Adobe Analytics

Adobe Analytics: レガシーs_code.jsのリミッターを解除してeVar76以上を計測する

こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。
今回はいまさらながらレガシーs_code.jsのハックです。

s_code.js依存のプラグイン関数を使っていたり、サイト側の都合で未だにレガシーs_code.jsをアップデート出来ずに使い続けているケースが度々見受けられます。
出来ればAppMeasurement.jsに乗り換えたいんだけど、とりあえずeVar75〜eVar100だけでも先に計測したい場合は、この方法が使えます。

修正方法

レガシーs_code.jsをエディタで開いて /* DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE */ のコメントよりも下にある、下記の文字列を検索します。

n<=75;

レガシーs_codeはeVar75までに制限されている

この75を、100にすればeVar100まで計測出来ます。
※ここから下を変えるなよ、と書いてますが変えるわけです。

eVar100まで計測する

プレミアム契約な大企業様なら200とか250とか、Adobeで使えるeVarの数に合わせれば可。

注意点は、これをやるとpropのリミッターも解除されますが、propは75までしかないので、prop76以上を送っても無視されますw
あと、DO NOT ALTER部以下を変える事はAdobeのサポート外なので自己責任でお願いします。

もちろんs.contextData.evar100などを宣言して「プロセッシングルール」を使ってマッピングするのもアリですが、管理画面の設定がメンドクサイ。

このようなハックではなくて、純粋にs_code.jsをAppMeasurementにアップグレードするサービスも弊社では提供しております。
以前書いた、↓のブログ記事もご参考下さい。
Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMeasurement.jsに乗り換える

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    AdobeAnalyticsでReactNativeアプリを計測する

    この記事は2018年12月7日現在の情報を元にしているので内容が古いで…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsに入り切らないデータをBigQueryに投入する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートをAWSのS3バケットに配信する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回は、A…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能の…

  5. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの処理ルール…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGoogle T…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①

    Adobe Analyticsの便利な機能のセグメント。便利なのですが…

最近の記事

  1. Databricks: Delta Lakeを使ってみる
  2. Adobe Analytics:計算指標でevents変数を…
  3. Databricks: Spark DataFramesをJ…
  4. Databricks: Spark RDDで使う主なメソッド…
  5. GCPのBQMLを使ってKaggleコンペに挑んでみた(その…
  1. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics:WordPressやHTML5内の動画を計測する
  2. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:初日目
  3. ObservePoint

    ObservePoint TagDebuggerでページに埋まっているタグを無…
  4. Google BigQuery

    GoogleNext 2019レポート:3日目
  5. Sansan

    Sansanで名刺を取り込んだらSlackで社内共有する(Zapier利用)
PAGE TOP