Mouseflow

Mouseflowの新機能:サイト単位でレコーディング数の制限が可能に!

Mouseflowの設定に新しい機能が追加され、設定画面からサイトごとにレコーディング数を制限できるようになりました!
1つのアカウント内で複数のサイトを計測している場合、どれか1つのサイトだけアクセス数が多く、そのサイトだけでクレジットを大量に消費してしまう…なんてこともありますよね。
そんなときは、設定画面から該当サイトで消費するクレジット数を制限し、バランスよくすべてのサイトが計測できるようにしましょう。

設定方法はとても簡単です。

まず、マイサイトの一覧からレコーディング数を制限したいサイトを選択し、設定画面を開きます。
「Settings(設定)」内の「MAX RECORDINGS PER MONTH」にこのサイトで使用するクレジット数を入力し、右下の「SAVE」をクリックすれば完了です。
(mouseflowは”クレジット”という独自の計測単位を使用しています。1クレジット=5PV、または5PV以内の1セッションで計算されるため、1訪問あたりの平均PV数が5ページ未満である場合はクレジット数とレコーディング数がほぼイコールになります。)
ここでレコーディング数に制限をかけると、ダッシュボード上に「Recording(450 of 500)」のように、残りのクレジット数が表示されるようになります。
そして消費したクレジット数が設定した制限数に到達すると、自動的に計測は停止します。

複数のサイトを管理し、サイトごとのレコーディング数の差にお悩みでしたら、是非この機能を使ってみてください!

関連記事

  1. Mouseflow

    Mouseflow新機能その1 -レコーディングへのコメント機能

    Mouseflowに新機能が追加されました!レコーディングの任意の…

  2. Mouseflow

    Mouseflowのフィルター機能が変わりました!

    Mouseflowのフィルター機能がパワーアップし、より簡単に素早…

  3. Mouseflow

    mouseflow vs Microsoft Clarity

    みなさん、こんにちは。extureの鈴木です。今回は話題の無料Hea…

  4. タグを設定

    Mouseflow

    AdverTimes Days 2017に出展いたしました

    エクスチュアは、4/26、27に東京国際フォーラムにて開催されました「…

  5. Mouseflow

    MouseflowにおけるITP対応について

    今回は、今年に入ってから何かと話題なSafariのITPがMousef…

  6. Mouseflow

    Mouseflow:計測対象からの除外

    こんにちは。エクスチュアの加納です。今回は、Mouseflow…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. Adobe Analyticsのモバイルアプリが意外と便利
  2. Sansan:メール署名取り込み機能を設定してみた
  3. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  4. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  5. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  1. Adobe Analytics

    BigQuery: Adobe Datafeed: event_listカラムの…
  2. Tableau

    【TC19ブログ】シアトルのTableau本社にオフィス訪問してみた
  3. GA 360 Suite

    GoogleDataStudio:複数のデータソースにフィルターを適用する
  4. Adobe Analytics

    BigQuery: テーブルに格納されたURL文字列をKey-ValueのSTR…
  5. Databricks

    Databricks: Spark DataFramesをJDBCから作成する
PAGE TOP