KARTE

CXツール「KARTE」ってどんなツール?主な機能や魅力をざっくり紹介!

 

こんにちは!エクスチュアインターン生の上園です。

今回はCXプラットフォームKARTE(カルテ)の主な機能や魅力などを紹介します。

KARTEについて全く知らない方でも分かりやすい解説にしていますので、ぜひ最後まで読んでいただけると大変うれしいです!

では、早速ですがに内容に入っていきましょう。


KARTEとは?


KARTEを簡単に説明すると…

ユーザーの過去やリアルタイムの行動データに基づいて、”一人ひとり”に合わせた最適な接客を提供できるツール

 

です。

従来のマーケティングツールによると訪問回数やページビュー数、離脱率など指標によって顧客の行動を予想し、接客施策を考えていくのが主流であると思います。また、その接客も一括にすべてのユーザーに対して同じ内容の広告を打つということも少なくないと思います。

 

ここで、KARTEによればリアルタイムでの解析により、ユーザーの行動データが可視化されるため、視覚的にユーザーの特徴が把握できるだけでなく、即座にその特徴や行動履歴によるセグメントに基づいてポップアップなどの接客アクションを出し分けることが可能です。このように、スピーディに解析から得たデータを活用してユーザーひとりひとりに向き合った最適かつ効果的な施策を打てることがKARTEの大きな強みです。

 

次に、私が考えるKARTEの魅力について紹介します。


KARTEの魅力


 

  • シンプルでインタラクティブなユーザー解析

KARTEはユーザーのサイト内での滞在時間や特徴的なアクションをもとに顧客の感情や満足度をスコアで表現します。また、ポップアップによるアンケート機能なども活用すれば直接ユーザーからインタラクティブにデータを取得することが可能です。従来のツールと比較し、より素早くかつ容易に顧客の満足度や売上に直結するような重要なデータにリーチすることが可能になります。一方的な分析ではなく、ユーザーの立場も含めた双方向で解析を進めることができることが大きな魅力です。

外部のサービスと連携をすれば、オフラインのデータなども含めたより深く広い解析が実現できます。

 

 

  • 多様で自由度の高い接客アクション

KARTEは多様な選択肢から自由にカスタマイズして接客アクションを実施することが可能です。ポップアップやアンケート、メール、SMSなど用途や目的に応じて最適な接客を皆さんの手で簡単に作成することが可能です。設定もシンプルで対象のページやトリガー、頻度等を選択するだけで簡単に接客アクションが作成できます。

接客アクションに関する解説は他のブログにもいくつか紹介されていますし、随時コンテンツを追加していこうと思います!

 

 

  • シンプルなUI

ここが個人的にとても魅力的な特徴であると感じています。

KARTEは非常にシンプルなUIで、だれでも簡単に触れることが大きな魅力です。

従来であれば、専門的な作業だと考えられている分析やマーケティングですが、KARTEを使えば、専門的な知識がなくてもKARTEが自動で作成するさまざまなレポートやリアルタイムでのデータをもとに分析を行い、問題点や改善すべきポイントを発見することができます。

また、社内のさまざまな部署のメンバーがKARTEを触れる環境を設けることで、多様な意見やアイデアが生まれる環境を創造することも可能になります。

 

 


最後に


 

いかがだったでしょうか。

KARTEは効率的かつ効果的なPDCAサイクルで、貴社のサイトのクオリティや顧客体験をより素早く、そして最大限に向上させることができます。

エクスチュアでは、KARTEの導入および活用支援を行っています。

ツール導入をご検討の方や活用に困っている方はぜひこちらからお問い合わせください。

 

では、次回の投稿もぜひお楽しみに。


KARTE公式: https://karte.io/

エクスチュア/KARTE活用支援: https://www.ex-ture.com/karte/

関連記事

  1. Adobe Analytics

    AdobeAnalyticsでReactNativeアプリを計測する

    この記事は2018年12月7日現在の情報を元にしているのと、レガシーA…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能

    こんにちは、CEOの原田です。今回は随分前から公開されてるのに…

  3. Google Analytics

    Google Analytics: ユニバーサルアナリティクスの拡張Eコマース用dataLayerを…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Google Cloud Platform

    Server-side GTM を Google AppEngine にデプロイする

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Google Analytics

    Server-side GTMのGAビーコンログをBigQueryにエクスポートして分解する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. KARTE – 「コンテキストイベント」を活用し…
  2. KARTE:最低限!KARTEの運用管理のためにやっておくこ…
  3. YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介
  4. Tableau 2021.1 新機能紹介
  5. YOTTAA:ECサイトで見るべき8つのサイトパフォーマンス…
  1. Adobe Analytics

    Looker: Sankey Diagramを使ってサイト内フローを可視化する
  2. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:初日目
  3. Adobe Analytics

    Adobe新タグ登場って本当?AEP Web SDKって何だ?
  4. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: Adobe I/OのAPIを使ってSAINT分類…
  5. KARTE

    KARTE Blocks データプランナーの強い味方!!
PAGE TOP