Adobe Analytics

Adobe Analyticsリリース情報:ワークスペースで複数RSが使えるようになった:20200312

こんにちは。CEOの原田です。

これからはAdobe Experience Cloudにまつわる諸々のリリースノートからもブログを書いていこうと思います。
今回はめちゃくちゃ簡単な内容ですが・・・ Adobe Analyticsのワークスペースで、1つのワークスペース上で複数のレポートスイートを適用できるようになりました。

今までだとワークスペースでは1個のレポートスイートでしかデータが出せなかったので、同じ切り口で別々のRSを比べるといったことができませんでしたが、
今回から可能になっています!

百聞は一見に如かずということで、キャプチャでお見せするとこんな感じです。

1つ1つのパネルにレポートスイートが選べるプルダウンがついていて、好きなRSを選べます。
※レポートに出ている数字は適当なものなので気にしないでください

これでサイト別にフォールアウトを並べてみたり、主要指標のビジュアライズを並べてみたりして複数サイトの状況を簡単に可視化できますね。

今はMSTという概念は無くなってきてて、グローバルRSになる共通RS1個に全部のデータまとめて計測させて
バーチャルレポートスイートで各サイトに分ける。というやり方が効率的ですがまだそういう実装になってないサイトも多いと思います。
そういうところにはうってつけな機能かなと思います。

ちなみに1つのワークスペースにRSが複数存在するということで、「アクティブなパネル」という概念が出ています(上記キャプチャで青く囲われているパネルがアクティブなパネル)が、RSの変更が出来る出来ないみたいな定義がされていますがワークスペースを操作している分には特に意識する必要は無いかな・・という印象です。(後日誤りだった場合訂正します。)

アドビのガイドにも説明が載っていますので見てみてください。

 

エクスチュアはAdobe Experience Cloudの導入活用支援を行っており、
Adobe Analyticsの経験10年〜15年のスタッフが何人も在籍しています。
お問い合わせはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsとGoogle Analyticsの違い③ カスタム計測のされ方の違い…

    こんにちは。CEOの原田です。今回もAAとGAの違いを述べていきま…

  2. Adobe Analytics

    AA + GA : SafariのITP2.1に備えてphpでクッキーを永続化する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをDataStudioで…

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Datafeedにデバイスデータがないけど慌てない

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    この情報は2016年9月時点のものです。こんにちは、エクスチュ…

  6. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: s.Util.getQueryParam で複数パラメータ同時取得

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. databricksのnotebookを使ってみよう その1…
  2. databricks:GCPで利用を開始する
  3. KARTE「オフラインデータをオンライン接客に活用する」
  4. ELB (ALB・NLB・CLB) をサクッと学ぶ
  5. Direct Connect vs Site to Site…
  1. Tableau

    Tableau:2つの値の比較に便利な「ダンベルチャート」を作る
  2. Adobe Analytics

    Metabase: カスタムマップで日本地図を追加する
  3. Adobe Target

    Adobe Target: スマホアプリ上でABテストをする
  4. Adobe Experience Cloud

    Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取り早く回避する
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する
PAGE TOP