Google Tag Manager

Google Tag Manager: 離脱リンクのクリックをトリガーにする

こんにちは、エクスチュアCTOの権です。

Google Tag Managerで、離脱リンクのクリックを検知するためのトリガーを作ろうとして落とし穴にハマったのでメモ。

離脱リンクのトリガーとして、最初はこういう設定をしました。

・ [Click URL] [先頭が一致] http
・ [Click URL] [含まない] {{Page Hostname}}

GTM変数の{{Page Hostname}}には、表示しているページのホスト名が格納されてるので、
クリックしたURLに、現在のホスト名が入ってなければこれで動作する、、と期待したのですがNGでした。

トリガーの条件入力フィールドの右端のテキストボックスは、{{}}形式のGTM変数が使えず、ここに入力した文字列がそのままテキストとして評価されてしまうのでした。

対策はこうなりました。

1. カスタムJavascript変数を作成
名前: isExitLink
中身:

function(){
	var ret = "1";
	if ({{Click URL}}.indexOf({{Page Hostname}}) > -1) {
		ret = "0";
	}
	return ret;
}

2. トリガーを作成
トリガーの種類: クリック-リンクのみ
トリガーの発生場所: 一部のリンククリック
条件:
・[Click URL] [先頭が一致] http
・[isExitLink] [等しい] 1

これで期待通りに動作する離脱リンクトリガーになりました。
このトリガーで、ユニバーサルアナリティクスのイベントを発火させて、他サイトへの送客件数を計測する事が出来ます。

弊社ではGoogle Tag Managerの導入支援も行なっております。
お問い合わせはこちらから。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Google Analytics

    Google Tag Manager上でGoogle AnalyticsのclientIDを取得する…

    この情報は2018年4月当時の情報です。こんにちは、エクスチュ…

  2. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの処理ルール…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGoogle T…

  3. Google Analytics

    Google Analytics StandardのデータをBigQueryで分析するための力技

    こんにちは、エクスチュアの権です。先月「Google Clou…

  4. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回は…

最近の記事

  1. Linux技術者資格のLPIC-3試験に合格しました
  2. Adobe Summit 2020レポート: Custome…
  3. KARTE:指定期間の来訪が再訪問の場合にスコアリングする
  4. Adobe Mobile SDK 4.xからAEP SDKに…
  5. Adobe Summit 2020レポート: Data &#…
  1. Tableau

    【TC19ブログ】Tableau Conference 2019 2日目レポート…
  2. Databricks

    Databricks: Delta Lakeを使ってみる
  3. Google BigQuery

    Google Apps Scriptを使ってスプレッドシートからBigQuery…
  4. Databricks

    Databricks: Spark DataFrameでピボットグラフを作る
  5. Firebase Analytics

    Firebase Analyticsの新しいBigQueryスキーマを試す
PAGE TOP