Adobe Analytics

Adobe Analytics:Report Builderの小技:リクエストのあるシートを丸ごとコピーする

エクセルでの定期レポートを作る際に、一度データブロックを作っておけば以後更新ボタンを押すだけで
常に最新のレポートを得ることができる超便利機能のReport Builder。

モノはとても便利ですが、最初にレポートのテンプレートを作るところで、大量のリクエストを作成する必要があるので
最初だけ大変ですね。作ったリクエストをコピーしたい・・といったような要望があると思いますが、
これは実はReport Builderで実現可能です。

やり方はとても簡単で、コピーをしたいデータブロック上で右クリックするだけです。
右クリックすると以下の様なメニューが出てきます。

rb1

「リクエストをコピー」でそのデータブロックがコピーできて、コピーをしている状態で、
貼り付けたいセルの上で右クリックをして「リクエストを貼り付け」で貼り付けられます。
後は「管理」でコピーしたリクエストを微修正すれば、元々のリクエストをちょっと変えただけの
リクエストが迅速に作れます。

さらに「リクエストを含むワークシートをコピー」をクリックすると、
なんとそのシート自体を全てコピーできます。貼り付けをクリックすると、シートが複製されます。

例えばレポート内容は全く同じでセグメントだけ微妙に違う、ようなレポートはよくあると思いますが、
このシートコピーを使えば、リクエストは一個一個作らなくてよく、セグメントを変更するだけでよくなります。
(例:広告経由での統計レポートをコピーして、全く同じ内容のレポートで自然経由のレポートを作る)

Report Builderヘビーユーザにとっては当たり前の機能ですが、意外と気づいていない人もいるため、
シェアします。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をBigQueryのDate型として扱う

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はAd…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle BigQueryのテーブルにロードす…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。前回のブログの続きです…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle Compute EngineのLin…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。もはやWeb解析だけの時代…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsに入り切らないデータをBigQueryに投入する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    この情報は2016年9月時点のものです。こんにちは、エクスチュ…

  6. Adobe Analytics

    Looker: エンジニアがBIで分析ダッシュボードを作る

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はBI…

最近の記事

  1. データアナリスト/データエンジニア向けNext19まとめ
  2. BigQuery BI Engine解説
  3. GoogleNext 2019レポート:3日目
  4. Adobe Summit 2019 レポート
  5. GoogleNext 2019レポート:2日目
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Webサイト内で発生したJavascriptエ…
  2. Adobe Experience Cloud

    Adobe Summit 2019 レポート
  3. Tableau

    Tableau:分かりやすいLOD-概要編
  4. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビ…
  5. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:2日目
PAGE TOP