Google BigQuery

OWOX BI: GoogleSheetsアドオンでBigQueryをお手軽ビジュアライズ

こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。

今日はGoogleSheets(Googleスプレッドシート)のアドオンである「OWOX BI BigQuery Reports」についてです。

OWOX BI BigQuery Reports

OWOXはデータパイプライン/ETLツールを提供している企業でして、このアドオンを使うとめちゃくちゃ簡単にBigQueryのデータをGoogleSheetsにロードする事が出来ます。
AppsScriptは一切書かなくてもOKです。

そしてGoogleSheetsにロードしたあとはGoogleSheetsの標準機能でグラフ化も出来るので、まさにお手軽ビジュアライズ出来る訳です。

しかもこのアドオンは無料で利用可能です。
早速GoogleSheetsにインストールして使ってみましょう。

 

1.インストール

まずはGsuiteマーケットプレイスからインストールします。

インストールをクリック

インストールボタンをクリックすると、接続の確認ダイアログが出てくるので許可してください。
これでインストール完了です。

 

2.BigQueryへ接続

続いてGoogleSheetsを開きます。

メニューの [アドオン] > [OWOX BI BigQuery Reports] > [Add a new report] から新しいレポートを作成します。

Add a new report

画面右端にプロジェクト選択メニューが表示されるので、接続したいBigQueryプロジェクトを選びます。
そして既存のクエリを編集するか、新規でクエリを作成するか選択出来るので、[+ Add new query] を選択します。

+ Add a new query

するとクエリ編集画面がモーダルで開くので、そこにSQLを書き込みます。
では試しにAdobeAnalyticsのページビューを集計するクエリを実行します。

※AdobeAnalyticsのデータをBigQueryにロードするにはこちらの記事をご参考下さい。

GoogleSheets上でSQLクエリを実行

クエリを記入後、[Save & Run]をクリックするとクエリ結果が直接シートに書き込まれます。
とても簡単で楽です!

結果が直接シートにロードされる

 

3.ビジュアライズ

GoogleSheetsなので標準のグラフ機能を使えます。
範囲選択した状態で、[挿入]>[グラフ]を選ぶだけです。

なんともお手軽なビジュアライゼーションです。

お手軽ビジュアライズ

Google DataStudio(Googleデータポータル)みたいに一旦データセットに接続してから必要なディメンションを選ぶのでもなく、BigQuery上で集計したデータをGoogleSheetsにエクスポートにするのでもなく、SheetsからAppsScriptなしで直接クエリを実行できるのがイイですね!

弊社では各マーテックツールのコンサルティングや、パブリッククラウドを使ったデータ分析基盤構築支援などを行っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ

 

関連記事

  1. Cloud Dataproc

    BigQueryテーブルをAVRO形式でエクスポートしてHiveで扱う

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Google Analytics

    Google Analytics 4: イベントパラメータをセッションスコープで集計する方法

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Google Analytics

    Google Analytics StandardのデータをBigQueryで分析するための力技

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. GA 360 Suite

    Google Analytics 360: BigQueryを使ってアトリビューション分析で91日以…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Google BigQuery

    BigQuery BI Engine解説

    こんにちは、エクスチュア渡部です。2019/4/9-4/11に行わ…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをDataStudioで…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. databricksのnotebookを使ってみよう その1…
  2. databricks:GCPで利用を開始する
  3. KARTE「オフラインデータをオンライン接客に活用する」
  4. ELB (ALB・NLB・CLB) をサクッと学ぶ
  5. Direct Connect vs Site to Site…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMe…
  2. Segment

    Segmentでデータ管理を一元化する
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryでパーティシペーション指標を集…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsに入り切らないデータをBigQueryに投入する
  5. KARTE

    KARTE:カスタムイベントでページの要素を取得して接客を出す
PAGE TOP