Tableau

あなたのTableau(タブロー)が重い理由【パフォーマンスの記録】

はじめに

Tableauを利用している人のほとんどが経験しているであろう「ダッシュボードが重い」という悩み。
原因はデータの取り込み量が多すぎたり、レイアウトが重かったり、クエリの処理に時間がかかっていたりと様々です。
今回は、そんな悩めるTableauユーザーに向けて参考になる記事がかければと思います!
では早速みていきましょー!!✨

【結論】ワークブックのパフォーマンスを記録・分析する

Tableauには「ワークブックのパフォーマンスを記録する」という機能がデフォルトで入っています。
(いちいちプログラムを書く必要がないので本当に楽)
例えば、以下でTableau Desktopサンプルスーパーストアのパフォーマンスを見てみます。
①「ヘルプ」>②「設定とパフォーマンス」>③「パフォーマンスの記録を開始」

④「フィルターを変更」>⑤「他シートにも移動して、フィルターやパラメーターを変更」

⑥「ヘルプ」>⑦「設定とパフォーマンス」>⑧「パフォーマンスの記録を停止」

すると、以下のダッシュボードが自動で生成されます。

1ページでは「パフォーマンスサマリー」がまとまっていますが、これだと情報量が少なすぎるので赤枠にある「タイムライン(Timeline)」「イベント(Events)」などを選択してより細かな分析をしていきます。
例えば、イベント(Events)では以下の画面が表示されます。

このグラフ上でマウスホバーすればツールヒントで詳細を閲覧できるのですが、一目で把握できるように以下のように指標を入れ替えます。
※好みの問題なので入れ替えなくても大丈夫です。

ここで判明したボトルネックを見直していくことで、よりパフォーマンスの高いダッシュボードを作成することができます。
(サンプルスーパーストアは抽出を使用していることもあり、かなりパフォーマンスが良いですねw)

パフォーマンスの記録で分析できる8つのこと

1. クエリの実行クエリの処理時間を算出。LIVE接続の際に最もよく見られる)
→「抽出」への変換を検討する。フィルターの数が多ければ「コンテキストフィルター」などの利用を検討する。
2. クエリのコンパイル(Tableau内のSQLを機械語に翻訳する時間)
→「長い計算式」「LOD計算」などを見直す。参照元データベースで処理できないかを検討する。
3. ジオコーディング(都道府県などの地理情報をTableauで可視化する時間)
→「フィルター」を用いてデータ量を減らす。
4. データソースへの接続データソースへの接続時間)
→「ネットワーク」「データベースサーバー」を見直す。
5. レイアウト計算(ビューのレイアウトを構成する時間)
→「ビューの簡素化」を目指す。
6. 抽出の生成(抽出にかかる時間)
→データソースから取り込む「データの絞り込み」を検討する。
7. データのブレンド(データブレンドに要する時間)
→「フィルター」を用いてデータ量を減らす。
8. サーバーレンダリングTableau Serverでレンダリングに要する時間)
→別のマシンで「VizQL SQL」を実行する。

「タイムライン」「イベント」「クエリ」について

タイムライン」→記録中に発生したイベントを左から右へ表示。
イベント」→上の8つの指標の所要時間を算出。
クエリ」→パフォーマンスサマリーのダッシュボードで、イベントやタイムラインの「クエリを実行」を選択するとクエリが出力される。

Tableau Serverの場合はURLを編集する

Tableau Serverの場合は、URLを編集するだけでパフォーマンスを測定することができます。
やり方はシンプルで「:iid=」の前に「:record_performance=yes&」をコピペするだけです。

(例)
通常:http://10.32.139.22/#/views/Coffee_Sales2013/USSalesMarginsByAreaCode?:iid=1
→「http://10.32.139.22/#/views/Coffee_Sales2013/USSalesMarginsByAreaCode?:record_performance=yes&:iid=1」

そしてページを更新し、Desktopと同様フィルターなど様々な操作を加えれば完了となります。
以下の「Performance」をクリックすれば、測定結果を閲覧することができます。

(参考;Tableau公式HPTableau公式HP

おわりに

いかがでしたでしょうか。
パフォーマンスの記録はとても便利な機能で、私(ヨナハ)もよく使います。
レイアウトや計算式でA/Bテストをしたい時にも有効ですね!
この記事を通して「パフォーマンスの記録」に関する理解を深めていただければ幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

参考元

https://help.tableau.com/current/pro/desktop/ja-jp/perf_record_create_desktop.htm

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Tableau

    Tableauの便利な機能

    こんにちは!インターン生の市川です。前回はTableauでの、ダッシ…

  2. Tableau

    【TC19ブログ】セッション紹介:DataRobot×TableauでAIを民主化する

    こんにちは。エクスチュアインターン生の酒井です。11/12(火…

  3. IT用語集

    BIツール(Business Intelligence Tool)って何?

    はじめにBIツールって聞いたことあるようなないような〜って単語ですよ…

  4. Tableau

    動的なリファレンスラインで個別に閾値(しきい値)を設定【Tableau】

    完成形リファレンスラインを動的に設定することのメリットリファレン…

  5. Tableau

    Tableau Serverの基礎をまとめてみた

    【目次】・はじめに・Tableau Serverが必要な理由・環…

  6. Tableau

    Tableau:KPI達成状況を把握出来るグラフを作る

    こんにちは。エクスチュア渡部です。今回はTableauで↑のように…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. KARTE を使ってサイト外でも接客を
  2. 【GA4/GTM】dataLayerを活用しよう
  3. ジャーニーマップをデジタルマーケティングの視点で
  4. ChatGPT ProからClaude3 Proへ移行した話…
  5. その分析、やり方あってる?記述統計と推測統計の違い
  1. Adobe Analytics

    異常値検出とは-Adobe Analyticsの指標説明
  2. ChatGPT

    ChatGPTとVSCodeの連携方法とその使用例:開発効率を飛躍的にアップさせ…
  3. 未分類

    BigQueryで高額課金が発生しているクエリの呼び出し元を特定する
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQuery+Lookerでアトリビューシ…
  5. Firebase Analytics

    Firebase AnalyticsのデータをフラットなCSVに変換するETL処…
PAGE TOP