Tableau

Tableau:抽出を含んだワークブックを10.4以下にダウングレードする

こんにちは、エクスチュアの渡部です。
Tableauの小ネタです。

「バージョン名を付けてエクスポート」で旧バージョンでの保存やエクスポートが出来るようになりました。
ただ、10.5以降のバージョン→10.4以下に変更する際は少し注意が必要です。

10.5以降で作成した抽出を含むワークブックを10.4以下にダウングレードすると、
「バージョン名を付けてエクスポート」を押しても、「10.4以下が表示されない」
「10.4は選択出来るけど”.hyper 抽出が含まれているため、ワークブックをダウングレードできません。”というエラーがでる」
と言ったケースがあると思います。

原因は、抽出ファイルです。
10.4以前では抽出ファイルの形式はtdeでしたが、10.5からtdeの上位互換であるhyperに変わりました。
そのため、抽出(hyper)を使っている限り10.4以前には戻せません。
ダウングレードする際には、一度全てのデータソースを「ライブ接続」にする必要があります。
(むしろ最初からライブ接続なのであれば気にせずダウングレードしてください)

ただ、「抽出」→「ライブ接続」にしても、上手くいかない場合があります。
そんな時は、(かつて抽出だった)データソースを右クリック→「抽出」→「削除」→「OK」を押してください。

これはhyperの残党?を削除する作業です。ライブ接続に変更した後でも、
hyperは見えないところに存在して、ダウングレードを邪魔しているようです。

これできっとダウングレード出来ます。
抽出を引き続き使いたい場合は、10.4で開いた後再度抽出を作成してください。

——-

エクスチュアはTableau Certified Professionalも在籍するTableauのパートナー企業です。
また、Google Cloud Platform、Adobe Marketing Cloudといったマーケティングテクノロジーに精通したスタッフが、
デジタルマーケティングからビッグデータ分析まで統合的にサポートします。

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログへの記事リクエストはこちらまで

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Tableau

    DirectionAPI+Tableauでドライブ時間の可視化(後編)

    だいぶ間が空いてしまいましたが、DirectionAPI+Tablea…

  2. Tableau

    動的なリファレンスラインで個別に閾値(しきい値)を設定【Tableau】

    完成形リファレンスラインを動的に設定することのメリットリファレン…

  3. Tableau

    上位N件セットを使って「その他」を効果的に表現する【Tableau】

    完成図【手順】パラメータを用いて上位N件セットを作る①:パラメー…

  4. Tableau

    Tableauで半円型のゲージを作る方法

    こんにちは。エクスチュアの田中寛人です。今回はTableauで半円型の…

  5. Office365

    エクセルで「テーブル」を使うメリット① 「BIツールで使いやすい」

    データを扱ういろんな環境、ツールがありますが、今も現場で出番の多いエ…

  6. Tableau

    Tableau:分かりやすいLOD – INCLUDE編

    エクスチュア渡部です。今回はLODブログの第3弾です。INCLUD…

最近の記事

  1. GoogleスプレッドシートのデータをGASで整理する【se…
  2. GoogleスプレッドシートのデータをGASで整理する【ge…
  3. GASを利用してWebスクレイピングをやってみよう②
  4. GASを利用してWebスクレイピングをやってみよう
  5. Adobe Analyticsを知る。
  1. Google BigQuery

    GoogleNext 2019レポート:3日目
  2. IT用語集

    API(Application Programming Interface)って…
  3. Spread Sheets / GAS / GDS

    GDS(グーグルデータスタジオ)で「年ごと/月ごと/週ごと」の集計をする
  4. IT用語集

    GA(Google Analytics)とAA(Adobe Analytics)…
  5. IT用語集

    カーネル(Kernel)って何?
PAGE TOP