Adobe Analytics

Adobe Analytics: レガシーs_code.jsのリミッターを解除してeVar76以上を計測する

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回はいまさらながらレガシーs_code.jsのハックです。

s_code.js依存のプラグイン関数を使っていたり、サイト側の都合で未だにレガシーs_code.jsをアップデート出来ずに使い続けているケースが度々見受けられます。
出来ればAppMeasurement.jsに乗り換えたいんだけど、とりあえずeVar75〜eVar100だけでも先に計測したい場合は、この方法が使えます。

修正方法

レガシーs_code.jsをエディタで開いて /* DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE */ のコメントよりも下にある、下記の文字列を検索します。

n<=75;

レガシーs_codeはeVar75までに制限されている

この75を、100にすればeVar100まで計測出来ます。
※ここから下を変えるなよ、と書いてますが変えるわけです。

eVar100まで計測する

プレミアム契約な大企業様なら200とか250とか、Adobeで使えるeVarの数に合わせれば可。

注意点は、これをやるとpropのリミッターも解除されますが、propは75までしかないので、prop76以上を送っても無視されますw
あと、DO NOT ALTER部以下を変える事はAdobeのサポート外なので自己責任でお願いします。

もちろんs.contextData.evar100などを宣言して「プロセッシングルール」を使ってマッピングするのもアリですが、管理画面の設定がメンドクサイ。

このようなハックではなくて、純粋にs_code.jsをAppMeasurementにアップグレードするサービスも弊社では提供しております。
以前書いた、↓のブログ記事もご参考下さい。
Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMeasurement.jsに乗り換える

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をBigQueryのDate型として扱う

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Adobe Analytics

    AdobeAnalyticsの分類インポーターでFTP専用ソフトを使わずFTPインポートする方法

    こんにちは。エクスチュアの杉山です。今回は、AdobeAna…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをBigQueryで集計する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DatafeedのログからパスフローレポートをBigQueryで作…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: カスタムリンク計測を1行で書く

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Analytics

    Azure DatabricksでAdobe AnalyticsのDatafeedを分析する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. エクセルで「テーブル」を使うメリット① 「BIツールで使いや…
  2. GTMで複数のコンテナに同じ実装をしたい
  3. イベントレポート Qualtrics XM on tour …
  4. イベントレポート Qualtrics XM on tour …
  5. ObservePoint:2022年デジタル・ガバナンスレポ…
  1. Mouseflow

    【Tips】mouseflowを使ってたった5分でコンバージョン率を上げる方法
  2. Google BigQuery

    Google Apps Scriptを使ってスプレッドシートからBigQuery…
  3. Google Tag Manager

    GTMでiframe内のクリックイベントを取得したい
  4. Databricks

    ScalaでDatabricksのDataFrameを扱う
  5. KARTE

    KARTE:カスタムイベントでページの要素を取得して接客を出す
PAGE TOP