ヒートマップ

【Tips】フリクションとは?

フリクションとは、Webサイトを訪問したユーザが感じたストレスやフラストレーションを数値化したものです。
Mouseflowではユーザのイライラした行動をイベントで計測し、それを数値化するだけでなく、表情のアイコンで表示してくれます。
ユーザがフラストレーションを感じたセッションは自動的にタグ付けされるため、フィルターを使ってフリクションスコアの高いセッションだけを抽出することもできます。

今回は、フリクションとしてカウントされる8つのイベントと、フリクションを使った効果的な分析方法についてご紹介します。

◆フリクションイベント

◆フリクションを使った分析

フリクションは、主にレコーディング一覧とヒートマップ分析で使用できます。

レコーディング一覧では、「フリクション」の列に表情のアイコンが、「タグ/変数」列に計測されたフリクションイベントのタグが表示されます。
フィルターで「フリクション」を選択すると、「満足/不満足/とても不満足」の3つに分けてレコーディングを抽出できます。
また、タグにそれぞれのフリクションイベントを指定してフィルタリングすることも可能です。

ヒートマップ分析でもページ一覧に「フリクション」列がありますが、ここでは各ページの平均フリクションスコアが表示されます。
平均フリクションスコアの枠色は数値によって変わり、数値が高く且つ重要度の高いものほど赤く表示されます。
また、数値にカーソルを合わせるとフリクションイベントが計測されたレコーディングへのリンクが表示されるため、実際にユーザがどのようにフラストレーションを感じたのかをすぐに確認することもできます。

前述した通り、フリクションスコアはユーザのイライラを数値化したものです。
フリクションスコアの高いセグメントを特定することは、コンバージョン率を向上させる最善の方法となるでしょう。
フィルターを使ってフリクションの高いレコーディングやページに絞り、且つデバイスやOSごとに細分化していくことで思わぬエラーに気付くこともあるかもしれません。
他にも、フィルターで指定した条件をカスタムビューで保存し、特定のページで発生するフリクションイベントを定期的に観測することもできます。

Mouseflowのフリクションスコアは、ただ毎日アクセス数を眺めているだけでは拾い上げることのできないユーザの不満の声です。
効果的にフリクションスコアを利用し、サイトの改善に是非役立ててくださいね!

関連記事

  1. ヒートマップ

    Mouseflowの新機能:ライブヒートマップで動的なヒートマップ分析が可能に!

    mouseflowのヒートマップに新機能が追加されました!その名も「…

  2. ヒートマップ

    ユーザビリティの検証で気を付けたいこと、やってはいけないこと④

    ユーザビリティ検証の注意点と禁止事項について、前回の続きからご紹介しま…

  3. ヒートマップ

    ヒートマップを画像としてキャプチャする

    前回は、Mouseflowで行った分析結果の作成に便利なレコーディング…

  4. ヒートマップ

    【Tips】ヒートマップ機能について②~ムーブメント、アテンション編~

    前回に引き続き、Mouseflowのメイン機能であるヒートマップについ…

  5. ヒートマップ

    ユーザビリティの検証で気を付けたいこと、やってはいけないこと①

    今回から何回かに分けて、ユーザビリティ検証で気を付けたいこと、やっては…

  6. ヒートマップ

    アテンション・ヒートマップ

    前回は訪問者がどこまでスクロールしているのかを可視化するスクロール・ヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  2. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  3. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  4. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  5. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  1. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: スマホのスワイプにカスタムリンクを実装する
  2. Adobe Analytics

    Adobe Summit 2020レポート: Customer Journey …
  3. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:初日目
  4. Google Cloud Platform

    Node.js+GAE: 日本語自然文を形態素解析してネガポジ判定をする
  5. Tableau

    Tableau:抽出を含んだワークブックを10.4以下にダウングレードする
PAGE TOP