータに直してくれるサービスです。読めない漢字「●」とかにしないで欲しいマジで。あ…

  2. Sansan

    Sansanで名刺を取り込んだらSlackで社内共有する(Zapier利用)

    こんにちは。CEOの原田です。当ブログにて、エクスチュア株式会社がどのようにテクノロジーを駆使しているかの事例も共有します。今回は名刺管理システムの…

  3. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by ObservePo…

    こんにちはCEOの原田です。本日は先日より利用可能になったAdobe Cloud Platform Auditorを使ってみたので報告します。Ado…

  4. Pardot

    Pardotの初期セットアップをする① DNSレコード設定とトラッカードメイン設定

    こんにちは。CEOの原田です。今回はSalesforce社の提供するB2B向けマーケティングオートメーションツールのPardotの初期セットアップ手順を紹介…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能

    こんにちは、CEOの原田です。今回は随分前から公開されてるのにさっぱり使われている気配のない貢献度分析について紹介します。最近のアップデートによって…

  6. ObservePoint

    ObservePoint:強力でアツい機能を持つサイト監査ツールの紹介

    こんにちは。エクスチュアの原田です。今回はエクスチュアが日本の会社で唯一パートナーとなっているサイト監査ツール「ObservePoint」について紹介し…

  7. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

    Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は使えるようになっていました。試しに使ってみたら思ったよりも使えそうだったので紹介します…

  8. Adobe Experience Cloud

    Adobe Marketing Cloud:サインインで問題が起きたときの対処法

    Adobe Marketing Cloud(AMC)は、Adobe IDを使ってログインできます。AMC経由でログインすれば、AnalyticsやTarget、…

  9. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①

    Adobe Analyticsの便利な機能のセグメント。便利なのですが仕様を分かっていないと落とし穴にはまることがあります。今回は落とし穴の一例として、「意図し…

  10. Ad Hoc Analysis

    Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方…

    Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B または C または D または E または F」のように、複数の条件を設定することが…

  1. Tableau

    【TC19ブログ】Tableau新データモデリング(リレーションシップ)解説
  2. Adobe Analytics

    AA + GA : SafariのITP2.1に備えてphpでクッキーを永続化す…
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsに入り切らないデータをBigQueryに投入する
  4. Adobe Analytics

    Adobe Summit 2020レポート: Advanced Techniqu…
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①…
PAGE TOP