Tableau

Tableau:累計ユニークカウント数を時系列グラフで表現する

こんにちは、エクスチュア渡部です。
Tableauの小ネタです。「Tableauで累計の個別カウント数を時系列で表現したい」という要望に対応する方法をお伝えします。

例えば、
4/1の購買客:Aさん、Bさん
4/2の購買客:Aさん、Cさん、Dさん
4/3の購買客:Aさん、Eさん
というデータがある場合、

4/1:2
4/2:4
4/3:5

のように、「その日付までに何人が個別カウント出来るか」という指標です。

今回はサンプルスーパーストアのデータを使って、
「顧客名」の「オーダー日」別累計ユニークカウントを実現してみます。
基本的な作り方は一緒なので、是非応用ください。

・手順

実は手順は簡単です。
① 下記のような計算フィールドを作る
{ INCLUDE [顧客名]: MIN(IF [オーダー日]= { EXCLUDE [オーダー日] : MIN([オーダー日])} THEN 1 ELSE 0 END) }

② 列にオーダー日、行に①で作った計算フィールドを入れて、表計算で[オーダー日]を使った累計を選択する

出来ました。(カテゴリ別も出してみました)

・解説

方針は、①で各顧客の最初の購買日なら1を返す式を作り、
②で①の日毎の合計を累計しているということです。

・注意点

時系列の粒度を週別にしたい場合は、
{ INCLUDE [顧客名]: MIN(IF DATETRUNC(‘week’,[オーダー日]) = { EXCLUDE DATETRUNC(‘week’,[オーダー日]) : MIN(DATETRUNC(‘week’,[オーダー日]) )} THEN 1 ELSE 0 END) }

時系列の粒度を月別にしたい場合は、
{ INCLUDE [顧客名]: MIN(IF DATETRUNC(‘month’,[オーダー日]) = { EXCLUDE DATETRUNC(‘month’,[オーダー日]) : MIN(DATETRUNC(‘month’,[オーダー日]) )} THEN 1 ELSE 0 END) }

とLOD式内のディメンションを調整する必要があります。

参考にしたのは、
https://kb.tableau.com/articles/howto/calculating-a-running-count-distinct
です。なかなか思いつかないテクニックですね。。

————-

エクスチュアは国内では希少なTableau Certified Professionalも在籍するTableauのパートナー企業です。
また、Google Cloud Platform、Adobe Marketing Cloudといったマーケティングテクノロジーに精通したスタッフが、
デジタルマーケティングからビッグデータ分析まで統合的にサポートします。

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Tableau

    Tableau Viz紹介 : 10.4新機能を使ってダッシュボードを作ってみた

    ----・17/10/10(火)追記本ブログで紹介しているVi…

  2. Google BigQuery

    Tableau : BigQueryでLOD計算が使えない場合の対処法

    こんにちは、エクスチュアの渡部です。Tableau×BigQu…

  3. Tableau

    【TC19ブログ】エクスチュアの海外カンファレンス参加支援制度

    こんにちは、エクスチュアの渡部です。いよいよ明日の11/12(…

  4. Google BigQuery

    Tableau×BigQueryをコスパ良く使う方法

    こんにちは、エクスチュア渡部です。TableauでBigQue…

  5. Tableau

    【TC19ブログ】セッション紹介:DataRobot×TableauでAIを民主化する

    こんにちは。エクスチュアインターン生の酒井です。11/12(火…

  6. Tableau

    Tableau:抽出を含んだワークブックを10.4以下にダウングレードする

    こんにちは、エクスチュアの渡部です。Tableauの小ネタです。…

最近の記事

  1. DTMからAdobe Launchへの移行:4段階のアプロー…
  2. Metabotを使ってSlackにMetabaseのグラフを…
  3. GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの「…
  4. Metabase: カスタムマップで日本地図を追加する
  5. オープンソースBI「Metabase」の使い勝手が丁度良かっ…
  1. Mouseflow

    Mouseflow:レコーディングを確認する前に
  2. Databricks

    Databricks: Spark DataFrameでユーザー定義関数を使う
  3. Tableau

    【TC19ブログ】Tableau新データモデリング(リレーションシップ)解説
  4. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsからDWHレポートをGoogle Cloud St…
  5. Google BigQuery

    Google Apps Scriptを使ってスプレッドシートからBigQuery…
PAGE TOP