Adobe Launch

DTMからAdobe Launchへの移行:4段階のアプローチ

2021年の初め頃までに、Adobeは正式にDTM(ダイナミック タグマネジメント)を新しいソリューションであるAdobe Launchへ移行すると発表しました。2021年というとまだ まだ先のことのように感じますが、早めの対策が必要です。

エクスチュアとObservePointは、Launch移行の準備をお手伝いします。詳細については、ホワイトペーパーを ダウンロードしてご確認ください。

ホワイトペーパーをダウンロード

関連記事

  1. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by ObservePo…

    こんにちはCEOの原田です。本日は先日より利用可能になったAdob…

  2. ObservePoint

    ObservePoint:タグ管理の救世主!サイト監査ツールのご紹介

    みなさん、こんにちは。エクスチュアの鈴木です。今回は、Webサイト…

  3. ObservePoint

    ObservePoint:強力でアツい機能を持つサイト監査ツールの紹介

    こんにちは。エクスチュアの原田です。今回はエクスチュアが日本の…

  4. ObservePoint

    ObservePoint TagDebuggerでページに埋まっているタグを無料で識別する

    こんにちは。CEOの原田です。サイトに埋めたタグの発火状況を調…

  5. Adobe Dynamic Tag Manager

    【Adobe Analytics,Launch】進化するDebugger

    こんにちは!林です。みなさんはもう新しいDebuggerを試さ…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Summit 2020レポート: Implementation Tips for Ado…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Twitt…

最近の記事

  1. Server-side GTMのAppEngine設定をカス…
  2. Cloud FunctionsとOpenWeather AP…
  3. 【実験してみた】CNAMEを使わずにAdobeAnalyti…
  4. CXツール「KARTE」ってどんなツール?主な機能や魅力をざ…
  5. KARTE Blocks データプランナーの強い味方!!
  1. Mouseflow

    Mouseflow:ヒートマップ表示の仕様
  2. Looker

    Looker: 公開されているLookML Blockをクローンして使う方法
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Datafeedにデバイスデータがないけど慌て…
  4. Databricks

    Databricksを始める前に覚えておきたいScalaプログラミングの基本
  5. Tableau

    Tableau : IF文の「集計」「非集計」の混在を解決
PAGE TOP