ヒートマップ

クリック・ヒートマップの使い方

個々の訪問者の行動を分析するにはセッション・リプレイが有効ですが、もっと統計的な分析をしたいときはヒートマップが活躍します。ヒートマップは、全体的な傾向を理解するのに役立ちます。
今回はクリック・ヒートマップの機能と使い方をご紹介します。

クリック・ヒートマップ
クリック・ヒートマップでは、クリックが多い箇所ほど色が青→赤へと変化しています。 この例では会社概要にサイト利用者のクリックが集中していることがわかります。
Google Analyticsなどの解析ツールでも、各ページへの流入数はわかりますが、クリック・ヒートマップを見るとページ内の各ボタンがどのくらいクリックされているかが一目でわかります。 ページ上部にあるナビゲーションメニューの中で、どのボタンがクリックされ、どのボタンがクリックされていないかが分かるので、人気のない項目はフッターに移動するなど、訪問者の注目が分散することを防ぐことができます。

クリックできない場所のクリック
またこの部分では、リンクが設置されていない箇所がクリックされていることが分かります。 このような場合、ここに該当コンテンツへのリンクを設置する、もしくはリンクが設置されていると誤解させないようにデザインを変えることで、訪問者のストレスの軽減にもつながります。

ヒートマップのコントロールエリア
ヒートマップの操作画面上部のコントロールエリアでは、ヒートマップの種類やデバイスの種類、集計期間などを変更することができます。
また、リンクが設置されている場所にマウスオーバーをすると、

ポップアップされる詳細情報
このように詳細な指標が表示されます。(リンクアナリティクス) ・クリックは何回あったか、それは全体の何%か ・マウスオーバーは何回あったのか、それは全体の何%か ・マウスオーバーからクリックへ遷移したのは何%か ・マウスオーバーからクリックまでには平均何秒かかっているか ・何秒間マウスオーバーしたか ・何番目にマウスオーバーしたのか ・クリックしたユニークユーザー数 ・マウスオーバーするまで平均何秒かかったのか ・クリックするまでに平均何秒かかったのか
これらを分析することで、訪問者がどのくらいリンクの発見に時間を要しているのか、クリックするのにどのくらい迷っているのか等の情報を導き出すことができます。 このように、クリック・ヒートマップはトップページのようにリンクが多く貼られているページの分析に非常に有用です。
以上、クリック・ヒートマップについてのご説明でした。 高機能ヒートマップツール「Mouseflow」について気になることがありましたら、画面上部の「お問合せ」よりお気軽にお問合せください。

関連記事

  1. ヒートマップ

    ユーザビリティの検証で気を付けたいこと、やってはいけないこと④

    ユーザビリティ検証の注意点と禁止事項について、前回の続きからご紹介しま…

  2. ヒートマップ

    ヒートマップとは

    Mouseflowのメイン機能の一つであるヒートマップについてご紹介し…

  3. ヒートマップ

    アテンション・ヒートマップ

    前回は訪問者がどこまでスクロールしているのかを可視化するスクロール・ヒ…

  4. ヒートマップ

    【Tips】ヒートマップ機能について①~クリック・スクロール編~

    今回はMouseflowのメイン機能であるヒートマップについて、改めて…

  5. ヒートマップ

    ユーザビリティの検証で気を付けたいこと、やってはいけないこと②

    ユーザビリティ検証の注意点と禁止事項について、前回の続きからご紹介しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  2. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  3. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  4. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  5. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  1. セッションリプレイ

    セッション・リプレイのレコーディングをローカルに保存する
  2. Google BigQuery

    GCP: 今月のGCP課金額をslackに自動的に書き込む
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する…
  4. Amazon Web Services

    System Managerを利用したVPC内Redshiftへの接続
  5. Google Analytics

    Server-side GTMのGAビーコンログをBigQueryにエクスポート…
PAGE TOP