Mouseflow

訪問者の不満を見つける

サイト上で訪問者が持った感情が分かったら良いと思いませんか?

もし、訪問者がサイトに対して感じている不満を知ることができれば、サイト改善に大いに役立てることができるでしょう。 Mouseflowには、click-rageタギングという機能があります。

click-rageタギングとは

click-rageタギングとは、「不満を感じた場合などにやりがちな行動パターン」に沿った行動を訪問者が起こしたことを発見する機能です。

具体的には、訪問者が何らかの理由でマウスのボタンをカチカチ連打した時に、Mouseflowは当該セッションに”click-rage”というタグを付加します。 ページ上のボタンが反応しなかったり、反応が鈍かったりした時に、ついカチカチしてしまうことがありますよね。

上図はMouseflowのセッション・リプレイ一覧画面で、“CLICK-RAGE”タグの付いたセッション(赤枠)を展開すると、セッション中に閲覧したページ一覧(青枠)が表示されます。

青枠のページ一覧部分には、各ページでの滞在時間が視覚的に表示され、click-rageが発生したページには”CLICK-RAGE”タグが付いています。

このセッションの動画を見ることで、click-rageが発生したページ上の正確な箇所を把握することが可能です。

以上、なかなか気づきにくい訪問者の不満を見つけるMouseflowのclick-rageタギング機能をご紹介しました。

本記事は以下の記事を翻訳・加筆修正したものです。
Mouseflow Blog: See Your Most Frustrated Users

関連記事

  1. Mouseflow

    Mouseflowで問題解決① -事例ベースで機能紹介-

    皆さんこんにちは。エクスチュアの津村です。今回は2回に分けて、事例ベ…

  2. Mouseflow

    Mouseflow:レコーディングを確認する前に

    こんにちは。エクスチュアの加納です。これから、Mouseflow …

  3. タグを設定

    Mouseflow

    AdverTimes Days 2017に出展いたしました

    エクスチュアは、4/26、27に東京国際フォーラムにて開催されました「…

  4. Mouseflow

    Mouseflowの新機能:サイト単位でレコーディング数の制限が可能に!

    Mouseflowの設定に新しい機能が追加され、設定画面からサイトごと…

  5. Mouseflow

    MouseflowにおけるITP対応について

    今回は、今年に入ってから何かと話題なSafariのITPがMousef…

  6. Mouseflow

    直帰率を改善する!4つのポイント

    サイトを分析する際に、直帰率が高いかどうかはとても重要です。もし、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. エクセルで「テーブル」を使うメリット① 「BIツールで使いや…
  2. GTMで複数のコンテナに同じ実装をしたい
  3. イベントレポート Qualtrics XM on tour …
  4. イベントレポート Qualtrics XM on tour …
  5. ObservePoint:2022年デジタル・ガバナンスレポ…
  1. Google Cloud Platform

    Google Compute EngineのUbuntu VMにスワップ領域を作…
  2. Mouseflow

    Mouseflow vs Hotjar:どちらを選ぶべき?
  3. Google BigQuery

    BigQuery BI Engine解説
  4. ObservePoint

    機会損失を未然に防ぐ!ユーザエクスペリエンスシミュレーター”WebJ…
  5. Mouseflow

    直帰率を改善する!4つのポイント
PAGE TOP