Google BigQuery

BigQueryのユーザー定義関数(UDF)をTableauで使う

こんにちは、エクスチュアの渡部です。
今回はTableauでstandardSQLでBigQueryに接続している際に、
ユーザー定義関数(UDF)を使う方法についてです。

実はこれ、2019年7月1日にBigQueryのUDF永続化機能が登場して以降できるようになりました。
以下に簡単に手順を説明します。

前準備) 永続化UDFを作成する ※作成済みならスキップ可

まずはTableauで使用したい永続化UDFをBigQueryで作成します。
今回は「英語版スーパーストアの配送モード列の英語表記を日本語表記に変換する」という
実用性皆無のUDFをentojpという名前で作成します。

create function dataset.entojp(hoge string) returns string as ((
case hoge
when "First Class" then "ファーストクラス"
when "Same Day" then "即日配送"
when "Second Class" then "セカンドクラス"
when "Standard Class" then "通常配送"
end
));

永続化UDFの作成が終わったらTableauからBigQueryにライブ接続で繋ぎます。

これで準備は完了です。
ではUDFを使っていきましょう。
今回は2つの使用方法を紹介します。



使用方法1:RAWSQL関数で使用する

1つ目はRAWSQL関数で使用するパターンです。
パススルー関数(RAWSQL)
今回のUDFであるentojpは文字列を返すので、RAWSQL_STRを使います。
以下のようにship_modeを引数に式を作成しました。

作成したフィールドをShip_Modeと並べます。正しく変換されています。



使用例2:カスタムSQLで使用する

2つ目はカスタムSQLで使用するパターンです。
下画像のように普通に書くだけでUDFが使えます。

今回も同様に並べてみます。問題ないですね。


以上です。とても簡単です。
BigQueryのUDF永続化機能はBQ上の話だけではなく、
Tableauなどの外部ツールでも恩恵を授かることができるようです。

弊社はデジタルマーケティングからビッグデータ分析まで幅広くこなすデータのプロ集団です。
データ分析に関わるコンサルティング/システム構築支援についてのお問合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまでどうぞ。

関連記事

  1. Google Cloud Platform

    Looker: LookerbotをGoogle Cloud Platformで動かす

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. GA 360 Suite

    GoogleDataStudio:複数のデータソースにフィルターを適用する

    こんにちは。エクスチュアの渡部です。今回はDataStudio(デ…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをBigQueryで集計する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  4. Adobe Analytics

    Metabase: カスタムマップで日本地図を追加する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。今回は…

  5. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:2日目

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Firebase Analytics

    Firebase Analyticsの新しいBigQueryスキーマを試す

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  2. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  3. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  4. databricksのnotebookを使ってみよう その1…
  5. databricks:GCPで利用を開始する
  1. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:初日目
  2. KARTE

    CXツール「KARTE」ってどんなツール?主な機能や魅力をざっくり紹介!
  3. Adobe Experience Cloud

    Adobe Marketing Cloud:サインインで問題が起きたときの対処法…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する…
  5. YOTTAA

    YOTTAA:新機能「Anomaly AI」のご紹介
PAGE TOP