Google Tag Manager

Google Tag Manager: 離脱リンクのクリックをトリガーにする

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

Google Tag Managerで、離脱リンクのクリックを検知するためのトリガーを作ろうとして落とし穴にハマったのでメモ。

離脱リンクのトリガーとして、最初はこういう設定をしました。

・ [Click URL] [先頭が一致] http
・ [Click URL] [含まない] {{Page Hostname}}

GTM変数の{{Page Hostname}}には、表示しているページのホスト名が格納されてるので、
クリックしたURLに、現在のホスト名が入ってなければこれで動作する、、と期待したのですがNGでした。

トリガーの条件入力フィールドの右端のテキストボックスは、{{}}形式のGTM変数が使えず、ここに入力した文字列がそのままテキストとして評価されてしまうのでした。

対策はこうなりました。

1. カスタムJavascript変数を作成
名前: isExitLink
中身:

function(){
	var ret = "1";
	if ({{Click URL}}.indexOf({{Page Hostname}}) > -1) {
		ret = "0";
	}
	return ret;
}

2. トリガーを作成
トリガーの種類: クリック-リンクのみ
トリガーの発生場所: 一部のリンククリック
条件:
・[Click URL] [先頭が一致] http
・[isExitLink] [等しい] 1

これで期待通りに動作する離脱リンクトリガーになりました。
このトリガーで、ユニバーサルアナリティクスのイベントを発火させて、他サイトへの送客件数を計測する事が出来ます。

弊社ではGoogle Tag Managerの導入支援も行なっております。
お問い合わせはこちらから。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの「s」オブジェクトにコピーする

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  2. Google Cloud Platform

    Server-side GTM を Google AppEngine にデプロイする

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Google Analytics

    Google Tag Manager上でGoogle AnalyticsのclientIDを取得する…

    この情報は2018年4月当時の情報です。こんにちは、エクスチュ…

  4. Google Analytics

    Google Analytics: ユニバーサルアナリティクスの拡張Eコマース用dataLayerを…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Google Analytics

    Cloud FunctionsとOpenWeather APIを使ってGoogle Analytic…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(權泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. サーバーサイドGTM: ウェブコンテナを使って1stパーティ…
  2. BigQuery: テーブルに格納されたURL文字列をKey…
  3. AdobeAnalytics: Adobe I/OのAPIを…
  4. Google Analytics 4: イベントパラメータを…
  5. Google Analytics 4 + BigQueryで…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:計算指標でevents変数を後付けでパーティシペ…
  2. Enterprise Data Warehouse

    爆速データウェアハウスなApache Druidを試す
  3. Google Cloud Platform

    Looker: サンバーストグラフを使って階層データを可視化する
  4. Looker

    Looker: 公開されているLookML Blockをクローンして使う方法
  5. Google BigQuery

    GCPのBQMLを使ってKaggleコンペに挑んでみた(その1)
PAGE TOP